> How to Use > ファイル復旧 > 車載カメラ・ドライブレコーダーの動画が再生しない:車載カメラの動画の修復方法

車載カメラ・ドライブレコーダーの動画が再生しない:車載カメラの動画の修復方法

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年10月13日に更新

概要:

ドライブレコーダー・車載カメラは運転する時に不可欠な設備だと思います。車載カメラで撮りつめた録画が様々な場合で役に立ちます。それでは、もし車載カメラ・ドライブレコーダーの動画が再生しない場合、どうやってこれらの動画を修復すればいいですか?本文では、車載カメラ・ドライブレコーダーの動画を修復する方法を皆さんに紹介します。

 

近年、様々な原因で車載カメラを導入したドライバーはたくさんいます。車載カメラで撮りつめた動画も、いろいろな場合で役に立ちます。例えば、交通事故の後、録画した映像記録は事故などの証拠にもなりますし、自分の運転を客観視することもできます。だから、もし車載カメラ・ドライブレコーダーの動画が再生できない場合は、本当にまずいことになります。

車載カメラの動画が再生しない問題

実例:

「今朝、車がちょっとした衝突に遭いました。DuDuBellの車載カメラを使っているので、事故の映像を車載カメラをパソコンに導入して見ようと思いますが、正確に動画を開くことができません。パソコンで動画ファイルのサイズも確認しましたが、430mbがあって問題がなさそうです。車載カメラの動画が再生しない原因は何ですか?どうやって個の再生しない問題を修復すればいいですか?」

車載カメラ、いわゆるドライブレコーダーは、車のフロントガラスで継続に道路状況や自分の運転状況を記録するカメラです。交通事故が発生する時、車載カメラがで撮りつめた動画は、非常に証拠能力を発揮することができます。だから、もし大切な車載カメラの録画が破損になったり、再生できなくなったりすると、非常にまずいことになります。このような場合、これらの動画を修復する必要があります。本文では、車載カメラ・ドライブレコーダーの動画を簡単に修復する方法を皆さんに紹介します。

車載カメラの動画が再生しない原因

動画の修復方法を紹介する前に、まず車載カメラの動画が再生しない原因を知っておく必要があると思います。

動画ファイルは非常に破損になりやすいファイル種類です。動画ファイルが破損して再生できなくなる原因といえば、主に下記の原因があります。

  • 1.車載カメラのSDカードに損傷が存在しています。
  • 2.質の悪いSDカードリーダーを使用しています。
  • 3.車載カメラの動画を移行中に移行プロセスが中断されました。
  • 4.SDカードが満杯してもドライブレコーダーを使って録画をしています。
  • 5.車載カメラが予想せずにシャットダウンします。
  • 6.SDカードに不良セクタがあります。
  • 7.SDカードを複数のデバイスで使っています。
  • ...

Windows 10/8/7で車載カメラの破損動画を修復する方法

もし車載カメラの破損動画が再生しなくて、破損動画を修復するため、無料の動画修復ソフトを使うのは一番簡単な方法です。

方法1.無料ツールで車載カメラの動画を修復する

この方法は一番簡単な方法です。本文で紹介する無料動画修復ソフトを使ってたったの3ステップだけで破損した動画を修復する必要があります。

ここで皆さんにおススメしたいのは、EaseUS製データ復旧ソフトです。このデータ復旧ソフトは、動画修復に完璧に対応し、車載カメラでなくなった動画を復元することもできます。他にもたくさんのハイライトがあります:

  • MP4やmov動画の修復にも対応
  • 車載カメラで紛失/削除した動画を復元
  • .jpeg/.jpg写真の修復にも対応
  • SDカードをフォーマットしたとしても、データを完璧に復元

では、下記のダウンロードボタンからこの動画修復ソフトを取得して自分で車載カメラの動画を修復しましょう。

ステップ1.ソフトをパソコンにインストールすると、実行します。SDカードをPCに接続して、ソフトでsdカードを選択して、「スキャン」をクリックします。

写真を修復するステップ1

ステップ2.選択したSDカードへのスキャンが開始されます。このプロセスによって、紛失写真・動画に破損があるとソフトが判断する場合、修復作業が自動的に行われます。

写真を修復するステップ2

ステップ3.目標の写真・動画を選択して、「復元」をクリックして別の場所にファイルを保存しましょう。

写真を修復するステップ3

方法2.VLCで破損した車載カメラの動画を修復する

VLCは動画再生機能以外、他の機能も搭載されています。例えば、動画が破損になる場合、これを使って動画を修復することができます。

ステップ1.VLCを起動して、修復したい動画を導入する

vlcで動画を修復するステップ1

VLCを起動して、ソフトの左上に「ファイル」→「変換/保存」をクリックします。それから、「ファイル」タブで「追加ボタン」をクリックすることで修復する動画を追加して、「変換/保存」ボタンをクリックして「変換」を選択します。

ステップ2.動画修復プロセスを設定する

vlcで動画を修復するステップ2

変換画面でまずプロファイル名に適当な名前を入れて、「参照」をクリックして動画の出力先を設定します。それから、「新しいプロファイル」ボタンをクリックして動画修復プロセスの詳細を設定してください。

カブセル化タブ:修復したい動画と同じ形式を選択します。
ビデオコーデックタブ:「ビデオ」「オリジナルのビデオトラックを保持」をチェックします。
オーディオコーデックタブ:「オーディア」「オリジナルのオーディオトラックを保持」にチェックを入れます。

ステップ3.破損した動画を修復する

vlcで動画を修復するステップ3

ステップ2に従って、プロファイルを設定して保存すると、先の画面に戻ります。それから、プロファイルのところで先に設定済みのプロファイル(たとえプロファイル名がrepair)を指定して、「変換」ボタンをクリックすることで、破損動画の修復することができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。