> How to Use > ファイル復旧 > Word修復対策:破損したワードファイルを修復し開く方法

Word修復対策:破損したワードファイルを修復し開く方法

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年09月29日に更新

概要:

重要なWordファイルを開けない場合はどうしたらいいですか?Word 2016/2019及びそれ以前のバージョンを使っても、本文で破損/読み込み不可能/開かないワードファイルを修復して開ける方法を見つけられます。EaseUS Word修復ツールを始め、複数のワードファイル修復方法を皆さんに紹介します。

 

破損したWordファイルをいち早く修復して開く方法

本文の一番最初のとこで一番簡単且つ快適的なワードファイル修復方法を皆さんに紹介します。お急ぎの時、下記の簡単なステップに従って、高機能のワード修復ソフト-EaseUS Data Recovery Wizardでいち早くWordファイルをいち早く修復して開きましょう。

ステップ1.上記のダウンロードボタンからEaseUSのワード修復ソフトをパソコンにインストールして開きます。

ステップ2.ドライブをスキャンして、破損/読み込み不可能/開かないワードファイルを修復します。

ステップ3.修復済みのワードファイルをプレビューして保存します。

破損したワードファイルを修復

もし、時間的に余裕があれば、次にWordファイルが開く時に発生するエラー、エラーに対するアドバイス及び各修復方法を皆さんに紹介するので、ご参照ください。

Wordファイルが破損/読込不可能/開かない時のエラー

この部分では、Wordファイルが破損/読込不可能/開かない時のエラーを詳しく解説したいと思います。

ワードファイルを開こうとする場合、下記のいずれかのエラーが発生sるうと、ワードファイルに問題があると判断できます。

エラー1.ファイルを開こうとして、エラーが発生しました。

[ファイルを開こうとして、エラーが発生しました]エラー

もし、このエラーが発生すると、エラーメッセージで書いてあるアドバイスに従って、次の操作を行ってください。

  • 文書またはドライブのアクセス権を確認してください。
  • 空きメモリ及びディスクの空き領域が十分にあることを確認してください。
  • テキスト回復コンバーターでファイルを開いてください。

エラー2.ワードはこのドキュメントを読み込みできませんでした。破損している可能性があります。

もしワードファイルを開く時に、上記のようなエラーメッセージが表示されると、下記の対処法を試してください。

  • 開いて修復機能を利用します。
  • テキスト復元コンバータでファイルを開きます。

エラー3.ワードはドキュメントを開きませんでした。

このエラーはアクセス権がない時によく発生します。

それでは、上記具体的なエラー情報に基づいて、破損/読み込み不可能/開かないワードファイルの修復方法を皆さんに紹介します。

破損/読み込み不可能/開かないワードファイルを修復して開く方法

1.EaseUSワード修復ツールを利用する

もしお使いのWordバージョンは2016/2019の場合、EaseUSワード修復ツールを利用することは一番効率的な対処法だと思われています。このソフトは自動的にドライブ上に存在するWordファイルの健康状態を診断し、破損があれば直ちに自動的に修復します。

ステップ1.ソフトをパソコンにインストールして、立ち上げます。破損ファイルの保存場所を選択して「スキャン」をクリックします。

破損ファイルを修復するステップ1

ステップ2.選択した場所へのスキャンが開始されます。このスキャンプロセスによって、この場所に存在する既存ファイル、紛失ファイルが検出されます。ファイルが検出されると、ファイルの破損状態も自動的に検査されますので、破損したファイルが自動的に修復されます。

ファイルを修復するステップ2

ステップ3.ソフトでも目標ファイルをダブルクリックして、ファイルの内容を確認することができます。ファイルの内容が正しい場合、「復元」をクリックしてファイルを保存します。

ファイルを修復するステップ3

2.ワードファイルをロック解除する

ファイルを開く時に、「ファイルを開こうとして、エラーが発生しました。」エラーが発生すると、ファイルはサードパーティーのソフトによってロックされているのは一番見られる原因でス。だから、下記のステップに従って、ワードファイルをアンロックしましょう。

ステップ1.ワードファイルを右っクリックして「プロパティ」を選択します。
ステップ2.「属性」のところで「読み取り専用」のチェックを外し、「適用」をクリックします。

ワードファイルのロックを解除する

3.テキスト復元コンバータを利用する

ステップ1.ワードを開き、「ファイル」→「開く」の順にクリックしてください。

ステップ2.開く」画面で「参照」をクリックします。

破損ファイルを参照してファイル修復コンバータを利用

ステップ3.破損/開かない/読み込み不可能のワードファイルを選択して、[ファイルの種類] ボックスの一覧の [**ファイル修復コンバーター(.) **] を選択します。

ステップ4.[開く]ボタンをクリックします。

4.開いて修復機能を利用する

1.ワードのメニューバーで「ファイル」を選択し、「開く」を選択します。

開いて修復を利用して破損ワードファイルを修復ステップ1

2.開きたいファイルを選択し、「」を選択、「開いて修復する(E)」をクリックします。

開いて修復を利用して破損ワードファイルを修復ステップ2

3.表示されているしたダイログボックスの「修復」をクリックします。エクセルは自動的にファイルを修復します。なお、修復に失敗した場合、「データの抽出」をクリックすることで、目的の一部データだけを抽出することができます。

開いて修復を利用して破損ワードファイルを修復ステップ3

5.ワードの自動保存場所からファイルを復元する

重要なWordファイルが破損になった場合、落ち着いてください。その自動保存場所から破損のワードファイルのオリジナルデータ/保存データがあるかどうかを確認しましょう。もし自動保存データがある場合、そのデータから破損ファイルを復元することがカンタンです。

Wordの自動保存場所

MS Wordの自動保存場所はユーザーが画像のように自由に設定することが可能ですが、画像の赤枠のところで見ることができます。そして、もし自動保存場所を自分で設定したことがない場合、

MS Wordの自動保存場所は:C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Word\

上記の場所で、ファイルの自動保存データが存在する場合、そのファイルをWordで開くと、データが回復されます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。