> How to Use > ファイル復旧 > McAfee(マカフィー)に削除されたファイルを復旧する方法

McAfee(マカフィー)に削除されたファイルを復旧する方法

2016-10-31 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
McAfee(マカフィー)は多くのユーザーに使われているウイルス対策ソフトです。優れたウイルス検出機能により、深いところに隠れているウイルスでも迅速に検出し、削除するのができます。しかし、敏感すぎるであろうか、普通のファイルをウイルスに誤認して、容赦なく削除してしまうことも度々現れます。McAfeeに間違って削除されたファイルを、どうすれば復旧できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

McAfeeが間違ってファイルを削除

「McAfeeアンチウイルスソフトを使用しています。優秀なウイルス対策ソフトで、無事に使ってきたんですが、先日例のウイルス排除を行った時、McAfeeが大事なドキュメントファイルをウイルスファイルと誤認し、削除してしまいました。勿論ウイルス検出、削除プロセスが完了してから気付いたことです。この前にもそのようことはあったのですが、今回はかなり重要なファイルが削除されてしまいました。どうすれば、McAfeeに削除されたファイルを復旧できるでしょうか?」

McAfeeがも違ってファイルを削除してしまった原因

では、そもそもなぜMcAfeeアンチウイルスソフトが安全なファイルまで削除してしまったのでしょうか。それは、簡単に言えば誤検知です。

まずは、ウイルス対策プログラムがどのようにしてウイルスを検索しているのか理解しておきましょう。

ウイルス検出の方法

  1. 1.それぞれのファイルをウイルスの特徴を記録した定義ファイルと比較する
  2. 2.プログラムやファイルからウイルスのような不審な振る舞いをするプログラムコードやウイルス特有のプログラムコードが含まれている場合、脅威として検出する。(=ヒューリスティック法)

上記の2つの技術によってファイルを検出するのですが、1で使用される定義ファイルには非常にたくさんのウイルス情報が含まれているために、アンチウイルスソフトは安全なファイルをウイルスを誤検知してしまうことがまれにあります。

では、アンチウイルスソフトの誤認により、安全なファイル、さらに重要なファイルが削除されてしまったらどうすればよいのでしょうか。以下で、誤削除されたファイルを復旧する方法を紹介します。

McAfeeに削除されたファイルを復旧する方法

アンチウイルスソフトMcAfee(マカフィー)は、優れたウイルス検出機能によって、多くのユーザーに使用されています。しかし敏感すぎるとも言えるほど、普通のファイルをウイルスファイルに誤認して削除することもしばしば発生します。どうすれば、McAfeeに間違って削除されたファイルを復旧できるでしょうか。ここで、無料データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。ウイルス対策ソフトに間違って削除されたファイルでも、上書きされない限り、復旧することができます。是非試してみてください。

McAfeeに削除されたファイルを復旧する操作手順

ステップ1.「EaseUS Data Recovery Wizard」をインストールして、インタフェースで復元したいファイルが保存していたドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

ファイルを復元するステップ1

ステップ2.スキャンが開始されます。削除されたファイルが先に検出されてから、選択したパーテイションを全体的にスキャンします。ドライブの容量によって、スキャンの所要時間が違いますので、完了までしばらくお待ちください。

削除したファイルを復元するステップ2

ステップ3.スキャン結果で「復元候補」というタブがあります。その中に名前などの情報を紛失したデータが入ります。復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることでファイルを復元することが可能です。

削除したファイルを復元するステップ3

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。