> How to Use > ファイル復旧 > 破損したExcel ファイルを復元する方法

破損したExcel ファイルを復元する方法

Bak | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年12月04日に更新

概要:

強制終了やウィルスの感染により、エクセルファイルまたはそのディレクトリが壊れて、アクセスできなくなる可能性があります。せっかく苦労して作ったエクセルファイルのに、一瞬で消えてしまうことは、あまりにショックですよね。それで、今回は破損してしまったExcel ファイルを復元する方法について話します。

 

強制終了やウィルスの感染により、エクセルファイルまたはそのディレクトリが壊れて、アクセスできなくなる可能性があります。せっかく苦労して作ったエクセルファイルのに、一瞬で消えてしまうことは、確かに人を悩ませます。それで、今回は破損してしまったExcel ファイルを復元する方法について話します。

破損したExcelファイルの対処法

対処法1.オフィスを修復

エクセルファイルが開けないときは、何らかの原因でオフィスソフトのデータが破損しており、オフィスソフト自体に問題がある可能性があります。

ステップ1:「スタートメニュー」>メニューから「コントロールパネル」>「プログラムと機能

ステップ2:プログラム一覧から「Microsoft Office」を右クリック>「変更」>「修復」を選択し実行>修復後、パソコンを再起動

対処法2.保護ビューを外す

オフィスソフトの保護ビューによって過剰なセキュリティ設定が行われていることも考えられます。

ステップ1:ソフトを起動>「ファイル」>「オプション」>「セキュリティーセンター」を選択

ステップ2:「セキュリティセンター」>「セキュリティセンターの設定」>「保護ビュー」>表示された3つのチェックボックスを外す

対処法3.ファイルのブロックを解除(外部からのファイルが開けない場合)

ステップ1:「ファイルエクスプローラー」>任意のファイル上で右クリック>「プロパティ」をクリック

ステップ2:「このファイルは他のコンピュータから取得したものです。このコンピュータを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります。」横の「ブロック解除(K」にチェック>「適用」>「OK」を押す

対処法4.ファイル制限設定の確認

「ファイル制限機能の設定でドキュメントやテンプレートに制限がかかっている場合、その種類のファイルを開くことや、保存ができないことがあります。

ステップ1:ソフトを起動>「ファイル」>「オプション」>「セキュリティセンター」を選択

ステップ2:「セキュリティセンターの設定」>「ファイル制限機能の設定」>「ファイルの種類」一覧に表示されたファイルのチェックを外す

破損したExcel ファイルの復元について

元々パソコンやUSBメモリなどの記憶装置に保存しているエクセルファイルが、ある日突然開けなくなり、「読み取ることができません」エラーメッセージも出てくる場合、破損したエクセルファイルやそのカテゴリを修復して、ファイルを復元する対策がありますか?今日は破損したエクセルファイルを復元する簡単かつ無料のデータ復旧ソフトを紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard Freeは効率的で使いやすいデータ復旧ソフトとして、破損したExcelファイルの修復機能が備えています。このソフトを使って、ハードディスクをスキャンすると、既存・紛失したexcelファイルが全て検出され、修復・復元されることが可能です。

また、このソフトを使うこと、Excel、Word、PDF、PPTなど、あらゆる文書ファイルをHDD、USBメモリ、SDカードなどの記憶装置から復元してくれますので、用途が非常に広いと思われています。

EaseUS Data Recovery Wizardで破損したExcelファイルを修復

次は3つのステップでEaseUS Data Recovery Wizard Freeで破損したExcelファイルを無料で復元する方法を紹介します。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で破損したExcelファイル、若しくは紛失したexcelファイルの保存場所を選択した上、「スキャン」をクリックします。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」指定することでファイルを絞り込むことが可能でス。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元・修復したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。(excelファイルが破損されている場合は、復元する時に自動的に修復されます。)

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

また、excel編集中、何か問題が発生したため、プログラムが勝手に停止した場合、このデータ復旧フリーソフトexcel自動保存から復元も可能です。

上記の方法により、消えた、削除した、または破損したファイルを復元することは効率的になります。非常に簡単なソフトで、2GBまでファイルを無料復元できますので、試してください。より多くのデータを復元したい場合、ソフトの製品版を購入して、データを制限なしで復元することができます。

安全策:エクセルファイルを復元するため

破損したエクセルファイルはエクセルのバックアップファイルから復元できます。今後、破損したエクセルファイルを復元できるため、自動バックアップを事前に設定するのは大事だと思われます。下記のステップに従って、自動バックアップを設定してください。

ステップ1:「ファイル」>「オプション」>「保存」をクリックします。

ステップ2:「ブックの保存」での「次の間隔で自動回復用データをは保存する」にチェック入れ、保存間隔をお好きのように設定してください。

ステップ3:   同じ場面での「自動回復の例外(X)」で、「このブックの自動回復を行わない」にチェック入れてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。