> How to Use > ファイル復旧 > Windows7で削除したファイルを復元する方法

Windows7で削除したファイルを復元する方法

2014-11-11 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
Windows7で削除したファイルを復元するには、安全、有効、迅速なデータ復元ソフトをより利用したいでしょう。今日は、EaseUS Data Recovery Wizardという人気で使いやすい削除データの復元ソフトを利用して、Windows7で削除したファイルを復元する方法について説明いたします。

“Windows7で削除したファイルの復元についてですが。。。Windows 7で間違って大事なファイルを削除してしまいました。ゴミ箱には見つかりませんが、何か有効な方法がありますか?日本語表示の安全なデータ復旧フリーソフトの探していますが、教えていただけばありがたいです。よろしくお願いします。”

Windows7で削除したファイルが簡単に復元できる

多くのWindows 7ユーザがパソコンを使っているとき、うっかりしてファイルを完全消去したり、ゴミ箱を空にしたりして、大切なデータを失ってしまっています。そのほか、ウィルスアタックやシステム障害など、思いがけないデータ損失も時々起こっています。Windows 7で常にバックアップしていない習慣を養わない場合、重要なファイルを失いやすくなります。このような時に、どうやって紛失ファイルを復元すればいいですか。

Windows7で削除したファイルを復元するには、安全で、有効なデータ復元ソフトを利用するはずです。今日は、EaseUS Data Recovery Wizardという人気で使いやすい削除データ対応の復元ソフトを利用して、Windows7で削除したファイルを復元する方法についてご説明いたします。このソフトが削除したドキュメント、動画、画像、音楽、メール、圧縮ファイルなど、ほとんどのファイル種類の復元に対応しています。下記の操作手順を参照しながら、ファイルを復元してください。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

データ復旧ソフトでデータを復元してくれる原理

Windows 7が搭載のパソコンから完全に消えたようなファイルたちは、なぜかデータ復旧ソフトで復元してくれますか。復元する方法を紹介する前に、その原理を紹介します。一般的には、すべてのストレージ領域は無数なセクターによって構成されます。データが消えると、元々そのファイル保存用のセクターに新しいデータを書き込むことができるようになります。つまり、それらのセクターに新しいデータを保存しない限り、それらのセクターはずっと保存待ちの状態で、それらのセクターから元のファイルを完璧に復元することも可能です。しかしながら、一旦新しいデータがそれらのセクターに保存すると、元のファイルのデータが上書きされて、復元不可能になります。故に、データをなるべく多く復元するには、できるだけ早めに復元を行う必要があります。下記の画像を見てください、USBメモリを例として、ファイルが消えた/削除された後、USBメモリというディスクの状態及び復元可否を表示する画像です。

データ復元の原理

Windows7で削除したファイルを復元する手順

それでは、上記の強力なデータ復旧ソフトを使って、下記の3ステップに従ってデータを復元してみましょう。

Step1.Windows 7でこのEaseUS Data Recovery Wizardを実行してください。次に、スキャンを行うディスクを選択してから、スキャン開始します。

windows 7 データ復元1
Step2.スキャン完了後、左側にリストされた「削除されたファイル」などからお探しのデータを確認してください。フィルターでデータ種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。また、検索ボックスで直接にデータ名を検索することも可能です。

windows 7 データ復元2
Step3.確認できたデータをチェックしてリカバリーすると、指定場所に復元することができます。

windows 7 データ復元3

 

削除したファイルが新しいデータの書き込みによって上書きされた場合、データが検出できなくなり、復元しても開けなくなる可能性があるため、ご注意ください。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

Windows7で削除したファイルを復元するビデオチュートリアル

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。