> How to Use > データ復旧 > データ損失なしでMFT破損エラーを修復する方法

データ損失なしでMFT破損エラーを修復する方法

Bak | カテゴリ: データ復旧 | 2019年04月12日に更新

概要:

Master File Table(MFT)ファイルが破損されるエラーが出て、ディスク上のデータへの読み書きができなくなってしまいました。どうすれば、データ損失なしでMFT破損エラーを修復できるでしょうか。その方法を皆さんにご紹介いたします。

 

皆さんは、「MFT破損」というエラーに遭ったことありますか。ディスクで「MFT破損」エラーが発生したら、そのディスクへのすべての読み書き操作は禁止されます。保存されたデータへのアクセスもできなくなり、結局はデータ紛失と同じことです。どうすれば、MFT破損エラーを修復でき、読み書き不能のデータを全部救出できるでしょうか。

MFTとは?

MFT(Master File Table):NT File System(NTFS)において、ファイルシステム上に存在するすべてのファイルのエントリを管理するファイルである。MFTには$Mftというファイル名が割り当てられMFT自信もMFT上にエントリが存在する。

簡単に言うと、パーティション内のどこにどんなファイルがあるかを記録しているもので、つまり、MFTはNTFSというファイルシステムのインデックスと言えます。

このMFTが破壊されてしまうと、そのパーティションに対して正常なアクセスができなくなってしまいます。

MFT破損エラー修復

では実際に、MFTエラーに遭ってしまったら、どうしますか?ディスクへの読み書き操作ができなくなり、データ損失なんてことは避けたいですよね。

ご安心ください。ちゃんと対処法があります。オススメのソフトウェアについても以下で紹介していますので、試してみてください。手順も示してあります。

「MFT破損エラー」が発生した?

ご心配なく、ここで、MFT破損による読み書き不能のデータを救出できるデータリカバリソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。簡単なステップで、損壊されたディスクからデータをリカバリできます。では、実際にデータ復活をやってみましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

MFT破損ディスクからデータを救出する

ステップ1.エラーが発生したディスクをパソコンに接続して、ソフトを開きます。そして、初期画面でそのディスクを選択した上、「スキャン」をクリックします。

エラーディスク 復元1

ステップ2.エラーが発生したディスクへのスキャンプロセスが自動的に実行されます。このスキャンプロセスは、エラーディスク上のすべての復元可能なファイルを検出するためのプロセスです。

エラーディスク 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わったら、ファイルを復元するには、検出できたファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。(目標ファイルをもっと素早く特定するため、上部メニューのフィルダーをクリックしてファイル種類で絞り込むことが可能です。)

エラーディスク 復元3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。