> How to Use > ファイル復旧 > 削除したExcel/エクセルファイルを復元する方法

削除したExcel/エクセルファイルを復元する方法

Bak

Bak

|カテゴリ:ファイル復旧| 2020年12月11日に更新

主な内容:

概要:

大事なエクセルファイルを誤って削除してしまったら、エクセルファイルをどう復元しますか?このページではMicrosoft Excel 97 (xls)、Microsoft Excel 2000 (xls)、Microsoft Excel 2003 (xls)、Microsoft Excel 2007 (xlsx)を含むエクセルファイルを復元する、簡単かつ無料の方法を紹介します。この方法に従って、ゴミ箱を空にしたとしても、エクセル(xls/xlsx)ファイルを復元することが可能です。

EaseUS Data Recovery Wizard

エクセル(Microsoft Excel)は日常生活で一番使われている表計算ソフトです。大量のデータを処理する時に、エクセルは非常に役に立ちます。エクセルで作成する文章は、基本的にはxlsファイル(Microsoft Excel 2007以前のバージョン)とxlsxファイル(Microsoft Excel 2007及びそれ以降のバージョン)となります。それでは、何らかの原因によって、重要なエクセルファイルを誤って削除してしまったら、復元することができますか?このページでは、拡張子がxlsとxlsxのファイルを含むエクセルファイルを無料で復元する簡単な方法をご紹介します。

エクセルファイルが失われた原因

エクセルが失われた最も見られる原因は下記のようになります。

  • ユーザーの意図的な操作(削除、フォーマットなど)
  • ユーザーの非意図的な操作(削除、フォーマットの誤操作、エクセルのクラッシュ、パソコンの不具合など)
  • ウィルスからの攻撃

ユーザーからのご報告から見ると、9割超の場合は、上記の原因でエクセルを紛失しました。

Excelファイル(xls/xlsxファイル)は復旧可能なのか

「先日、間違ってExcelファイルを削除して、ごみ箱に捨ててしまいました。その上、ごみ箱をもう空にしてしまいました。こういうように、Excelファイルを削除して、ゴミ箱を空にした場合、削除しちゃったExcelファイルは復旧することが可能ですか。」

上記のように、間違ってExcelファイルを削除して、ゴミ箱を空にした場合、Excelファイルが完全に削除されますが、強力のデータ復旧ソフトを使って、削除したExcelファイルを復元することが可能です。

削除したエクセルファイルが実際に復元可能!

エクセルを削除して、ゴミ箱を空にしたとしても、データ復旧ソフトによって復元可能な原因を紹介します。

エクセルファイルを削除して、更にゴミ箱を空にすると、ファイルを完全削除にしましたが、実にはエクセルファイルはすぐに完全に消失されていません。Windowsでファイルを削除するという構造は、そのファイルを隠し、それにファイルが保存されていた領域を「再利用可能」とするのです。元々ファイルが保存されていたその領域に新しいデータを書き込んでいない限り、ファイルは見えない形であそこに残っているので、データ復旧ソフトを使えば、ディスクを完全にスキャンし、削除したエクセルファイルを検出することができます。だから、ゴミ箱を空にした、又はエクセルファイルを完全削除したとしても、正確な対処を取れば復元することも可能です。

エクセルファイルが紛失後、正確に対処の流れ

エクセルファイルの損失が気づかれた後、まずはそのエクセルファイルが保存されていたストレージデバイスの利用をすぐにはやめるべきです。なぜかというと、上記に触れたように、元ファイルが保存されていた領域にデータを書き込むと復元はできなくなるからです。ストレージデバイスの利用をやめることで、元のファイルが上書きされないことを保証します。

ストレージデバイスの使用をやめてから、できる限り早くデータ復元を実行してください。時間的には早ければ早いほど、失われたエクセルファイルを復元できる可能性が高いです。ここでは、安全で使いやすいExcelファイル復元フリーソフトを利用して、数分間で削除したエクセルファイルを復元することができます。

フリーソフトで削除したエクセルファイルを復元する手順

EaseUS Data Recovery Wizard Freeは無料データ復元ソフトです。この人気の高いフリーソフトは、写真、動画、Officeファイル、メール、音楽などのファイルをパソコン、HDD、USBメモリ、SDカードから簡単で迅速に復元できます。Windows XP/Vista/7/8/8.1/10のゴミ箱を空にしても、次のステップに従って、エクセルファイルを取り戻すことができます。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でエクセル(Excel)ファイルを保存している場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。選択したディスクのスキャンを始めます。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

エクセルファイルのほかに、EaseUS Data Recovery Wizard FreeはほかのMicrosoft Office文書も復元できます。例えば、Word、Outlook、Access、PPT、PDFなどのファイル復元にも対応できます。

削除したファイルを復元する方法を紹介するビデオチュートリアル

自動保存で削除したExcel/エクセルファイルを復元する

また、Excelには自動保存という機能がありますので、Excel/エクセルファイルを削除しても、自動保存場所に自動保存ファイルがある可能性もあります。もしExcelに自動保存機能をオンにしている場合は、下記の方法に従って、Excel/エクセルの自動保存から復元することができます。

Excelの自動保存機能について

Excelの自動保存機能は、Excelファイルを編集中に5/10分間隔で保存する機能です。だから、もしこの機能をオンにしている場合は、Excelの内容が自動的に保存されます。だから、下記のExcel自動保存場所から復元していきましょう。

  • Excel(エクセル)の自動保存場所:C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Excel

Windows 10のファイルエクスプローラーで上記の場所を開き、自動保存場所からExcelファイルを復元しましょう。

Excelの自動保存場所の確認

もしExcelの自動保存場所を知らない場合は、下記のステップからExcelの自動保存場所を確認することができます。

  • 1.「ファイル」>「オプション」>「保存」の順にクリックします。
  • 2.「自動回復用ファイルの場所」で表示されている場所は、Excelの自動保存場所になります。

Excelの自動保存場所

まとめ

実際には、Excel/エクセルファイルを削除したか、何らかの原因によって紛失された後でも、ファイルを復元できる可能性も非常に高いのです。常に自動保存機能をオンにしている場合は、Excelの自動保存場所から簡単に復元することができますが、もし自動保存機能をオンにしていないか、自動保存場所からファイルを見つけれない場合は、EaseUS Data Recovery Wizardという専門のデータ復旧ソフトも非常に役にたちます。だから、エクセルファイルがなくなったとしても、落ち着いて復元作業を進みましょう。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ