> How to Use > 記憶媒体復旧 > USBメモリでドキュメントを復元する方法

USBメモリでドキュメントを復元する方法

2015-03-09 Posted by Bak to 記憶媒体復旧

概要:
[取り切り]でファイルを移したら、ドキュメントはパソコンから完全に消去されます。それで、ドキュメントはゴミ箱に残されません。しかし、Data Recovery Wizardなどの高機能で使いやすいファイル復元ソフトでファイルを簡単に復元できます。次はEaseUS Data Recovery WizardでUSBメモリでドキュメントを復元する方法を紹介します。

USBメモリのドキュメントを復元したいですが…

「USBメモリに文書を移したのですが、今開けようとしたところ、ドキュメントが消えてしまいました。パソコン切り取り→貼り付けで移したのですが、ゴミ箱にも見つかりません。復元方法がありませんか?復旧ソフトを使えば、パソコンから復元できますか?詳しい方よろしくお願いします。」

USBメモリでドキュメントの復元について

[取り切り]でファイルを移したら、ドキュメントはパソコンから完全に消去されます。それで、ドキュメントはゴミ箱に残されません。しかし、Data Recovery Wizardなどの高機能で使いやすいファイル復元ソフトでファイルを簡単に復元できます。USBメモリに保存したことがあれば、USBメモリをスキャンして、文書の復元ができます。USBメモリからも復元できない場合、パソコンから復元してみてください。データが上書きされていないかぎり、すぐに復元できると思います。

EaseUS Data Recovery WizardWindowsおよびMac OS X用の迅速、強力のデータ復元ソフトで、様々な原因によって消えてしまったWord、Excel、PowerPoint、PDF、テキストなどのファイルを簡単に復元できます。次はEaseUS Data Recovery WizardでUSBメモリでドキュメントを復元する方法を紹介します。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

3ステップでUSBメモリでドキュメントを復元する方法

Windows或はMac版のソフトをダウンロードしてインストールした後、復元したいUSBメモリをパソコンに接続します。そして、ソフトを実行します。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

最後に、復元したい文書を選択して、[リカバリー]をクリックして、ドキュメントを指定したパスに保存することができます。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
USBメモリを
復活する!

強力なスキャン機能で、USBメモリを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。