> How to Use > ファイル復旧 > Windowsでexeファイルを復元する方法

Windowsでexeファイルを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年05月25日に更新

概要:

この記事では、誤削除、オペレーティングシステムの不具合などの原因で、消えてしまったexeファイルを復元する方法を皆さんにご紹介します。これらの方法のいずれかに従いながら、ファイルを取り戻しましょう。

 

windows10でexeファイルが急に消えた!

「パソコンに何か不具合が発生しましたか、私のexeファイルがシステムに自動的に削除された。なぜか全く分かりませんでしたので、もう一度ダウンロードを試しましたが、全然効果がなかったんです。今、どうすればこの問題を解決できますか全然わからないようになっています。誰か助けてくださいよ!」
この時、ご心配なく落ち着いてこの記事の解決方法を参照してください。この記事では、最も効果のあるファイルを自動的に復元する方法を紹介していきますので、必ず役に立つと思います。

exeファイルとは

EXEファイルとは、主にWindowsで使用されていて、拡張子に「.exe」が付く実行ファイルのことです。クリックするとプログラムが自動的に実行されるようになっています。EXEファイルは、主に、アプリケーションを起動するためのプログラム(アプリケーション本体)や、アプリケーションソフトをインストールするためのプログラム(インストールプログラム)などにおいて利用されています。例えば、Internet Explorerを起動するためのEXEファイルは「iexplore.exe」という名称となっています。  (出典:デジタル大辞泉)
 

方法1.exeファイルをそのまま復元する方法

windowsでexeファイルが消えると、ソフトウエアを起動できなくなるので、困りますね。一般的には、消えたexeファイルがゴミ箱に移動しています。ゴミ箱から消えたexeファイルを復元する手順は、方法3を参考してください。しかしながら、ゴミ箱を空にしたあるいはゴミ箱の保存期間が切れてしまった,ファイルを見つけられなかった場合では、ご心配なく、データ復元ソフトを使って、消えたファイルを簡単に取り戻せます。

EaseUS Data Recovery Wizardは、exeファイルのほか、ワードエクセルなど様々なドキュメントも復元できます。以下の操作ガイドに従って、exeファイル若しくはほかのドキュメントを復元しましょう。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

EaseUS Data Recovery Wizardというソフトは、ゴミ箱の復元以外、いろんなデータ紛失の場合にも対応しています。例えば、ハードドライブの復元、USBメモリの復元フォーマットからの復元SDカードの復元外付けHDDの復旧なども処理できますよ。必要な方は、是非以下のダウンロードボタンをクリックして、ソフトを試用してください。

方法2.Windowsの「以前のバージョン」回復機能で解決

この方法は、デスクトップではなくパーティションにあるすべてのexeファイルの復元においてとても効果的です。

  • PC/computerを開きます。
  • 元のexeファイルがあったフォルダに入ります。
  • そのフォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  • 以前のバージョン」でexeファイルを復元できます。

方法3.ゴミ箱からexeファイルを復元

注意をかけてなくexeファイルを誤って削除した場合、ゴミ箱から簡単に復元できます。

  • ゴミ箱を開きます。
  • 削除したexeファイルを右クリックします。
  • 元に戻す」をクリックします。

方法4.ウイルス対策ソフトによって隔離されたファイルから復元

exeファイルがシステムに自動的に削除されたり、ダブルクリックで実行すると消えて無くなったりするの原因の一つは、ウイルス対策ソフトがexeファイルを不正なファイルとして誤検知して、誤って削除したことです。この場合だったら、ウイルス対策ソフトによって隔離されたファイルを復元すればexeファイルを取り戻せる可能性があります。しかしながら、McAfee や  ESETなどのサードパーティのウイルス対策ソフトウェアをインストールしたことがない場合で、exeファイルが削除されてしまったこともよく発生します。これは、windowsに搭載するWindows Defenderがexeファイルを不正なファイルとして誤検知によって引き起こされました。そういう場合、Windows Defenderの「検疫済みの脅威」ファイルから復元する可能性もあります。操作手順は以下の通りです。

1.Windowsスタートメニューをクリックして、歯車アイコンの「設定」を押して、Windowsの設定画面に入り、そして「更新とセキュリティ」を選びます。

2.右側の「ウイルスと脅威の防止」をクリックして、「脅威履歴」を押します。

3.「検疫済みの脅威」ところで「すべての履歴を表示する」をクリックします。もし対象のexeファイルが表示されると、それを選択して「詳細の表示」を押して、そのデータを取り戻したいなら「復元」をクリックします。

でも、上記の方法が役に立たない場合、やっぱり強力なデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard を使うことが一番便利だと思います。

                                                         

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。