> How to Use > Macファイル復元 > MacでExcelファイルを開いても表示されない問題の対処法

MacでExcelファイルを開いても表示されない問題の対処法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: Macファイル復元 | 2021年06月17日に更新

概要:

本文では、MacでExcelファイルを開くが表示されない問題を解決するために、効果のある対処法を皆さんに紹介します。この問題が発生したら、どうやって解決すればいいのかが分からないユーザーなら、本文の内容を見逃しないでください。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

MacでExcelを開くが、内容が表示されない?

もしExcelファイルに何か不具合がある場合は、とてもまずいことになりますね。例えば、MacパソコンでExcelを開いても中のデータが表示されません。この問題が発生した場合、ご心配する必要がありません。本文では、この問題を効率的に解決する方法を紹介します。

図表/グラフなどでデータを管理する場合は、MicrosoftのExcelは多くのユーザーにとって一番のチョイスです。最近、Excelファイルを開く時に、データを見れない問題が多くのユーザーによって報告されています。本文では、この問題が発生する原因及び対処法を皆さんに紹介するので、同じくこのような問題に遭った場合、本記事の内容を参照して、問題を自力に解決してみましょう。

Excel内容が表示されない問題が発生する原因は?

Excelファイルを正確に開かない問題は様々な原因によって引き起こすことができます。この問題の多くは、プログラム自身に関連していますが、時々データ破損、プログラムの更新に関連する可能性もあります。Excelファイルのデータが表示されない原因は主にファイル破損にあります。

Excelファイルの破損

Excelファイルを開くがデータが表示されない原因の多くは、ファイルが破損しているからです。この前バックアップを取ったことがある場合、バックアップからファイルを復元するのは一番効率的な修復方法だと思います。もしバックアップがない場合、専門のMacデータ復旧ソフトを使って紛失したファイルを復元する必要があります。このような場合は、Mac向け専門のデータ復元・修復ソフトを使って、破損したExcelファイルを修復してその内容を再表示する操作手順を皆さんに紹介します。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

プログラムの設定問題

バックグラウンドで実行されているプログラムがExcelに干渉を与えている場合、Excelファイルを開く際にも様々な問題が発生することがあります。また、デフォルトのアプリケーションを変更してExcelファイルを開くと、データが表示されない場合があります。このような場合、Excelとの関連を付け直す必要があります。

対策:MacでExcelファイルの内容を正確に表示させる

この部分では、専門のデータ修復ソフトのEaseUS Data Recovery Wizard for Macを使って、破損したExcelファイルを修復する手順を皆さんに紹介します。このステップに従って、Excelファイルを修復すると、Excelファイルを正常に開き、データも見れるようになります。また、Excelファイルの関連付けをリセットする方法を一緒に紹介します。

それでは、下記のステップを参照して操作を行ってください。

1.Macで破損したExcelファイルを修復する

ステップ1.EaseUS Data Recovery Wizard for Macを立ち上げ、一番最初の画面で破損したExcelファイルの保存場所となるドライブを選択して、その後の「スキャン」ボタンをクリックします。

Excelファイルの保存場所を選択

ステップ2.この段階でクイックスキャンとディープスキャンのプロセスが実行されます。この2つのスキャンプロセスによって、当該ドライブにあるすべてのデータが表示されます。

クイックスキャンと完全スキャン

ステップ3.スキャンプロセスが完了すると、破損したExcelファイルをチェック入れてから、「今すぐ復元」をクリックして、パソコンに復元します。

ご案内:選択したExcelファイルを復元する時に、ソフトはExcelファイルの破損状態を自動的に検査します。ファイルが破損している場合は、このソフトは復元時に自動的に修復します。

破損したExcelファイルを修復して復元

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

2.Excelファイルの関連付けをリセットする

Excelファイルに破損がなくても、正確に表示されない場合、Excelファイルの関連付けをデフォルト設定にリセットすれば、すべてが通常に戻れることがよくあります。

ステップ1.Macで、DockのFinderアイコンをクリックし、Finderウインドウを開きます。ここで、Excelファイルを選択し、「ファイル」>「情報を見る」と選択します。

または、Controlキーを押したままファイルをクリックし、「情報を見る」を選択することもできます。

ステップ2.情報」ウインドウで、「このアプリケーションで開く」の横にある矢印をクリックして、ポップアップメニューをクリックしてから、「Microsoft Excel」を選択します。

ステップ3.このタイプのすべてのファイルをこのアプリケーションで開くには、「すべてを変更」をクリックします。

ExcelでExcelファイルを開く

3.GoogleドキュメントでExcelファイルを開く

実際のところ、Macでプログラムを使って、Excelファイルが正確に表示されない場合は、Googleドキュメントというオンラインツールを使って、正確に表示できる場合が多いのです。だから、Googleドキュメントを利用してみましょう。

ステップ1.Macでsafariや他のブラウザを使って、Googleドキュメントのサイトを開きます。

ステップ2.フォルダアイコンをクリックして、ポップアップされたダイアログで「アップロード」をクリックして、Excelファイルを開きます。

GoogleドキュメントでExcelファイルを開きます。

ステップ3.Excelファイルがアップロードされると、正確に表示できるかどうかを確認しましょう。

まとめ

MacでExcelファイルを開くと、Excelの内容が全く表示されない場合、Excelファイルが破損になったのは一般的な原因です。この場合、修復方法もとてもカンタンです。EaseUS Data Recovery Wizard for Macという使いやすいExcelファイル修復ツールを使って、極めてシンプルな3ステップだけで、破損したExcelファイルを修復して、内容を正確に再表示することができます。同じ問題がある方は、下記のダウンロードボタンからこのファイル修復ソフトを取得して、問題を解決しましょう。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。