> How to Use > ファイル復旧 > OneDriveのごみ箱の使い方とテクニック|削除されたファイルを復元する方法

OneDriveのごみ箱の使い方とテクニック|削除されたファイルを復元する方法

kenji

kenji |カテゴリ:ファイル復旧| 2022年06月20日に更新

主な内容:

概要:

OneDrive のごみ箱はどこにありますか?その使い方は?本文では、以上の質問について回答したいと思います。また、OneDrive で削除されたファイルや完全に削除されたファイルを復元する方法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Window自身のごみ箱とは異なり、多くのユーザーはWindows 10のOneDriveのごみ箱から(誤って削除した場合)任意のデータファイルを復元する方法が分かりません。

そこで、そのようなユーザーのために、この記事ではOneDriveのごみ箱に関するすべてをカバーし、データの復元する方法を含めて紹介していきたいと思います。

では、さっそく始めましょう 

OneDriveのごみ箱の使い方と削除されたファイルを復元する方法

OneDriveのごみ箱はどこ?

ごみ箱は、削除されたファイルやフォルダが保存されるOneDriveの特別なフォルダです。OneDriveからファイルやフォルダを削除すると、ごみ箱に移行され、保存期間切れ(五年以上)まで保管されます。OneDriveのごみ箱は、画面の左側で見つけることができます。

OneDriveのごみ箱の使い方

OneDriveのごみ箱は、基本的に2段階に分けられています。

  • 第一段階のごみ箱
  • 第二段階のごみ箱

第一段階のごみ箱:削除されたファイルは、PCから削除しても完全には消去されません。その代わりに、削除されたファイルはごみ箱に移動し、あなたが完全に削除することを決定するまで、ごみ箱に残ります。これは、第一段階のごみ箱として知られています。

第二段階のごみ箱:うっかりファイルを削除してしまったときのセーフティネットを提供することを目的としています。ごみ箱の中にあるファイルがなくなっていることに気づいたら、すぐに取り出すことができます。2回目のごみ箱ステージでは、1回目でごみ箱から削除した削除ファイルを復元することができます。

第二段階のごみ箱

第二段階のごみ箱-2

関連記事:ごみ箱から削除したデータを復元する方法

OneDriveで削除されたファイルやフォルダーを復元する方法

さて、ここからが本番です。

実際には、OneDriveのごみ箱から失われたまたは削除されたファイルを回復する方法はたくさんあります。

本文では、三つの方法でOneDriveのゴミ箱から削除されたファイルやフォルダを回復する.方法を紹介します。

方法1. OneDriveのごみ箱から削除されたファイルを復元する

OneDriveで重要な文書やデータを削除してしまった場合、削除されたファイルを復元する簡単な方法の1つは、ごみ箱を確認することです。
ここでは、この方法を適用するためのステップバイステップガイドを紹介します。

ステップ1. まずはOneDriveアカウントにログインします。

ステップ2. メニューの左側の「ごみ箱」オプションを選択します。

ステップ3. ごみ箱には、すべての削除されたファイルが表示されます。回復したいファイルのチェックを入れます。

ステップ4. 「復元 」をクリックします。

ごみ箱に削除したデータを復元する方法

方法2. コンピュータから削除されたファイルやフォルダを復元する

OneDriveは、コンピュータのローカルストレージフォルダにデータファイルを保存することもできます。このフォルダに保存されたすべてのファイルは、OneDriveによって監視され続けています。だから、このフォルダから削除されたファイルを回復することは、ここでも1つの良いオプションです。

以下の手順に従って、コンピュータから削除されたファイルまたはフォルダを復元してください。

ステップ1. OneDriveのアプリケーションロゴを右クリックします。

ステップ2. [設定]オプションをクリックします。

ステップ3. 「アカウントタブ」をクリックします。

ステップ4. このステップでは、「フォルダを選択する」ボタンをクリックする必要があります。

ステップ5. 画面の左下隅に、選択したフォルダの場所が表示されます。ちょうどそれをメモし、削除または紛失したファイルを見つけるために、ファイルエクスプローラを介してこのフォルダをナビゲートします。

このアプローチで、あなたは簡単にあなたの削除されたファイルを回復することができます。

方法3. OneDriveで永久に削除されたファイルまたはフォルダを復元する

OneDriveで永久に削除されたファイルやフォルダを回復することは、多くのユーザーにとって、不可能な作業に思えるかもしれません。

しかし、信頼できるデータ復元ソフトウェアの助けを借りて、それを成し遂げることができます。

品質と信頼性の高いデータ復元ソフトウェアといえば、大人気のEaseUS Data Recovery Wizardがきっと頭に浮かびます。このソフトウェアは、HDD、外付けUSBドライブ、SDカード、およびその他の記憶媒体からローカルのOneDriveファイルを復元することができます。

対応するストレージ設備

  • HDDとSSD
  • 外付けハードドライブ
  • クラウドドライブ
  • USB、SDカード、ペンドライブなどのポータブルストレージデバイス

関連記事:自力で外付けHDDを復元する方法

今、このデータ復元プログラムをダウンロードして、誤って削除、ハードドライブのフォーマット、OSクラッシュ、ウイルス攻撃、失われたパーティションなどのような多くの原因によって失われたファイルを復元しましょう。

ステップ1.「EaseUS Data Recovery Wizard」の初期画面でクラウドドライブから同期したデータの保存場所を選択して、[スキャン]をクリックします。

 クラウドドライブ データ 復元1

Tips:クラウドドライブだけ保存して、パソコンに同期していない場合、データを紛失したら、「EaseUS Data Recovery Wizard」で復元できません。

ステップ2.スキャンはすぐ開始され、削除されたファイルが検出されてから、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 クラウドドライブ データ 復元2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。

クラウドドライブ データ 復元3

結論

OneDriveのごみ箱は、Windowsのごみ箱とはきっと違うものです。そのため、本文では、OneDriveのごみ箱と削除したデータを復元する方法について説明しました。しかし、これらの方法がうまくいかない場合、データ損失はまだ起こる可能性があります。

EaseUS Data Recovery Wizard を試してみることをお勧めします。このソフトウェアがあれば、ほぼすべてのストレージデバイスから紛失、フォーマットしたデータを復元することができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ