> How to Use > Macファイル復元 > iMacがAppleロゴで起動しない問題の対処法

iMacがAppleロゴで起動しない問題の対処法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Shawty | カテゴリ: Macファイル復元 | 2023年05月30日に更新

概要:

iMacがAppleロゴで起動しない問題にお悩みですか?この記事では、アップデート失敗、ハードウェア問題、ソフトウェアエラーなどの様々なシナリオに対応する、安全モード、NVRAMリセット、ディスクの修復などの効果的な対処法を紹介します。これらの方法を試すことで、iMacの起動問題を解決できます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

macOSのアップデートやインストールを行う際、起動ディスクからMacを起動させる作業があります。起動が続くと、白いAppleロゴとプログレスバーが表示されます。通常、プログレスバーが終了すると、Macの画面が黒くなり、その後、正常に起動します。しかし、まれに、いつまでもAppleロゴの画面で止まってしまうことがあります。この記事では、iMacやその他のMacコンピュータがAppleロゴを過ぎて起動しない場合、どうすればよいかを説明します。いくつかの有効な方法を挙げましたので、セルフトラブルシューティングを試してみてください。

方法1.iMacがAppleロゴを越えて起動しないのを修正するクイックソリューション

ステップ1.iMacの電源ボタンを10秒以上長押しして、Macをシャットダウンします。Macを再起動し、正常に起動するかどうかを確認します。

ステップ2.ステップ1でも問題が解決しない場合電源ボタンを長押ししてMacの電源を再度切り、プリンター、ドライブ、USBハブ、その他必要ないデバイスを含むすべてのアクセサリーをMacから外します。問題が解決されるかどうか確認するために、今すぐ再起動します。

方法2.ディスクユーティリティでディスクを修復します

迅速な解決策で問題を解決できない場合は、macOSに内蔵された修復機能であるディスクユーティリティを試すことができます。この機能は、Macのディスクのフォーマットやディレクトリ構造に関連するエラーを発見し、修復することができます。以下はその詳細な手順です。

ステップ1. 「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」と進みます。

ステップ2.起動ディスクを選択し、[First Aid]をクリックします。

ステップ3.修復作業が終了するまで待ちます。

ステップ4.iMacを再起動し、正しく起動できるかどうかを確認します。

ファーストエイドのリペアディスク

方法3.iMacがAppleロゴ起動しないのを修正するためにセーフモード

Macをセーフモードで起動すると、発生している問題がMacの起動時に読み込まれるソフトウェアに起因しているかどうかを判断することができます。

ステップ1. 電源ボタンを長押しして、iMacをシャットダウンします。

ステップ2.電源ボタンを押してパソコンを起動し、同時にShiftキーを長押しします。

ステップ3.ログイン画面が表示されたら、Shiftキーを離します。画面上のウィザードに従ってセーフモードに移行します。

macをセーフモードで起動する

方法4.NVRAM/PRAMをリセット

最後の手段は、NVRAMまたはPRAMをリセットすることです。これは、Appleサポートが、あなたが助けを求めるために連絡したときに、あなたが試すことを提案する方法です。そして、主にMacの原因不明の問題を解決するために有効です。以下の手順でNVRAM/PRAMをリセットしてください。

ステップ1.Macをシャットダウンし、電源を入れ、この4つのキーを一緒に押し続けます:「Option」Command」「P」「R」です。

NVRAM/PRAMのリセット

ステップ2.これらのキーを約20秒間押し続けると、Macが再起動するように見えるかもしれません。

起動音が鳴るMacでは、2回目の起動音の後にキーを離すことができます。
Apple T2 Security Chipを搭載したMacでは、Appleロゴが表示され、2回目に消えた後にキーを離すことができます。

ボーナスのヒントMacが予期せずデータを失ったときの対処法

ユーザーにとってよくある問題のひとつが、外付けハードディスクやUSBがMacで表示されないというものです。そして、ようやく再び読めるようになったとき、悲しいことに外付けハードディスク上のデータがすべて消えていることに気づくのです。このようなジレンマに陥っているユーザーを救うために、私たちは効率的なMacデータ復元ツールであるEaseUS Data Recovery for Macをお勧めします。ここでは、このソフトウェアを選んだ理由を説明します。

主な特徴

  • 外付けデバイス(外付けHDD/SSD、SDカード、USBメモリーなど)から無制限にデータを復元できます。
  • 写真、文書、電子メール、アーカイブなど、1000種類以上のファイルを復元します。
  • 起動可能なUSBドライブを作成し、macOSが起動できなくなったときにそこからデータを復元することができます。
  • Time MachineバックアップとiTunesバックアップの復元をサポートします。

このツールに興味を持たれた方は、迷わず下のボタンからダウンロードし、無料体験をしてみてください。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

まとめ

以上、iMac won't boot past the Apple logoの直し方についてでした。全体として、この問題には明確な理由はありません。私たちが提供したセルフトラブルシューティングの方法は、試してみる価値があります。そして、それらは100%安全に適用することができます。たとえデータ消失に遭遇しても、慌てないでください。EaseUS Data Recovery for Macをすぐに使ってください、失われたデータをスキャンして復元することができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。