> How to Use > データ復旧 > 解決済み:GPEDIT.MSCが見つかりません【Windows 11/10】

解決済み:GPEDIT.MSCが見つかりません【Windows 11/10】

kenji

kenji |カテゴリ:データ復旧| 2022年06月28日に更新

主な内容:

概要:

コンピュータでグループポリシーまたはgpedit.mscを検索すると、「GPEDIT.MSCが見つかりません」というエラーメッセージが表示されることがありますが、名前が正しく入力されていることを確認してからもう一度試してみてください。この記事では、Windowsがgpedit.mscを見つけられない問題を安全に修正する方法と、Windows 10/11で失われたデータを簡単に復元する方法について説明します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows OSを使用している最中に「GPEDIT.MSCが見つかりません」のようなエラーが飛び込んでくることがあります。ファイルをアクセスできないまたはプログラムを実行できない時、さぞイライラするでしょう。

このエラーは、ローカルグループポリシーエディターが有効になっていないことを示しています。

もし、あなたもこのエラーに直面しているなら、この記事はあなたのためのものです。ここでは、さまざまな使いやすい方法でこのエラーを修正することについて説明します。また、グループポリシーエディターとその効率性についても説明します。

GPEDIT.MSCが見つかりません

関連記事:エラーコード:0xc00000e9が発生する時の対処法やデータ復旧

ローカルグループポリシーエディターとは

ローカルグループポリシーエディターは、Windowsの設定を管理するためのプログラムです。スタートメニューの操作方法から、PC上で実行可能なプログラムの変更まで、あらゆる変更に使用することができます。グループポリシーエディターは強力なツールであり、何かを変更する前にその動作を把握することが重要です。

さらに、グループポリシーエディターは、管理者がコンピューターやネットワーク上の設定を管理するためのMicrosoft Windowsの機能である。例えば、グループポリシーエディターを使用すると、プログラムの実行、ファイルへのアクセス、レジストリキーの参照など、ユーザーがコンピューター上でできることを制御することができます。

ローカルグループポリシーエディターとは

グループポリシーエディターは強力なツールと考えられており、システムに重大な変更を加えるために使用される可能性があります。そのため、管理者は、変更を加える前に、まずグループポリシーエディターがどのように機能するかを把握する必要があります。

WindowsでGPEDIT.MSCが見つからないエラーの紹介

Windows 10コンピュータで「GPEDIT.MSC が見つかりません」エラーが発生した場合、お使いのWindows 10のバージョンにグループポリシーエディターが含まれていないか、インストールされていない可能性があります。

gpedit.mscが見つかりません

このエラーは、さまざまな方法で取り除くことができます。例えば、このエラーを解決するために、Windows OSを修復または更新する必要がある場合があります。また、バッチファイルを使用してグループポリシーエディターを有効にすることも選択肢の1つです。

つまり、このエラーを解決するには、Windows OSをアップデートするか、グループポリシーエディターを有効にする必要があるのです。

Windows 10/11でGPEDIT.MSCが見つからない場合の対処方法

そこで、ご紹介したように、様々な方法で「GPEDIT.MSC が見つかりません 」エラーを修正することができます。ここでは、このエラーを解消するための6つのステップバイステップメソッドを紹介しました。では、それぞれの方法がどのように作用するのかを確認してみましょう。

Windowsをアップデートする

このエラーを解決するには、Windows 10 のバージョンを Pro 以上にアップグレードするだけです。以下の手順で行うことができます。

ステップ1.「スタート」をクリックし、「設定 」に進みます。設定メニューの中から、「Windows Update」をクリックします。

ステップ2. 「今すぐダウンロードしてインストールする」オプションを選択します。

Windowsをアップデートする-1

ステップ3. アップグレード後は、問題なくGPEDIT.MSCにアクセスできるはずです。

システムファイルチェッカーを実行する

また、システムファイルチェッカーツールを使用して、システム上の破損したファイルをスキャンして修正することもできます。ここでは、その方法を説明します。

ステップ1.キーボードのWindowsキー+Xを押して、表示されたメニューから「コマンドプロンプト」を管理者として実行します。

ステップ2.コマンドプロンプトに次のコマンドを入力します:sfc /scannow、そしてEnterキーを押します。これにより、コンピュータ上のすべてのシステムファイルのスキャンが開始され、破損していることが判明したファイルの修復が試みられます。

システムファイルチェッカーを実行する

ステップ3.スキャンが完了したら、コンピュータを再起動し、GPEDIT.MSCをもう一度開いてみてください。これで問題なく動作するはずです。

スクリプトを作成して実行する

ステップ1:「メモ帳」を実行します。

ステップ2:メモ帳に次の内容をそのままコピーしてください。(*改行も含めてそのままコピーしてください)

@echo off

pushd "%~dp0"

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3*.mum >List.txt
dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3*.mum >>List.txt
for /f %%i in ('findstr /i . List.txt 2^>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i"


pause

ステップ3:「ファイル」「名前を付けて保存」を選択します。

スクリプトを作成して実行する-1

ステップ4:ファイル名に「gpedit.txt」と入力して「保存」をクリックします。

ステップ5:作成したファイル「gpedit.txt」を右クリックして「名前の変更」を選択します。ファイル名で「.txt」が省略されている場合は、エクスプローラーの「表示」→「ファイル拡張子」にチェックを入れて下さい。

ステップ6:ファイルの拡張子部分を「.txt」から「.bat」に書き換えて「gpedit.bat」にしてEnterキーを押します。

スクリプトを作成して実行する-2

ステップ7:「gpedit.bat」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

Windowsを再インストールする

システム修復がうまくいかなかった場合は、Windows OSの再インストールをご検討ください。インストールしたばかりのWindows 10/11(Pro版以上)であれば、そのような問題は発生しません。そこで、ここではWindowsを再インストールするための簡単な手順をご紹介します。

関連記事:Windows 10を工場出荷時設定へリセットする方法

重要:先に大事なデータをバックアップしておいてください。

ステップ1. 「設定」から「回復」に進みます。

ステップ2「開始する」オプションを選択します。

Windowsを再インストールする-1

ステップ3.ここで「このPCをリセット」をクリックすると、青い画面が表示されます。書いてある通り、2つのオプションを選択することができます。ファイルを残して他の設定を削除したい場合は、「ファイルを保持する」をクリックします。一方、クリーンインストールを行いたい場合は、「すべてを削除」をクリックします。

Windowsを再インストールする-2

Windowsを再インストールする-3

Windowsを再インストールする-4

ステップ4. 1つのオプションを選択すると(上述)、Windowsが再インストールされます。

Windows 10/Windows 11で失われたデータを復元する方法

どのような方法であれ、ここで一番気になるのはデータの喪失を防ぐことでしょう。 EaseUS Data Recovery Wizardは、ここであなたをサポートします。

EaseUS Data Recovery Wizard は、このようなエラーを迅速かつ便利に取り除きたいユーザーにとって完璧なオールインワンデータ復元ツールです。機能を満載したこのデータ復元ソフトウェアでは、数分のうちにドキュメント、ビデオ、オーディオファイル、重要なシステムファイルなど、あらゆる形式のデータファイルを復元することができます。

あなたのシステムは、いくつかの破損したファイルのためにクラッシュした、または全く起動されていないかどうか、あなたはあなたのデータファイルを回復するためにこのツールを使用することができます。それは100%安全でセキュアです。

あなたが使用しているWindowsのバージョンに関係なく、それはWindows 11/10/8/7である、このツールは、その重要なデータを取り戻すのに不足はありません。それは空になったごみ箱、HDD、SSD、SDカード、ペンドライブ、USBフラッシュドライブ、カメラ、等のファイルを復元することができます。

関連記事:保存し忘れのPowerPoint(パワポ)ファイルを復元する方法

Step1.インストール済みのWindows 10でこのEaseUS Data Recovery Wizardを実行してください。次に、スキャンを行うディスクを選択してから、スキャン開始します。

windows 10をインストールした後 データ復元1
Step2.スキャン完了後、左側にリストされたフォルダからお探しのデータを確認してください。フィルターでデータ種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。また、検索ボックスで直接にデータ名を検索することも可能です。

windows 10をインストールした後 データ復元2
Step3.確認できたデータをチェックしてリカバリーすると、指定場所に復元することができます。

windows 10をインストールした後 データ復元3

結論

ですから、今回ご紹介した方法で、Windows 11/10のGPEDIT.MSCが見つからないエラーを簡単に修正することができます。しかし、さらに優れた簡単な方法として、EaseUS Data Recovery Wizardをダウンロードすることができます。

このデータ復元ツールは、データ損失内のそのような技術的なエラーを取り除くのに役立ちます。きれいなインターフェースを持ち、文書やビデオファイル形式など、あらゆるタイプのデータを復元することができます。それらすべてをサポートしています。さあ、今すぐEaseUS Data Recovery Wizardをダウンロードしてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ