> How to Use > データ復旧 > 修正:Excelファイル拡張子が正しくありません

修正:Excelファイル拡張子が正しくありません

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年05月08日に更新

概要:

Excel 2007/2010/2013/2016で.xlsxファイルを開こうとした場合、「Excelファイル’○○○xlsx’を開くことができません。ファイル形式またはファイル拡張子が正しくありません。」というエラーメッセージが出て来た場合、どうすればいいのでしょうか。この記事では、ドキュメントにアクセスさせる有効な対処法を紹介します。

 

ファイルの拡張子は正しくありません!

Excelファイル’○○○xlsx’を開くことができません。ファイル形式またはファイル拡張子が正しくありませんというエラーメッセージは、ファイルに破損がある、またはファイルの形式が間違っていることを意味しています。
この問題を解決するために、この記事ではどうやってファイルを修復するのか、エクセルファイルを復元する方法を紹介していこうと思います。

こちらもお見逃しなく:対処法:「エクセル/Excelは動作を停止しました」問題

Excelファイル拡張子が正しくありませんを修復するヒント

  • ヒント1.拡張子を変更
  • ファイルを他の場所にコピーして、拡張子を.xlsに変更して開くことができるかどうかをチェックしてください。
  • ヒント2.セーフモードでエクセルファイルを開く
  • Win+Rを同時に押し、excel.exe /safeを入力し、okをクリックすることで、セーフモードでエクセルを開くことができます。セーフモードでそのファイルを開くことができるかもしれません。
  • ヒント3.Google Docsを使ってエクセルファイルを開く
  • 多くのユーザーから、エクセルファイルが開けられない場合、Google Docsを使えば、開けることもあります。

注意:ファイル形式とファイル拡張子が一致しませんのエラーで、そのエクセルファイルも開けなくなるケースもよくあります。ここで注意しなければならないのは、そのファイルを開く前に、ファイルのソースを信頼するかどうかを決定することが極めて重要です。ファイルの発信者が信頼できるソースであることを確認できなければ、ファイルは開かないでください。 ハッカー が、Excel でファイルを開くように誤解させる目的でファイルの名前を変更した可能性もあります。

解決策:エクセルが.xlsxファイルを開けないエラー

上記の3つのヒントを試してみても、エラーが依然として存在する場合、次に更に詳しい解決策を紹介します。

方法1.エクセルの修復機能を使用

1.エクセルのメニューバーで「ファイル」を選択し、「開く」を選択します。

2.開きたいファイルを選択し、「」を選択、「開いて修復する(E)」をクリックします。

3.表示されているダイログボックスの「修復」をクリックします。そうすればエクセルは自動的にファイルを修復します。なお、修復に失敗した場合、「データの抽出」をクリックすることで、自分がほしい一部のデータだけを抽出することができます。

方法2.「以前のバージョン」で回復

1.エラーが発生しているファイルを右クリックします。

2.「プロパティー」を選択します。

3.プロパティの画面が現れ、画面上部の「以前のバージョン」をクリックすると、以前のバージョンを閲覧することができます。

4.それら以前のバージョンから、回復したいバージョンを選択したうえで「復元」ボタンをクリックして下さい。

注意:この機能は以前のバージョンに回復されるだけで、最近変更したファイルの内容は失われるので要注意

方法3.自動回復から未保存のエクセスファイルを復元

自動回復を有効にした場合は、この方法が有効です。

ステップ1: [ファイル]>[情報]>「バージョン履歴」で前のバージョンを選択します。

ステップ2:エクセルで選択したファイルを開き、上部の「復元」をクリックします。

ちなみに自動回復を設定しないユーザーは以下の手順を参考して自動保存を有効にしてください。

1.「ファイル]>下の[オプション]を選択します。

2.「Excelのオプション]ダイアログが開き、[保存]>「ブックの保存」欄の「次の間隔で自動回復用データを保存する」にチェックが入っていることを確認します。

方法4.エクセルファイルを復元する

以上のすべての対策が役に立たなかった場合も、諦めないでください。ここで、究極の対策を紹介します。それは高機能の無料データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardでファイルを復元することです。このツールはエクセルファイルに対応するだけではなく、ワード、パワポなどいろいろなファイルを復元することができます。しかも、破損しているエクセルファイルを修復する可能性があります。また、Vectorのプロレジ大賞を何回に受賞したことがあります。第三者から認めされたから、安心して使えるソフトです。無料ですので、ご興味がある方、是非試してみてください。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でエクセル(Excel)ファイルを保存している場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。選択したディスクのスキャンを始めます。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

まとめ

「ファイル形式またはファイル拡張子が正しくありません」というエラーの修正方法が詳しく紹介している同時に、破損したExcelファイルの復元に役立つ有効のツールも提供しました。とくに、無料データ復元ソフト―EaseUS Data Recovery Wizardを使うことで、何かご不明なところがあればで、日本語対応サポート[email protected]にお問い合わせください。ぜひ無料ダウンロードしてみてくださいね。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。