> How to Use > Macファイル復元 > Macで未保存、又は完全削除のエクセルファイルを復元する方法

Macで未保存、又は完全削除のエクセルファイルを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: Macファイル復元 | 2021年04月01日に更新

概要:

プログラムの予想せぬクラッシュしたり、不適切な操作によって、Excelファイルが未保存されている場合はよく発生します。でもご心配は要りません。一時フォルダーと自動保存フォルダーから未保存のエクセルを復元することができますし、完全に削除したエクセルファイルもEaseUS Data Recovery Wizard for Mac によっ簡単に復元されます。

 

Macで未保存エクセルの復元について

Macの不具合、自分の誤操作、ハードディスクのフォーマット、又はウィルスの攻撃など、エクセルファイルがなくなった原因はたくさんあります。もし、エクセルはまだ保存していない場合は、パート1で紹介する2つの方法を参照して、未保存のエクセルの復元を試してください。もし、保存済みのエクセルが何等かの原因で消えてしまった場合、又は全くの自分の誤操作によってExcelを完全に削除した場合、パート2で紹介する方法に従って、簡単に取り戻せます。

パート1.Macで未保存のExcelファイルを復元する

Macでエクセルファイルを作成する時に、プログラムが急に応答なしになったり、強制終了になったりすることがよくあります。このような場合、エクセルファイルは常に未保存な状態です。

通常、Excelファイルを一からやり直すには、とても時間がかかります。だから、やり直す前に、下記の方法に従って、未保存のエクセルファイルの復元を試してみる必要があると思います。

方法1.一時なフォルダから未保存のエクセルを復元する

下記のステップに従って、一時フォルダ(Temporary/Temp)から未保存のExcelファイルを復元しましょう。

1.「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」の順にクリックしてターミナルコマンドを開きます。

2.ターミナルコマンドでopen $TMPDIRを入力してエンターキーを押します。

3.「TemporaryItems」フォルダで未保存のExcelファイルを見つけて復元します。

macで一時ファイルのフォルダを開きます

方法2.Macの自動保存から未保存のExcelファイルを復元する

万が一の場合を防ぐため、Excelには自動保存という機能が備えています。ソフトが予想せずにクラッシュしたりすると、自動保存からExcelファイルを復元する可能性があります。

自動保存は、Excelで使用できる新機能で作業中に数秒ごとにファイルが自動的に保存されます。MacでExcel利用する時に、自動保存をも使用できます。

予期しないシャットダウンの後、Excelを再開すると、自動回復ファイルを自動的に開くようになり、作業を回復します。回復されたファイルを残しておく場合は、ファイルを閉じたり編集したりする前に、すぐに保存する必要があります。
もしエクセルを再開して、回復ファイルが自動的にロードされていない場合は、下記の場所で、Excelの自動保存ファイルを探してみましょう。

ステップ1.アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」の順にクリックしてターミナルコマンドを開きます。

ステップ2.defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles true」を入力することで、全てのファイルを表示します。

ステップ3.Macのfinderで、「移動」→「フォルダへ移動」を選択して、下記の場所を入力して移動してください。

/Users/username/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

macでExcelの自動保存からファイルを復元

上記の場所で、全てのエクセルの自動保存ファイルを見つけることができます。

方法3.Macで完全削除した/紛失エクセルファイルを復元する

上記の2つ方法によって、未保存のエクセルファイルを復元できますが、消失・削除したエクセルファイルを復元することができません。だから、ここでEaseUS Data Recovery Wizard for MacというMac向けデータ復旧ソフトを皆さんに紹介します。何らかの原因によって消失したエクセルファイルをわずかの3ステップだけで復元してくれます。

上記のダウンロードボタンからすぐにソフトを入手して、削除した・消失したエクセルファイルを復元してみましょう!

1.ソフトを開き、初期画面で元々Excelファイルが保存していたドライブを選択した上、「スキャン」をクリックします。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeでエクセルファイルを復元する1
2.ソフトでクイックスキャンとディープスキャンが自動的に行われます。このプロセスによって、全て復元可能なファイルが表示されます。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeでエクセルファイルを復元する2
3.スキャンプロセスが終わったら、復元したいExcelファイルを選択し、「今すぐ復元」をクリックします。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeでエクセルファイルを復元する3

ヒント:このデータ復旧フリーソフトは2GBまでリカバリできます。それ以上の復元容量が必要となる方は、是非このソフトの製品版を検討してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。