> How to Use > ファイル復旧 > 対処法:「エクセル/Excelは動作を停止しました」問題及びファイル復旧

対処法:「エクセル/Excelは動作を停止しました」問題及びファイル復旧

2017-07-26 16:19:48 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
「Windowsでエクセル/Excelが予期せぬ動作停止をしました。この問題は解決できますか・・・ファイルを保存していなかったのですが、全部やり直すしかありませんか。」そういう質問に対して、この記事では、 Microsoft Excel 2007, 2010, 2013, 2016が予想せずに動作を停止した場合、その解決方法及びまだ保存していないファイルの復元方法を皆さんにご紹介します。

保存しようと思う時にMicrosoft Excel 2016の動作が停止された

「仕事でノートパソコンを使って作業をし、エクセルファイルを保存しようと思っていた途端に、Microsoft Excelは動作を停止しましたという表示が出てきて、ソフトを終了するしかありませんでした。全部やり直したらとても時間がかかるので、何とかそのエクセルファイルを復元できませんか。助けてください、お願いします!ちなみに、使っていたのはMicrosoft Excel 2016です。」

「Microsoft Excelは動作を停止しました」

エクセルファイルを保存しようと思う時に、Microsoft Excelが急に応答できなく、なにも操作できない状態になってしまいました。その後すぐ「Microsoft Excelは動作を停止しました」という小さいウィンドウが出てきて、プログラムを終了しました。これはMicrosoft Excelの全バージョン(Microsoft Excel 2007, 2010, 2013, 2016)でよく発生している問題のようですが、その場合、どうやって解決すればいいんでしょうか、どうやったらファイルを取り戻せますか。以下で、エクセル/Excelは動作を停止しましたという問題の解決方法、および保存していないエクセルファイルの復元方法を皆さんに紹介します。

お見逃しなく:Excelファイルが開かない時の対処とデータ復元

おススメ記事:Excelの自動保存ファイルの保存場所はどこ?

Microsoft Excelは動作を停止しました。

「Microsoft Excelは動作を停止しました」原因

  • Excelをアップデートしていない
  • Excelを別のプロセスに使っている
  • アドインに問題があり、Excelとの間で干渉したり競合したりしている。
  • Excelファイルが異なるバージョン上で編集された
  • Excelファイルが複数人に共有され、編集された
  • Windowsによって起動され、バックグラウンドで実行されるアプリケーションやサービスがある
  • Officeプログラムに問題がある
  • ウイルス対策ソフトウェアが最新でなく、Excelと競合している

「Microsoft Excelは動作を停止しました」問題解決

方法1.セーフモードでエクセルを開き、アドインを無効

1.「ツール」メニューの「セキュリティ センター」をクリックし、「アドイン」 をクリックします。
2.「アドイン」ボックスで、有効または無効にするアドインを特定し、「種類」列にあるアドインの種類をメモします。
3.「管理」ボックスでアドインの種類を選択し、「設定」をクリックします。

方法2. Officeアプリケーションの修復機能

1.「スタート」ボタンを右クリックして、「プログラムと機能」を選択します。

2.修復するMicrosoft Office製品(Microsoft Excel)を右クリックして、「変更」を選択します。
3.「Office プログラムを修復する」画面で、「オンライン修復」を選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認し、「修復」をクリックします。「クイック修復」オプションも利用できます。このオプションでは、より迅速に修復を実行できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです。

「エクセル/Excelは動作を停止しました」開かない/保存していないファイルを復元

ここで高機能のエクセル修復無料ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにご紹介します。今すぐダウンロードし、インストールしてください。エクセルファイルを復元することに役に立つかもしれません。

無料で使えるエクセル復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • エクセルファイルの他、3400種類のファイルを無料で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアからエクセルを復元可能!
  • 復元の前に、エクセルの内容を事前に確認可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.14
 

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でエクセル(Excel)ファイルを保存している場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。選択したディスクのスキャンを始めます。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

以上の操作で、削除/紛失/フォーマットしたエクセルファイルを復元することが可能です。

Windows Updateで最新バージョンへ更新するか、Microsoft社の問題解決についての指示を把握しましょう!

時々、2019/1/2のWindowsアップデートにより、エクセルが急に開かなかったり、動作が停止したりする可能性があります。エクセルが日常生活で最も使われているソフトとして、一旦バグが発生すると、大きな悪影響を及ぼす可能性が高いので、Microsoft側ももちろん素早くこのバグを修正します。そこで、Windowsの最新バージョンがリリースされ次第、最新バージョンへ更新することで、「エクセルの動作が停止しました」エラーを効率的に解決できます。また、Microsoft社がバグを修正を促進する新しいバージョンをすぐにはリリースしない時、Microsoft社が何らかの問題解決の方法を指示することが多いです。新しいバージョンがリリースされない場合は、Microsoft社の問題解決についての指示を明確に把握しましょう。

例えば:やじうまWatchの記事によりますと、1月2日に提供が開始されたWindows Updateの新元号対応アップデートの適用により、Excelが強制終了する不具合が各地で発生している。これは1月2日に提供が開始されたExcel 2010用の更新プログラム「KB4461627」によるもので、インストールすることによりExcelが起動しなかったり、操作しようとすると強制終了する不具合が発生しているというもの。ちょうど正月休みに重なったことで、先週末4日が仕事始めだった人がこの不具合に直面したケースが、Twitterなどで相次いで報告されている。Microsoftも5日になって事態を把握し、更新プログラムをアンインストールする案内を開始しているが、今日7日が仕事始めという人は注意したほうがよさそうだ。

以上の操作手順によって、「Microsoft Excelは動作を停止しました」という問題を解決できるはずです。それでは次に開かない/保存していないファイルを復元する方法をご紹介します。

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。