> How to Use > 記憶媒体復旧 > USBメモリを認識しない場合のデータ復元

USBメモリを認識しない場合のデータ復元

Bak

Bak |カテゴリ:記憶媒体復旧| 2022年08月15日に更新

主な内容:

概要:

パソコンがUSBメモリを認識しなくなってしまいました。大切なビジネスファイルを保存しているUSBメモリなのに、アクセスできなくなりました。復元方法はありませんか?ご心配なく、このページではUSBメモリを認識できない場合のデータ復元方法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

オットー、パソコンがUSBメモリを認識でません!

USBメモリは日常的によく使われているストレージデバイスとして、皆さんも使っているのでしょう。しかし、ずっとPCに挿入している状態を保つハードディスクと異なり、USBメモリを使うには、よく取り外す操作も行われています。

ということで、不正の取外しなどの不適切な操作はあるので、エラーが発生してUSBメモリが使えない状態になることもよく見られます。それでは、USBメモリが異常な状態になり、PCに認識されない場合は、どうやって修復すればいいですか。また、USBメモリに大切なデータが保存されている場合、どうやって復元すればいいですか。本文では、それについて皆さんに紹介していきたいと思います。

USB

USBデバイスが認識されないエラーについて

「サンディスクのUSBフラッシュメモリーをノートパソコンに差し込んでも認識されません。学校の勉強が全部入っているので、修理してデータを復元する方法はないでしょうか?何か解決策をご存知の方、よろしくお願いします。」

上記のユーザーと同様に、USBデバイスをパソコンに接続する際に「USBフラッシュドライブが認識されない、または検出されない」という問題に遭遇したことがある人は少なくないでしょう。

この問題を引き起こす理由は、以下のように様々です。

  • USB接続の問題
  • ドライブレターの問題
  • USBドライバーのエラー
  • ハードウェアの損傷
  • USBドライブがRAWとしてフォーマットされる原因となるファイル・システム・エラー

どの障害が発生したか、またドライブの現在の状態を確認するには、Windowsのディスクの管理ユーティリティを使用する必要があります。これにより、ドライブを検査し、必要な解決策の詳細を知ることができます。

USBフラッシュ・ドライブが認識されない原因を確認する

USBフラッシュドライブがPCに接続されている状態で、ディスクの管理ツールを使って状態を確認する方法を説明します。

ステップ1.「PC」を右クリックし、「管理」を選択します。

ステップ2. 「ディスクの管理」に進みます。

ステップ3. これで、USBドライブが以下のいずれかの状態になっているはずです。

  • ドライブはRAWとして表示されます。
  • ドライブが未割り当ての領域として表示されている
  • ドライブがドライブレターなしで表示されている

ドライブの特定の状態を識別した後、以下の対応策を適用して問題を解決することができます。

よくあるUSBが認識されないシナリオ

エラー1:USBデバイスが認識されない

多くのユーザーが、USBドライブをコンピュータに接続したときに、「このコンピュータに最後に接続したUSBデバイスは故障しており、Windowsはそれを認識しません」という問題に遭遇しています。このエラーは、以下のような論理的な理由によって発生することがあります。

USBデバイスが認識されないエラー

  • USB接続の問題
  • USBフラッシュ・ドライブをRAWにするファイル・システム・エラー
  • ドライブレターの問題
  • USBドライバのエラー
  • ハードウェアの損傷 

ファイルシステムの問題が原因で認識または検出されないUSBフラッシュドライブを修復し、修正するために、以下に示すように様々な効果的な方法がありますが、最初にあなたのデータをバックアップまたは回復するために覚えています。完全なガイドのためのリンクをクリックしてください。

  • 解決策1.フォーマットする前にEaseUS USB回復ツールを使用してRAW USBドライブからファイルを回復する。
  • 解決策2. 未割り当てのUSBドライブを更新し、新しいパーティションを作成します。
  • 解決策3. USBドライブの文字を変更し、検出できるようにする。
  • 解決策4. USBポートを確認し、USBが認識できるように接続を変更する。

関連記事:USBが切断と再接続の繰り返し?不安定なUSBを修復する方法

エラー2:USBデバイスを使うには、ドライブをフォーマットする必要があります

「ドライブ のディスクを使用する前にフォーマットする必要があります、フォーマットしますか?」これも、USBメモリーをPCに接続しようとしたときに頻発するUSBドライブエラーです。 

エラー:USBデバイスを使うには、ドライブをフォーマットする必要があります

一般的に、リムーバブルストレージドライブを使用中にプラグを抜くと、USBドライブがフォーマットされないという問題が発生することがあります。この問題の他の原因としては、ウイルス攻撃、障害操作、損傷などが考えられます。

  • ステップ1.フォーマットされていない(RAW)USBフラッシュドライブからファイルを回復する
  • ステップ2. USBドライブがフォーマットされていないエラーを修正するために、USBフラッシュドライブをフォーマットする
  • ステップ3. USBドライブのデータを保護するためにファイルをバックアップする 

関連記事:ドライブを使うにはフォーマットする必要があります

エラー3:USBドライブにアクセスできません

ドライブにアクセスできません」というエラーが突然表示され、USBフラッシュドライブやその中のデータにアクセスできなくなることがあります。この問題は、認識されないファイルシステム、停電、ウイルス感染などが原因で発生しがちです。

USBドライブにアクセスできません

USBドライブが破損してアクセスできない場合、事前に破損したUSBフラッシュドライブからデータを復元し、トラブルシューティングのための実用的な解決策を講じることができます。

  • 解決策1. ファイルエクスプローラでアクセスできないUSBドライブを削除する
  • 解決策2. データを復元し、USBフラッシュドライブをフォーマットする

USBメモリを認識できない場合の対策

「今朝、USBメモリをパソコンに接続してファイルを開こうとしていたところ、USBメモリが認識できなくなりました。何度も確認しても、Windows Explorerでもディスク管理ツールでも表示されませんでした。大切なビジネスファイルを保存しているUSBメモリなのに、アクセスできなくなりました。なにか復元する方法はありませんか?」

USBメモリが認識できない原因は、USBメモリ自体の障害やパソコン設定の問題と推測されます。USBメモリを別のパソコンに挿入して、認識できるかを確認することによって、USBメモリ自体に問題があるかどうかを確認できます。USBメモリに問題がない場合、パソコンの設定を変更することによって、この問題を解決できます。具体的には、下記の操作手順を参照してください。

レジストリエディタでUSBメモリが認識されない問題を解決する操作手順

ステップ1.「ファイル名を指定して実行」「regedit」を入力し、Enter キーをクリックします。

ステップ2.[HKEY_CURRENT_USER→software→Microsoft→Windows→CurrentVersion→Ploicies→Explorer]を順次に開きます。「NoDrives」「NoViewOndrive」を見つけたら、この2つのファイルを削除します。

レジストリ情報でUSBメモリ認識問題を解決

ステップ3.パソコンを再起動します。

再起動した後、USBメモリがドライブとして認識されますが、その中身が消えて保存されたファイルが見つからない場合もあります。その場合、下記のフリーソフトを利用すればUSBのデータ復元が可能です。

上記の方法の他にもカンタンな確認方法と対処法がありますので、見ていきます。

USBメモリを認識できない場合の確認方法

USBのランプ点灯がみられない

USBメモリについているランプが点灯しているか確認してみてください。これは、USBメモリに供給される電力が十分かどうかを判断することができます。なぜなら、USBメモリはPCの電力をUSBポートから受け、動いています。これを「バズパワー」といいます。そのため、例えば、パソコンに別の外付けHDDが接続されている場合、電力が分散され、十分な電力が対象のUSBメモリに行き届いていない可能性があります。まずは、1.対象のUSBメモリ以外全ての外付けHDDを取り外し、そのUSBメモリが認識されるか、再確認しましょう。また、USBポートの劣化により、電力がうまく伝えられていない可能性があります。その場合に対しては、一箇所のUSBポートのみで試すのではなく、2.他のUSBポートに挿して試してみましょう

「マイコンピュータ」での表示がない

上記のUSBランプ点灯の有無については、問題が見られず、正常にランプが点灯しているのにも関わらず、「マイコンピュータ」への表示さえされていない場合も考えられます。これは、パソコンがUSBメモリをデバイスとして認識していないために起こるケースになります。通常は、USBメモリを接続すれば、Windowsが自動的にドライバを認識、インストールしますが、このドライバが正常にインストールされていない可能性が考えられます。この場合、一度ドライバを削除して、USBメモリを再接続、ドライバの再インストールを試してみましょう。

1.[スタートボタン]>「コントロールパネル」>「デバイスマネージャー」を起動

デバイスマネージャー

2.「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」を開く

ユニバーサルシリアルバスコントローラー

3.「!」「?」が表示されている該当のドライバ(インストールに失敗したドライバ)を右クリック>「削除」を選択

4.削除できたら、再度USBメモリを接続し、ドライバが正常にインストールされ、認識されるかどうか確認する

表示されるがアクセスが不可

「マイコンピュータ」上には、USBメモリの接続が表示されるが、データを開くことができない場合があります。このケースでは、USBメモリ内のパーティションが認識されていない、もしくは、ファイルシステムが認識されていないことが原因と考えられます。USBメモリ内のデータが不要の場合、「ディスクのフォーマット」によって使用が可能になります。しかし、保存データは消えてしまいます。

USB内のデータを保存する必要がある場合は、以下で紹介するデータ復元ソフトを使用することをオススメします。

データ復元フリーソフトでUSBメモリを復元する

EaseUS Data Recovery Wizard FreeはUSBメモリにアクセスできない場合、USBメモリの中身のデータやファイルを救出できる高機能のデータ復元フリーソフトです。このソフトはUSBメモリからデータを無料で復元できます。そのほか、紛失した、或いは削除したパーティションを復元する機能も備えています。では、EaseUS Data Recovery Wizardで認識できないUSBメモリからデータを復元してみましょう。

ステップ1.ソフトを開きます。そして、ソフトのインタフェースでその認識できないハードディスクを選択した上、「スキャン」をクリックします。

認識できないハードディスク 復元1

ステップ2.ソフトが自動的にそのハードディスクを全体的にスキャンし始めます。

認識できないハードディスク 復元2

ステップ3.スキャンが完了した後、そのハードディスクから復元可能なファイルがすべて表示されるので、必要なファイルをチェックして「リカバリー」をクリックすることで保存します。

認識できないハードディスク 復元3

また、USBメモリが壊れた場合でも、USBメモリの復旧が可能なので、ご心配なく、落ち着いて復旧を行いましょう。また、sdカード認識しない時にも、このソフトを利用して復元することも可能です。

USBメモリから消えたデータを復元する方法を紹介する動画

おまけ:USBフラッシュ・ドライブのデータ紛失を防ぐ方法

最近では、ほとんどのUSBフラッシュドライブが大容量で、数千もの文書、写真、映画、電子書籍などのデータを保存することができます。このような重要なデータを失うと、大きな問題になることがあります。

専門的なデータ復元ソフトウェアを使ってデータを取り出すこともできますが、データを復元する最善の方法は、事前にデータをバックアップしておくことです。

ここでは、USBメモリーのデータ損失を防ぐために役立つヒントをいくつか紹介します。

  • 定期的にデータをバックアップする
  • パソコンを最新バージョンに保つ  
  • 物理的な損傷を避ける
  • 突然の停電を防ぐ
  • USBメモリーを安全に取り外す

終わりに

USBフラッシュドライブは、今日最も使用されているポータブルデバイスの一つとなっています。その携帯性、大容量、堅牢性、高速性、使いやすさなどから、非常に高い人気を誇るようになりました。

しかし、他のメディアと同様に、USBデバイスもやはり故障しやすく、データの損失も起こります。EaseUSのトップUSB復元ソフトウェアは、失われたUSBデータを取り戻すための最も簡単な方法を提供します。

USBメモリ、ペンドライブ、SDカード、メモリーカードのデータを紛失してしまったら、できるだけ早くEaseUSに助けを求めてください。失ったデータを復元するのに遅すぎるということはありません。

USBメモリデータ復元に関するよくある質問

1.USBでなくしたデータを復元するのは可能?

USBでなくしたデータは主な二つの種類に分けられます。

  • 論理的削除
  • 物理による削除

1) 論理的削除とは、ファイルは実際には削除されず、ファイル名だけがファイルライブラリのディレクトリに置かれることで、ファイル名のバイトをOSが認識できない文字に変更するようになったことで、データ復元は可能です。

2) 物理的削除とは、ファイルの保存に使用される磁気記憶領域が実際に消去またはクリアされ、その時点でファイルが復元できなくなることを意味します。

注意:

USBメモリ内のデータが消失していることがわかったら、すぐに使用を中止してください。 そのまま使い続けると、新しいデータが元のデータを上書きしてしまい、データ復旧が成功する可能性が低くなります。 一般的に、削除やフォーマットをしても、データは永久に削除されず、データのインデックスのみが削除されます。 EaseUS Data Recovery Softwareを使えば、大切なデータ/ファイル/データをすぐに復元することができます。

2.おすすめのUSBのデータ復元無料ソフトは?

  • Top 1. EaseUS Data Recovery Wizard
  • Top 2. Recuva
  • Top 3. Stellar Data Recovery
  • Top 4. Disk Drill
  • Top 5. R-Studio
  • Top 6. Acronis Revive
  • Top 7. Remo Recover
  • Top 8. Recover My Files
  • Top 9. ファイナルデータ
  • Top 10. DiskDigger

3.USBのデータを復元するにはどのぐらい時間かかるの?

USBデータの復元にかかる時間は、データの量とファイル数によって大きく変わってきます。

データのサイズ次第、数分間から数時間までの時間をかかります。

しかし、データの量とファイル数両方が多い場合、数十時間以上かかってしまうケースもあるようです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ