> How to Use > ファイル復旧 > 誤って削除した特定拡張子のファイルを復元する方法

誤って削除した特定拡張子のファイルを復元する方法

2017-06-22 18:24:22 Posted by ishi to ファイル復旧

概要:
誤って削除したファイルを復元するには適当なデータリカバリーソフトが必要です。ただし、膨大なファイルが検出され、復元したいファイルを特定出来ない場合があります。いくら膨大なファイルがあっても条件を入れてファイルを絞り込むことができます。ここで特定拡張子のファイルを復元する方法を紹介します。

復元したいファイルを特定する方法

いくら膨大なファイルがあっても条件を入れてファイルを絞り込むことができます。例えば、ファイル名がわからなくなった場合、ファイル名の一部、ファイルの拡張子、保存先のフォルダ名、ファイルのサイズまたは作成日など、これらの条件によってファイルの特定が可能です。日常で最も使われているのはファイル名またはファイル拡張子でファイルを特定する方法です。

EaseUS Data Recovery Wizard Freeは高機能で迅速かつ安全でファイルを復元できる無料ソフトです。このソフトはディスクをスキャンしたあと、リストで復元できるファイルを表示させます。ファイルの保存ディスクやパーティションを選択して直接ファイルを選定できるほか、特定拡張子のファイルを復元することも可能です。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

特定拡張子のファイルを復元する手順

ステップ1、EaseUS Data Recovery Wizard Freeを実行してファイルの元の保存ディスクやパーティションを選定し、スキャンをクリック します。

ステップ1、ファイルの保存先を選択する

ステップ2、クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。

ステップ2、ファイルの拡張子を特定する

ステップ3、復元したいファイルの種類または拡張子を選択し、ファイルを絞り込んで、リカバリーをクリックします。

リカバリーをクリックする

これでファイルの復元が完了になります。データがなくなることを防ぐため、常に大事なデータをバックアップすることを忘れないでください。

EaseUSが選ばれる理由