> How to Use > 記憶媒体復旧 > NASデータ復旧用フリーソフト

NASデータ復旧用フリーソフト

Bak

Bak |カテゴリ:記憶媒体復旧| 2022年05月27日に更新

主な内容:

概要:

landiskなどのNasは、パソコンのバックアップ、共有したいパソコンの保存のために利用されています。ネットワーク経由でデータを転送しているので、データの読み書きがパソコンに直接接続するハードディスクほど速くないですが、比較的に低価格です。landiskなどNAS上で保存されている大切なデータは削除、アクセスできない、RAID崩壊やEMモード等の障害によって失われてしまう可能性があります。この記事では、無料のデータ復元ソフトを使って、landiskなどNASのデータを復元する方法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

NASとは

NASとは、ネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage)のことで、ネットワークに接続された記憶装置の略称になります。複数のパソコンから同時に接続することができたり、パソコン以外のデバイス(スマホやタブレット等)間でのデータ共有も可能です。

NAS(landisk、リンクステーションなど)は、コンピュータなどからネットワークを通じてアクセスできる外部記憶装置です。通常の場合、パソコンのバックアップ、共有したいパソコンの保存のために利用されています。ネットワーク経由でデータを転送しているので、データの読み書きがパソコンに直接接続するハードディスクほど速くないですが、比較的に低価格です。

NAS上で保存されいる大切なデータは削除、アクセスできない、RAID崩壊やEMモード等の障害によって失われてしまう可能性があります。この記事では、無料のデータ復元ソフトを使って、NASのデータを復元する方法を紹介します。

nasで紛失したデータを復元する

起こりやすいデータ損失ケース

NASにおいてデータ損失が起こる場合、その原因は大きく分けて2つに分類されますー「論理的障害」、「物理的障害」。

  • 論理的障害」…システムの障害やウイルスなどが原因でシステムファイルが破壊されたり、ファイルのインデックスが消えてしまったりした障害。
  • 物理的障害」・・・強い衝撃を与えたり、水没、媒体への傷などが原因で起こる障害。

もし論理的障害でデータ損失が起きた場合、専門のデータ復旧ソフトは完全に効果を発揮することができるので、心配することがありません。その一方で、もし物理的障害の場合、NASをハードディスク修理センターに持ち込んで修理の依頼をすることがおススメです。

NASを復元するため、すぐにするべきこと

1.NASの使用を中止する

もしNASでデータが損失しているかもと感じたら、直ちにNASの使用をやめましょう。これは、データ損失後の二次損失を防ぐためです。データ損失が見られた後も使用を続けると、データ復元の可能性をどんどん下げてしまうことにつながります。

2.ゴミ箱機能をチェック

ご使用のNASで「ゴミ箱機能」は有効でしょうか。有効になっている場合、そこから紛失データを復元させることが可能かもしれません。

3.バックアップ機能をチェック

一般的に、NASを使用する際、外付けHDDなどで定期的にバックアップを取得するように設定することが多くあります。定期的にバックアップをとるように設定しているかどうか確認してみましょう。きちんとバックアップ設定がされている場合、そこからデータを取り戻すことできる可能性があります。

初心者でも分かるNASデータ復元のやり方

EaseUS Data Recovery Wizard Free は無料で使えるNASデータ復元ソフトです。

このソフトはHDD、外付けHDD、SSD、ハードウェアRAIDなどの記憶装置のデータ復元に対応しています。

それで、USBケーブルを通じて、WindowsやMacパソコンに接続するlandisk、リンクステーションなどのNASは、この復元ソフトによって簡単に復旧されます。

また、USBインターフェースのないNASだとしても、データが消失したHDDをNASから取り外して、パソコンに直接接続して、データ復旧を行えます。つまり、NASをケーブルなど経由でPCに接続し、PCにローカルディスクと認識されている場合のみデータ復旧が行えます。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.15

この高機能のデータ復旧フリーソフトは、「ファイル保存場所の選択」>「スキャン」>「ファイルの選択と復元」の3ステップで、landisk、リンクステーションなどのNASから消失したデータを復元することができます。下記手順に従って、NASから消失した写真、動画、ドキュメント、などのデータを迅速かつ簡単に復元しましょう。

もしNASにデータ紛失があった場合、下記の詳細のステップに従って、簡単に復元することができます。

ステップ1.EaseUS Data Recovery Wizardをパソコンにダウンロードしてインストールします。そして、このプログラムを開き、左側メニューで「NAS復元」をクリックし、「今すぐ開始」をクリックします。

NASの復元ステップ1

ステップ2.ここでパソコンに接続しているNASデバイスが自動的に検出されます。NASデバイスを選択して「スキャン」をクリックします。

ご案内:NASデバイスが自動的に検出されない場合、「手動で接続」をクリックしてNASの情報を入力して接続することもできます。

NASの復元ステップ2

ステップ3.NASサーバーで「コントロールパネル」→「ターミナルとSMAP」→「SSHサービスを有効にする」をチェックして、リモートアクセス用のポートを表示して記録し、EaseUS Data Recovery Wizardの次のような画面で、[次へ]をクリックします。

NASの復元ステップ3

ステップ4.ここでこのソフトは、IPとポートを自動的に検出します。自分でユーザー名とパスワードを入力して、「今すぐ接続」をクリックして接続します。IPかポートが間違いない場合、手動で修正することもできます。

NASの復元ステップ4

ステップ5.ここでこのデータ復旧ソフトは、NASデバイスへのスキャンを開始します。スキャンした後、NASサーバーでの紛失ファイルおよび削除ファイルがすべて表示されます。復元したいファイルとデータを選択して、「今すぐ復元」をクリックして、ファイルを復元することができます。

NASの復元ステップ5

追記:本文で紹介するケース以外、このフリーソフトはパーティションの復元SDカードの復元など幅広いケースにも対応しています。

HDDからデータを復元する方法を紹介する動画

最後に

現在、NASを導入している企業はだんだん多くなりました。もしNASで削除などの誤操作がある場合、本文で紹介したNASが適用できるデータ復旧祖父を使って、簡単に紛失データを復元することができます。

ただし、このソフトは、直接にNASに接続して復元を行うことができませんので、まずはNASをローカルディスクとしてパソコンに接続する必要があります。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ