> How to Use > ファイル復旧 > Chromeの閲覧履歴を復元する方法

Chromeの閲覧履歴を復元する方法

Bak

Bak

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年05月19日に更新

主な内容:

概要:

間違ってChromeの閲覧履歴、ブックマークを削除してしまった、或いはChromeをアップデートした後、閲覧履歴が消失した場合、すべての閲覧履歴とブックマークデータを復元する方法があります。 このページでは、EaseUSソフトウェアはChromeの閲覧履歴を復元する安全で有効な対策をご提供します。では、読み続けてください。

EaseUS Data Recovery Wizard

はじめに

間違ってChromeの閲覧履歴、ブックマークを削除してしまった、或いはChromeをアップデートした後、閲覧履歴が消失した場合、すべての閲覧履歴とブックマークデータを復元する方法があります。

このページでは、Chromeの閲覧履歴を復元するために、EaseUSソフトウェアやDNSキャッシュ、Google Historyなどの安全で有効な方法をご提供します。では、読み続けてください。

解決策1:DNSキャッシュを利用して、削除したChromeの閲覧履歴を復元

Chromeの履歴を復元するために、パソコンをシャットダウン、再起動しないでください。そして、パソコンをインターネットに接続して、下記手順に従いDNSから削除や消失したChrome履歴を復元します。

1.「Windows」 + 「R」キーをクリックして、cmdを入力して、「OK」をクリックします。Windowsの検索バーでcmdを入力することもできます。

2.コマンドプロンプトipcongif /displaydnsを入力して、「Endter」をクリックします。

コマンドプロンプトでipcongif /displaydnsを入力する

これで、最近が閲覧したすべてのウェブサイトは表示されます。Chromeの閲覧履歴など、すべてのウェブページの閲覧履歴を確認して、重要なデータを取り戻すことができます。

解決策2:データ復元ソフトで、Chromeの閲覧履歴を復元

インターネットでChromeの履歴とブックマークを削除した場合、下記パスでバックアップファイルを探すことができます。

Google Chrome: C:\Users\(username)\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\local storage(或いは Bookmarks)

上記パスでバックアップファイルが見つからない場合、高性能のデータ復旧ソフトを利用する必要があります。こちらでは、「EaseUS Data Recovery Wizard」という使いやすい復元ソフトをお勧めします。このソフトはすべての消失したデータとファイルを簡単に復元できるツールです。下記からソフトをダウンロードして、3つのステップでChromeの閲覧履歴を復元することができます。

1.「EaseUS Data Recovery Wizard」の初めの画面でChromeの閲覧履歴やブックマークの元の保存ディスクを選択して、スキャンを始めます。  >   2.スキャンのプロセスが完了するまでしばらくお待ちください。 >   3.スキャンが完了した後、復元したい閲覧履歴、ブックマークファイルをパソコンに保存する。

chrome 復元 ステップ1

解決策 3:Google HistoryからChromeの履歴を復元

Googleアカウントをお持ちの場合、Chromeの閲覧履歴とブックマークを失った場合、Google HistoryからChromeの履歴を復元するとこができます。Google Historyはブックマック、閲覧履歴など、すべてのデータをGoogleアカウントに保存します。Google HistoryからChromeの履歴を復元する手順:

Google Historyへ行く > Googleアカウントにサインインする > Chromeの閲覧履歴が閲覧順(時間順)に一覧表示される

Google History

解決策4:システムの復元から復元

システムの復元は、パソコンが健全の状態の下でWindowsが正常起動に要求される必要なファイル、設定などをバックアップする機能です。作成したバックアップファイルは「復元ポイント」と言われ、エラーが発生する時やパソコンが何らかの不具合が発生する時に、その復元ポイントを利用して、パソコンをその前の状態に戻すことが可能です。

1.検索ボックスに「システムの復元」を人力すると、グーグルクロームの履歴が含まれるドラブルを選択します。

2.その復元したいシステムバージョンを選択してください。復元作業が完了すると、PCを再起動してください。

この方法を使って、Chromeの閲覧履歴を復元する可能性がありますが、他のデータを失われる恐れもあります。ご承知おきてください。

解決策5:以前のバージョンの復元

もしWindowシステムでファイル履歴の機能を有効にした場合は、消えた閲覧履歴まはた履歴ファイルを以前の古いバージョンから復元することが可能です。

手順

1.Chromeのインストール場所を探します。(通常はC:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Local\Goolge\Chromeです。)

2.インストールが違う場合は、chrome:// version /をChromeの検索ボックスに人力すると、プロフィールパスなどの情報が表示されています。

Chromeバージョン

3.User Data フォルダを右クリックして、「以前のバージョンの復元」を選択します。

4.復元したバージョンを選んで、復元ボタンをクリックします。

Chromeのバックマークと履歴をバックアップする方法

予想しないブラウザのデータ損失を防ぐために、Chrome履歴を保護する方法をご紹介したいと思います。下記はChromeの閲覧履歴を手動でバックアップする方法です。

1.「Win」 + 「R」をクリックして、ポップアップしたダイアログで%LocalAppData%を入力して、「Enter」をクリックします。

2.次のフォルダを開けます:Google\Chrome\UserData\Default、そして、BookmarksHistoryを探します。BookmarksHistoryフォルダを別のドライブにコピーします。

3.閲覧履歴とブックマークが失われた場合、バックアップされたファイルを元の場所(Step 2のパス)に戻して、データを復元することができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ