> How to Use > ファイル復旧 > Windowsエラーコード0xC000000Fを修正する方法

Windowsエラーコード0xC000000Fを修正する方法

さわこ
更新者:さわこ 2024/04/12
   
WuYanG
執筆者:WuYanG
   

主な内容:

概要:

お使いのコンピュータがエラーコード0xC000000Fで死の青い画面に直面しても心配しないでください。このガイドは、Windows 10のエラーコード0xC000000Fを修正するための8つの実証済みの方法を提供します。それに、コード0xC000000Fのブルースクリーンオブデスのエラーを解決した後、データを復元することができます。

EaseUS Data Recovery Wizard

0xC000000Fエラーコードは、新しいプログラムやドライバのインストール、WindowsOSのアップグレード後に主に発生します。このようなブルースクリーンまたはブラックスクリーンのエラーは厄介で、0xC000000F Windows 10を修復する作業は、通常よりも時間がかかり、非常に手間がかかることがあります。しかし、エラーメッセージが画面に表示されることで、何が問題かを知ることができます。

  • インストールCDがない場合でも、エラーコード0xc000000fが発生し、Windowsの起動に失敗することがあります。
  • お使いのコンピュータには、0xC000000F Windows 10の修正が必要です。
  • 0xC000000Fのエラーコードは、アクセス不可、または接続されていない必要なデバイスに関連しています。

このエラーのためにPCを起動することができなくなり、PCのデータにアクセスできなくなる可能性があります。しかし、心配する必要はありません!以下に紹介する8つのトラブルシューティングの方法で、0xC000000F Windows 10エラーを解消することができます。

ブートコンフィギュレーションの読み込み中にエラーが発生しました

0xC000000Fエラーを解決するための修正策に取り組む前に、まず原因を調査しましょう。一方で、ブートコンフィギュレーションの読み込み時にエラーが発生し、ブートマネージャーがPC内のBCD(ブートコンフィギュレーションデータベースファイルとしても知られています)を見つけられなかったことが、0xC000000Fエラーの要因となっています。しかし、0xC000000Fエラーの重大な原因は、以下の通りです:

  • 停電によるシステムファイルの損傷
  • マルウェアやスパイウェアの感染
  • データケーブルの問題
  • ディスクの書き込みエラー

ブートコンフィギュレーションを読み込もうとした際にエラーが発生しました。

Windows 10のエラーコード0xC000000Fを修正する8つのベストソリューション

Windows 10のエラーで0xC000000Fを修正するための最善の解決策について疑問に思っていますか?では、これ以上遅れることなく、8つの絶対的な修正策をご覧ください:

対処法1.すべての外部機器の接続を外す、または抜く

電源コードが破損している場合は、この0xC000000F Windows 10エラーの原因となる外部デバイスをすべて抜くか切断することをお勧めします。手順としては、以下のような手順でエラーを修正します:

ステップ1.Windowsデバイスの電源をオフにします。

ステップ2.電源装置から取り外します。電源コードに明らかな摩耗や歪みの兆候がないか確認します。その場合は、電源を入れ直す前に交換してください。健康なようであれば、次のアクションで運びます。

ステップ3.USBデバイス、ドングル、マイク、ウェブカメラなどのガジェットを含む、接続されているデバイスを取り外す必要があります。

ステップ4.デバイスの電源を再度入れる。

対処法2.MBRとファイルシステムのエラーを修正する

上記の修正方法が効果がなかった場合は、Bootrec.exeツールを使用して、壊れたMBR、無効なBCD、およびブートセクタを修復してみてください。以下に、0xC000000F Windows 10エラーを解消するための手順を示します:

ステップ1.Windowsメディア作成ツールでコンピュータを起動し、尋ねられたら必要なキーを押す。

ステップ2.PCの修復オプションを押して、「詳細オプション>トラブルシューティング>詳細オプション>コマンドプロンプト」を選択します。

WinPE環境で起動する

ステップ3.テキストフィールドに次のコマンドを入力し、すぐに「Enter」キーを押してください。

  • chkdsk C: /r
  • sfc/scannow

ファイルシステムエラーを修正する

ステップ4.コマンドプロンプトのウィンドウを閉じ、PCを再起動します。

対処法3.エラーコード0xC000000Fを修正するためのBCDの再構築

通常、Windowsの「設定」から「スタートアップの詳細オプション」を取得することができます。しかし、このメッセージが表示された場合、コンピュータへのアクセスやユーザーアカウントへのログインができない可能性が高いです。その場合は、別の方法を使用する必要があります。

ステップ1.この状況では、コンピュータを3~4回繰り返し再起動することが推奨されます。すると、コンピュータに「詳細スタートアップオプション」が表示されます。次に、「トラブルシュート > 詳細オプション > コマンドプロンプト」を選択してください。

ステップ2.コマンドプロンプトが開いたら、すぐにこのコマンドを入力します。

  • bootrec /fixmbr
  • bootrec /fixboot

フィックスビーディー

ステップ3.完了したら、PCを再起動します。

対処法4.自動修復を実行し、コード0xC000000Fを修正する。

BOOTMGR(Windows Boot Manager)ファイルは、Windows 10の0xC000000Fエラーコードを解決するために非常に重要です。しかし、これを解決するために自動修復を実行することができます。その手順は以下の通りです:

ステップ1.起動可能なUSBインストールデバイスまたはWindowsセットアップDVDを用意しておきます。

ステップ2.Windowsセットアップディスクを挿入して、コンピュータをWindowsセットアップから起動するよう選択します。

ステップ3.USBデバイスを使用している場合は、USBからコンピュータを起動します。ここでWindowsを選択しないでください。

ステップ4.画面に「キーを押すと「CDまたはDVD」から起動します」というメッセージが表示されたら、任意のキーを押します。

ステップ5.Windowsセットアップを起動するために、「次へ」タブを選択します。

修理スタートアップ-1

ステップ6.「PCを修復」を選択する必要があります。BOOTMGRを修復していることを忘れずに、また、何もインストールしようとしないでください。

リペアスタートアップ-2

ステップ7.「トラブルシュート」オプションを選択し、さらに「自動修復」オプションを選択します。

リペアスタートアップ-3

ステップ8.エラーがある場合、自動修復ツールはそのエラーを探し、修復を試みます。

対処法5.コード0xC000000Fを修正するためにシステムの復元を実行する

Windows 10の0xC000000Fエラーを修正するには、「システムの復元」を使用してシステムの変更をロールバックします。その手順は以下の通りです:

ステップ1.「詳細オプション」ボタンをクリックします。

ステップ2.「トラブルシュート」を選択します。

ステップ3.「このPCをリセット」と「詳細オプション」の間で、2つ目のオプションを選択します。

ステップ4.「システムの復元」を選択します。

システムの復元を行う

ステップ5.Windows 10のアカウントを選択し、パスワードを確認して、続行をクリックします。

ステップ6.「次へ」を選択します。

ステップ7.Windows 10のPCでこのエラーを解決するために、「復元ポイント」を選択します。

対処法6.コード0xC000000Fを修正するためにBIOSをリセットする。

エラーコード0xc00000f Windows 10の改善策は、常に複雑であると想定されます。お客様は時々あらゆるアプローチを試みますが、明らかなデータケーブル、BIOS、ドライバを調べることを怠ります。しかし、リセットBIOSの手順は次の通りです:

ステップ1.データケーブルを取り外します。

ステップ2.BIOSで「工場出荷時の設定を復元」オプションを選択します。

[注: 必要に応じて以前のBIOS設定をメモしておいてください。]

ステップ3.これでコンピュータを再起動します。

ステップ4.BIOSメニューにアクセスするには、次のキーのいずれかを押します: 「Esc」、「Del」、「F2」、「F8」、「F10」、または「F12」。

ステップ5.複数のキーで問題がある場合、BIOSを開くために「BIOS」、「セットアップ」、または「BIOSメニュー」を選択します。

ステップ6.重要な指示をメモし、慎重にすべての3つのモードまたは成功する組み合わせを切り替えて、次の画面に達するまで続けます:

ステップ7.BIOS画面に注意を向けます。

リセットBIOS

対処法7.BIOSでセキュアブートを無効にしてBSODエラーを解決する

セキュアブートは、Windows 10をBSODエラーから保護するための最も重要なツールの1つです。セキュアブートを無効にすることは、BIOSで取得可能です。そこで、以下の方法に従って、セキュアブートを無効にしてください:

ステップ1.Windows 10 PCを再起動します。

ステップ2.BIOSまたはUEFIのエントリーキーを押しながら、再度起動を開始します。システムによって異なりますが、「Delete」「F1」「Escape」「F2」「F10」「F12」などがありますので、マニュアルを確認してみてください。

ステップ3.キーボードとマウスを使って「セキュリティ」セクションを検索し、そのセクションに移動する必要があります。

ステップ4.セキュアブート」オプションを検索し、無効にする必要があります。

ステップ5.F10キーを押して設定を保存し、PCを再起動します。

ステップ6.システムが起動するのを数分待ちます。

対処法8.Windows 10を再インストールしてWindowsストップコード0xC000000Fを修正する

上記のいずれの修正方法もエラーコード0xc000000fの解決に役立たない場合、最後の選択肢はWindows 10を再インストールすることです。これにはUSBインストーラが必要です。

インストール用DVDからWindows 10を再インストールします。壊れたPCや新しいデバイスにWindows 10オペレーティングシステムを再インストールすることができます。公式のMicrosoftソフトウェアを使用して、USBドライブやDVDにダウンロードできます。公式のMicrosoftウェブサイトで、Windows 10インストールメディアのページにアクセスしてファイルを入手します。

生成されたドライブにWindows 10インストールメディアを入れ、影響を受けるマシンに挿入します。その後、マシンを再起動すると、ドライブ上のデータがブートされるはずです。ロードが完了したら、Windowsをインストールするオプションを選択して、Windows 10オペレーティングシステムを再インストールしてください。

Windows 10の再インストール

あなたのWindowsは0xc00000fの起動に失敗しましたか?このビデオを見ることで、この0xc00000fエラーを修正することができます。それでは、0xc00000f Windows 10 エラーを解決するための3つのベストな方法をご覧ください:

エラーコード0xC000000Fを修正した後にデータを復元する方法

この0xC000000Fエラーコードを解決した後、データを取り出す方法をお考えですか?データ損失は、あなたのシステムからこのエラーを排除した後に一度だけ起こる可能性のある一般的な問題です。しかし、EaseUS Data Recovery Wizardというプロフェッショナルなツールは、99.9%の成功率で無限のデータを復元することができます。オールインワンのデータ検索ソフトウェアであるEaseUSは、以下を実行することができます:

  • フォーマットされたリカバリ
  • RAWドライブ復旧
  • 破損したハードディスクの復旧
  • 削除されたファイルの復元
  • パーティションリカバリー
  • NASリカバリー

つまり、Windows 11/10/8/7のブルースクリーンエラーが原因でデータ損失が発生した場合、ユーザーはEaseUS Data Recovery Wizardを使用して失われたファイルを復元することができるのです。

ステップ1.場所の選択

ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えC:)を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンとファイルの選択

スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フォルダ」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフォルダまたは種類を選択してください。(復元したいファイルを素早く指定し、プレビューすることができます。)

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復旧場所を選んでリカバリー

復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。(ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。)

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

まとめ

エラーコード0xc000000fとともに、黒または青の画面が表示されます。しかし、上記のトラブルシューティングの方法を使用すれば修復することができます。この問題のために、あなたは時折、システムへのアクセスを失う危険性があります。

そのような場合、EaseUS Data Recovery Wizardのようなユーザーフレンドリーで効果的なデータ復元ソフトウェアを使用してデータを復元することができます。このソフトウェアは、クラッシュした、または起動しないWindowsシステムからデータを復元することができます。

Windows 10 0xC000000Fエラーのよくある質問

1.エラーコード0xc000000fを修正するにはどうすればよいですか?

ハードディスクが損傷または破損している場合も、エラーコード0xc000000fが発生することがあります。CHKDSKコマンドを使用して、次の手順を実行することでドライブの破損を修復できます:インストールメディアを使用してコンピュータを起動し、コマンドプロンプトを起動します。chkdsk f.というコマンドを入力します:/f と入力し、Enter キーを押します。

2.BCDエラーの原因は何ですか?

BCD(Boot Configuration Data)エラーは、ウイルス攻撃、予期せぬシャットダウン、ハードディスクの故障、拡張システムアクティブパーティション、ブルースクリーンエラーが原因で発生し、再起動が必要になる場合があります。

3.Windows failed to start without a diskを解決するにはどうすればよいですか?

  • F11を押すことで、Windows 10の「スタートアップの詳細オプション」メニューが表示されます。
  • 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」で「スタートアップ修復」を有効にする。
  • しばらく待つと、Windows 10がスタートアップの問題を解決します。

4.ディスクなしでWindowsを修復する方法は?

ディスクなしでWindows 10を修復する方法としては、以下のようなものがあります:

  • スタートアップリペアを起動する
  • Windows 10でエラーのクイックスキャンを実行する
  • BootRecコマンドの実行
  • システムの復元を実行する
  • このPCをリセットする
  • システムイメージリカバリーの実施

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ