> How to Use > ファイル復旧 > 削除した/消えた/保存しなかったNotepad ++ファイルを復元する方法

削除した/消えた/保存しなかったNotepad ++ファイルを復元する方法

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年07月09日に更新

主な内容:

概要:

このマニュアルは、Windows環境で削除した、消えた、または保存しなかったNotepad ++を復元する方法を紹介します。もし、大事なNotepad ++ファイルがコンピューターからなくなった場合、焦ることなく、本文で紹介する100%役に立つ対処法を参照して、消えてしまった、または保存しなかったファイルを取り戻しましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard

質問:削除した/消えた/保存しなかったNotepad ++ファイルを復元することは可能ですか?

「今朝、とても重要なファイルをNotepad ++で編集していた時に、ソフトが予期せずにクラッシュしてしまった。Notepad ++を再開したところ、何時間もかけて編集したファイルが消えてしまった・・・削除した/消えた/保存しなかったファイルを復元できる方法があるのかなと思ってすぐにNotepad ++の使用を止めていた。誰かが何か復元方法を知っているのなら、教えてくれないか?
ちなみに、Windows 10のPCです。」

上記のように、突然Notepad ++ファイルが消えてしまった、若しくは削除されたことはありませんか。このような時に、大事なファイルを取り戻すためにはどうしたらいいでしょう。

次は、この問題を解決するための最も役立つ対処法を紹介していきます。

対処法1.専門ツールで消えた/削除したNotepad ++ファイルを復元

Notepad ++ファイルが急に消えてしまったら、ご心配なく、ここで、データ復旧フリーソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを使うことでバックアップから削除した/消えたNotepad ++ファイルを復元することができます。このソフトは

ファイルを復旧する前に、下記のダウンロードボタンをクリックしてソフトをパソコンにインストールしましょう。

1.ソフトのインタフェースで削除してしまったファイルがあったドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

削除したファイルを復元するステップ1

2.スキャンのプロセスが終わるまでしばらく待ってください。

削除したファイルを復元するステップ2

3.復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることで削除したファイルを復元することが可能です。

削除したファイルを復元するステップ3

ヒント:ソフトを開き、最初の画面で「ゴミ箱」を指定してスキャンを行うことができます。スキャンの場所を「ゴミ箱」に指定してしまうと、ソフトはは-dpディスクの全体をスキャンしないようになります。こうすると、スキャンプロセスをかなり縮まり、削除したファイルをもっと効率的に復元することができます。

「ゆーとび」様によるリアルなレビュー・解説

一眼レフで撮った写真を間違えて削除しまった場合の、写真復元手順をリアルに紹介してくださいました。その他のトラブルでも、EaseUS Data Recovery Wizardを使って同様の手順で行えます。

対処法2.バックアップから削除した/消えた/保存しなかったNotepad ++ファイルを復元

実は、Notepad ++にはバックアップを自動作成する機能、いわゆる自動保存という機能を備えています。つまり、バックアップを一定の間隔ごとに自動的に行う機能です。
もし、この機能をオンにしている場合、下記のステップで削除した/消えた/保存しなかったNotepad ++ファイルを復元することは可能です。

1.メニューの設定環境設定の順にクリックします。

環境設定に進みます

2.環境設定のウィンドウで「自動保存」をクリックします。
3.バックアップパスを参照することはできます。

バックアップパスを参照する

注:ここで二度とファイルが消えないようにするには、「セッションスナップショットと定期的なバックアップを有効にする」をチェックし、自動バックアップの間隔を5秒程度と指定する必要があるのでしょう。

4.ファイルエクスプローラーでこのパスに移動してファイルを取り戻すことは可能です。

対処法3.上書きされたNotepad ++ファイルを復元

Notepad ++ファイルが上書きされた場合は、前の状態を戻すことが可能です。この前の状態のバックアップファイルを保存する機能を設定する手順は以下の通りです。

操作手順
1.メニューの「設定」>「環境設定」>「自動保存」をクリックします。
2.「シンプル」または「履歴保存」を選択して、バックアップを自動で残ります。「シンプル」は1世代前のみのバックアップを残ります。「履歴保存」なら過去全てのバックアップを残します。
バックアップのファイル名:

  • シンプルの場合、「ファイル名.txt.bak」
  • 履歴保存の場合、「ファイル名.txt.年-月-日_時刻.bak」

まとめ

本記事では紛失されたNotepad ++ファイルを復元する方法を紹介しています。記事内で紹介しているデータ復元ツールーEaseUS Data Recovery Wizard Freeを使うことでいずれらの理由で、紛失されたNotepad ++ファイルを復元することが可能です。ぜひ無料ダウンロードしてみてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ