> How to Use > ファイル復旧 > 「ファイルまたはディレクトリが壊れて・・読み取ることができません」エラーの対処法

「ファイルまたはディレクトリが壊れて・・読み取ることができません」エラーの対処法

2014-11-27 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
HDD、外付けHDD、USBメモリ、SDカードなどの記憶装置を開こうとすると、突然「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」というエラーメッセージが出てきて、開けません。上記の状況を引き起こす原因は、記憶装置でファイルシステムが壊れたのです。今日は上記のエラーにより、アクセスできなくなった記憶装置、フォルダー、ファイルを簡単に復元する方法を紹介します。

ファイルまたはディレクトリが壊れている

「ファイルまたはディレクトリが壊れている」というメッセージが表示された場合、ファイルが崩壊してもう開けないんじゃないか、と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には、「ファイルまたはディレクトリが壊れている」と提示されていても、保存してあるデータは大体無事です。

というのも、データ自体が壊れているわけではなく、データにアクセスするためのシステムにエラーが発生しているのです。このシステムは、「ファイルシステム」と呼ばれます。ファイルシステムによって、どのデータがどこにあるのかという情報がまとめられています。

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」エラーの原因

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」のメッセージが表示される代表的な原因は以下のようなものになります。

  • MFTまたはFATの破損
  • ウイルス感染
  • 物理的な破損

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」エラーの修復方法

上記のエラーが発生すると、壊れたファイルを取り戻す一番簡単な方法は、信頼できるデータ復旧ツールでファイルを復元してから、記憶メディアをフォーマットする方法です。EaseUS Data Recovery Wizardというデータ復旧ソフトは安全かつ効率的にドキュメント、写真、動画などのファイルを復元し、記憶メディアには損害を与えません。また、ソフトの操作は簡単で、初心者でもとても簡単に使えます。

ディレクトリファイルのこと。コンピュータの磁気記憶媒体に記録された、その媒体上すべてのファイルの管理情報(名前・大きさ・記録場所など)。また、その情報の記録部分。

以下は2つのステップで、データを復元してから、「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」エラーを修復する方法を紹介します。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

ステップ1.復元ソフトで必要なファイルを取り戻す。

ステップ1.エラーが発生したディスクをパソコンに接続して、ソフトを開きます。そして、初期画面でそのディスクを選択した上、「スキャン」をクリックします。

エラーディスク 復元1

ステップ2.エラーが発生したディスクへのスキャンプロセスが自動的に実行されます。このスキャンプロセスは、エラーディスク上のすべての復元可能なファイルを検出するためのプロセスです。

エラーディスク 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わったら、ファイルを復元するには、検出できたファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。(目標ファイルをもっと素早く特定するため、上部メニューのフィルダーをクリックしてファイル種類で絞り込むことが可能です。)

エラーディスク 復元3

ステップ2.記憶装置をフォーマットする

エラーが発生した記憶装置をパソコンに繋がって、「マイコンピュータ」でエラーが発生したディスクドライブを右クリックして、「フォーマット」をクリックして、ディスクをフォーマットします。

注意:

データの上書きを避けるために、エラーが発生したメディアに、ソフトのダウンロードや復元したファイルの保存をしないでください。ソフトをダウンロードして、ファイルをスキャンし、必要なファイルが復元できると確認した上で、ソフトの製品版を購入することができます。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。