> How to Use > ファイル復旧 > USBメモリで消してしまったExcelファイルを復元する方法

USBメモリで消してしまったExcelファイルを復元する方法

2015-03-13 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
削除したエクセルファイルが新しいデータや操作に上書きされる前に、USBメモリに残っています。つまり、ファイル復元ソフトでUSBメモリをスキャンすることによって、削除したエクセルファイルを復元することができます。EaseUS Data Recovery Wizardは高機能かつ安全なファイル復活ソフトで、WindowsやMac OSでUSBメモリのファイルを簡単に復活できます。

USBメモリに保存されているExcelファイルが消えてしまった

「PCのデータをUSBメモリに移行して保存しましたが、そして、2日後、そのファイルを開こうとした時、そのExcelファイルが消えてしまいました。取り切り操作でパソコンからそのExcelファイルを移動してしまったので、パソコンには残っていません。大切なExcelファイルですので、復元の方法がほしいです。ご教授お願いします。」

上記のように、何らかの原因によってUSBメモリのExcelファイルが消えてしまうと、そのファイルを復元するにはどうすればいいですか。

USBメモリで消えたExcelファイルを復元

USBメモリのエクセルファイルは誤削除、誤フォーマット、ディスク障害、ウィルス攻撃、様々な原因によって消えてしまう可能性があります。パソコンから削除したファイルと異なり、USBメモリから消したデータは「ゴミ箱」のような場所に移行せず、直接USBメモリから削除されます。といっても、消したデータはすぐに完全消失しません。削除したエクセルファイルが新しいデータや操作に上書きされる前に、USBメモリに残っています。このような状態では、そのExcelを完璧に復元することができます。

つまり、ファイル復元ソフトでUSBメモリをスキャンすることによって、削除したエクセルファイルを復元することができます。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

USBメモリ復旧ソフト

EaseUS Data Recovery Wizardは高機能かつ安全なファイル復活ソフトで、WindowsやMac OSでUSBメモリのファイルを簡単に復活できます。次は3つのステップでUSBメモリから消したエクセルファイルを復元の方法を紹介します。まずはUSBメモリをパソコンに挿入して、パソコンに認識させます。

データ復元ソフトでUSBメモリのエクセルファイルを復元する手順

上記のデータ復旧ソフトで、USBメモリをスキャンして、消えたExcelファイルを検出して復元する方法を紹介します。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

データの上書きを避けるために、すべてのファイルが復活させた前に、復元したファイルを復元する必要があるUSBメモリに保存しないようにご注意ください。エクセルファイルのほか、Data Recovery Wizardは消えた画像、動画、音楽、圧縮ファイル、メールなどを復元することもできます。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能