> How to Use > Macファイル復元 > Macでゴミ箱を強制的に空にする方法

Macでゴミ箱を強制的に空にする方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/12/22
   
Shawty
執筆者:Shawty
   

概要:

Macのゴミ箱を強制的に空にすることはできないのでしょうか?不要になったものを削除するのは簡単そうに見えても、Macのゴミ箱を徹底的に空にすることに失敗して、何人かのユーザーが不満を表明しています。この記事では、Macでゴミ箱を強制的に空にする5つの方法について学びます。また、この問題に関するより多くのヘルプを以下に掲載しました。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 
Macのハードディスクから削除した不要なファイルは、ゴミ箱に移され、コンピュータの一部のスペースを占有し続けます。これらの不要なファイルを消去するために、ゴミ箱を空にすることができます。しかし、既知または未知の原因により、Macのゴミ箱が空にならない旨のエラーメッセージが表示されることがあります。ここでは、「Macのゴミ箱を強制的に空にする方法」についての修正方法をいくつかご紹介します。

Macのゴミ箱

Macでゴミ箱を強制的に空にする必要がある理由

macOSでゴミ箱を強制的に空にする方法を学ぶ前に、Macのゴミ箱の場所と原因を理解することが重要です。そのための重要なきっかけは、以下の通りです。

ユーザーのプライバシー

ユーザーは時折、個人的なものや機密性の高いものをMacから削除する必要があります。そのため、Macのゴミ箱を強制的に空にし、個人データを消去することで、将来、誰かがアクセスすることを防ぐことができます。

ユーザーのセキュリティ

また、セキュリティのために、Macを売りたい場合は、Macからゴミ箱を強制的に空にすることをお勧めします。ゴミ箱にファイルを削除するだけでは、データ漏洩の危険性があるからです。

より広いスペース

ゴミ箱から不要なものを削除すると、Macのストレージが少なくなった場合にスペースが解放される可能性があります。Macでゴミ箱を強制的にクリアすることは、システムの保持を緩める簡単な方法です。

スピードアップ

余分なファイルやデータがあると、macOSの動作が遅くなります。そこで、無駄なものをゴミ箱に入れたり、Macをフォーマットしたりして、システムの処理を高速化することができます。そして、ゴミ箱を空にすれば、システムのスピードを上げることができます。

ゴミ箱を空にする macOS

Macのゴミ箱を強制的に空にする正しい方法

原因が何であれ、正しい方法で実行すれば、Macのゴミ箱を強制的に空にする方法を学ぶことは簡単です。Macでゴミ箱を強制的に空にするには、以下の5つの方法を利用することができます。

対処法1.Macのゴミ箱を空にするためにターミナルを使用

Macユーザーの間では、Macのターミナルから削除したファイルを削除したり復元したりすることはよくあることです。例えば、Macのターミナルでゴミ箱を強制的に空にしたいとします。その場合、Big SurやMonterey、あるいは最新のOS Venturaなどの上位エディションをお使いの方は、以下の手順の方が成功率が高く、効率的だと思われます。ただし、ターミナルを選択する際には注意が必要です。Macの場合、間違ったコマンドを入力すると、ゴミ箱だけでなく、多くのものを削除してしまう可能性があります。

ステップ1.MacでTerminalを起動します。Spotlightにアクセスし、ここからTerminalを検索するのが一番手っ取り早い方法です。

ステップ2.「sudo rm -R」と入力し、スペースを追加する(この時点ではEnterキーを押しません)。

ステップ3. ゴミ箱を空にしたいものをすべて選択し、ドック内のゴミ箱マークをクリックします。フォルダとファイルをターミナルウィンドウにドラッグします。その後、Enterキーを押します。

ステップ4. 管理者パスワードを入力します。そして、パスワードを入れると見えなくなります。

ステップ5. もう一度、Enterキーを押します。しばらく辛抱強く待ちます。すべて完了です!

対処法2. Macの空のゴミ箱を「セーフモード」で強制します

Macがそのファイルを使用していることを示す場合、そのファイルを使用している起動アイテムまたはログインアイテムがあるかもしれません。Macのセーフモードを使用して、ゴミ箱の通常操作に干渉するアプリやプログラムがあるかどうかを確認することができます。

セーフモード

ステップ1.Mac を起動し、Mac が起動したらすぐに Shift キーを押したままにします。

ステップ2.Appleロゴが表示されたら、キーを放します。画面の右上隅に「セーフブート」と表示されます。

ステップ3.その後、ゴミ箱をクリアして、通常どおりMacを再起動します。

対処法3.Macのゴミ箱をoptionキーで強制的に空にします

ゴミ箱フォルダを開いて中のものをすべて消すことができない場合、Optionキーを起動することで、ゴミ箱を展開することなくゴミ箱を空にすることができます。Optionキーを押すことで特定のプログラム機能にアクセスできるため、MacでTrashを強制的に空にすることが可能です。

お知らせです:
これは、あなたが試してみたいかもしれない以前のMacバージョン用の古い方法です。一般的には、あなたのMacが2015年よりも初期のバージョンである場合にのみ機能します。

ステップ1.Macのドックにある「ゴミ箱」フォルダを探し、クリックし、アイコンを長押しします。

ステップ2.OptionキーまたはOption-Shiftを押しながら、ゴミ箱のアイコンをダブルクリックします。

ステップ3. 選択肢の中から「ゴミ箱を空にする」を選択します。

ステップ4. ポップアップウィンドウが表示されたら、ゴミ箱を強制的に空にしたかを確認します。

オプションキー

対処法4.サードパーティのツールを利用します

Macでゴミ箱を強制的に空にすることに失敗した場合は、サードパーティ製のツールを試してみてください。それらを利用する前に、サードパーティアプリが特定のMacの機能にアクセスするのを防ぐシステム整合性保護を無効にしていることを確認します。したがって、サードパーティツールを利用してMacのゴミ箱を強制的に空にすることを実行する前に、まずMacのSIPをオフにする必要があります使用中。

ステップ1.Command+Rを押しながら、Macをリカバリーモードで起動します。

ステップ2.Appleロゴが表示されている間にボタンを離し、ログインします。

ステップ3.「csrutil disable; reboot」と入力し、Macを通常モードで再起動します。

リカバリーモードコマンド

ステップ 4. システム完全性保護が一時的に無効になります。これで、Macのゴミ箱を空にすることができます。

Macで空になったゴミ箱から永久に削除されたファイルを復元します

ユーザーが意図せずゴミ箱からファイルを削除してしまうことがあります。EaseUS Data Recovery Wizard for Macの導入を検討してください。このソフトウェアは、現在のすべてのmacOSバージョンと互換性があり、損傷、消去、または行方不明のファイルを回復することができます。この洗練されたソフトウェアは、ドライブを消去したか、ゴミ箱を空にしたかにかかわらず、Mac上で削除されたファイルを復元します。あなたは、いくつかのスキャンオプションを持っているそれを復元する前に、あなたのデータを調べることができます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

以下の手順で、永久に削除されたファイルやデータを復元することができます。

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

まとめ

これらの試行錯誤の方法を使えば、Macのゴミ箱を強制的に空にすることができるかもしれません。さらに、誤ってゴミ箱からデータを消去してしまった場合は、EaseUS Data Recovery Wizard for Macをご検討ください。これは強力なMacデータ復元ソフトウェアで、さまざまなリソースやさまざまな条件下から削除されたファイルやデータを復元することが可能です。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

よくある質問

その他、Macでゴミ箱を強制的に空にすることに関する質問を紹介します。

1.なぜ私のMacはゴミ箱を空にすることができないのでしょうか?

  • アクティブなプログラムや閉じたアプリがバックグラウンドタスクのためにファイルを占有する。
  • ファイルが破損しているため、修復が必要です。
  • ファイルがロックされているか、システムの保護下にある。
  • 一部のファイルがロックされています。

2.Macのゴミ箱が「権限がありません」と表示された場合、どうすれば空にできますか?

この場合、すべてのファイルが読み取りと書き込みが可能であることを確認し、そうでない場合は、ファイルの権利を調整して削除する必要があります。まず、ゴミ箱にあるアイテムのコンテキストメニューから「情報を取得」を選択します。次に、自分のユーザー名をクリックしてファイルの権限を確認し、権限オプションを「読み取りと書き込み」に変更します。「共有とアクセス権」が表示されます。

3.「ディスクがいっぱいです」と表示されたときに、Macのゴミ箱を空にするにはどうすればよいですか?

「ディスクがいっぱいで処理を終了できません」というエラーメッセージが表示された場合は、バックアップ、消去、再インストールではなく、セーフモードでMacを再起動し、ゴミ箱をもう一度空にすることをお勧めします。

4.Macでゴミ箱を強制的に空にすることに失敗しましたか?

様々な理由で、Macでゴミ箱を強制的に空にすることに失敗することがあります。それでも、以下の方法に従って、macOSを修復することができます。

  • セーフモードでMacを再起動する。
  • ウイルスの侵入をチェックし、システムファイルを修復します。
  • ゴミ箱を空にする前にドライブを修復してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。