> How to Use > ファイル復旧 > 削除済みのドキュメントの復活方法

削除済みのドキュメントの復活方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

James.R | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年06月01日に更新

概要:

日常生活で、ゴミ箱を空にすることと「Shift+Delete」キーを利用する場合では、削除されたドキュメントが完全にパソコンから消去されます。しかし、これらのドキュメントをまた元に戻したい時、どうしますか?削除済みドキュメントの復活方法がありますか? 一般的に、バックアップなしで削除済みドキュメントを復活したら、強力なデータ復活ソフトを使わなければならないです。復元率と難易度によって、おすすめ度が高いEaseUS Data Recovery Wizardは最適だと思います。

 

ドキュメントのファイルの削除について

日常生活で、ファイルを日々に削除しています。また、ゴミ箱を空にすることと「Shift+Delete」キーを利用する場合では、ファイルはパソコンから完全に消去されます。

ワードファイル、エクセルファイル、パワーポイントファイル、またはPDFファイルは日常生活でよく使われているドキュメントファイルです。これらのドキュメントファイルは、常に仕事関連のファイルになり、肝心なデータなどがたくさん記録されているファイルです。だから、これらのファイルを削除する時に、データの漏洩を防ぐため、常にドキュメントファイルを完全に消去する必要があります。

ただし、一時的に不要だと思って完全に削除してしまったドキュメントファイルは、その後また必要になった場合は、削除したファイルを復元することができますか?どうやって完全に削除したドキュメントファイルを取り戻せばいいですか?もう削除済みのドキュメントの復活方法がありますか?次は完全削除されたドキュメントファイルの削除方法を皆さんに紹介します。

削除済みのドキュメントファイルを復元するのは可能?

それでは、完全に削除してしまったドキュメントファイルを復元することが可能ですか。常識から見ると、確かに削除したドキュメントはもうパソコンから消えてしまったように見えますが、実際には削除したデータが完全にパソコンから消去されておらず、見えない形でパソコンに存在します。

なぜかというと、削除操作は、空き容量を増やす操作です。つまり、ハードディスクなどのストレージデバイスの容量がいっぱいになると、ファイルを削除することで、空き容量が多くなり、新しいデータが保存できるようになります。そのため、もし新しいデータが保存されていない場合、削除データを完全に復元することができます。そのストレージデバイスに新しいデータを保存すると、一部の削除データが上書きされて、復元できなくなります。

その一方で、ストレージデバイスに新しいデータを保存してしまっていても、上書きされていないファイルも一部ありますので、それらのデータを復元することは可能です。なので、データ紛失のドラブルに見舞われる時、新しいデータをストレージに保存されないことがすごく大事です。

ドキュメントファイルの復元には、EaseUS Data Recovery Wizardがおススメ

通常、ドキュメントを完全に削除した時は、事前にバックアップにすればバックアップファイルから削除したファイルを復元することができます。例えば、windows10のユーザーは、「ファイル履歴」機能を有効にした場合、「ファイル履歴」からファイルを復元できる可能性があります。もちろん、プロなバックアップソフトで作成されたバックアップファイルから復元するのは一番良いです。しかしながら、面倒なのでバックアップをサボりがちになってしまった人が多くいます。

一般的に、バックアップが取らなかった場合は、削除済みのドキュメントを直接に復元することができません。このような時、大事なドキュメントファイルを復元したい場合、専門のデータ復旧ソフトを利用する必要があります。

市販のデータ復旧ソフトの中から、一番おススメなのはEaseUS Data Recovery Wizardです。このソフトは、97.3%の復旧率を誇り、完全削除したドキュメントファイルを復元することに完璧に対応しており、操作もとてもカンタンで、わずかの3ステップだけでドキュメントファイルを完璧に復元することができます。それに、このソフトにはプレビュー機能も備えており、復元する前に、ワードファイル、エクセルファイル、パワーポイントファイル、またはPDFファイルの内容を確認することも可能です。WIndows osのほかMacにも対応できます。

それでは、次はEaseUS Data Recovery Wizardでファイルを完全に復元する操作手順を具体的に展開します。

関連記事:Macで削除したドキュメントファイルを復元する方法

EaseUS Data Recovery Wizardで削除済みドキュメントを復活

この部分では、完全に削除したドキュメントファイルを復元する詳細なステップを掲載します。上記のデータ復旧ソフトを利用して下記のステップに従ってドキュメントファイルの復元をしてみましょう。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で取り戻したいドキュメントを保存している元ディスクを選択してください。それから「スキャン」をクリックして選択されたディスクのスキャンを始めます。

ドキュメントを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.ディスクのスキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたファイルを一つずつ確認して選択することができます。

ドキュメントを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいドキュメントを指定して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を選定してください。上書きをしないため、ドキュメントの元ディスクと異なる場所を選択してください。

ドキュメントを復元するステップ3-ファイルの保存

以上の3ステップに従うと、完全削除しドキュメントファイルとしても、取り戻すことができます。ただし、破損状況がひどいファイルだと、復元してきたファイルが文字化けになるかもしれないので、復元する前に、ソフトの内蔵のプレビュー機能でドキュメントファイルが正しいかどうかをチェックしたほうがいいでしょう。

まとめ

本記事でご紹介してきた削除済みドキュメントの復活方法がいかがでしょうか?もしドキュメントを完全に削除してしまっても、ファイルの復元方法を覚えておけば焦らずに迅速に対応することができます。特に、データソフトを用意しておくと、いざという時に役に立つだと思います。興味がある方、ぜひ無料ダウンロードしてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。