> How to Use > ファイル復旧 > 保存し忘れのPowerPoint(PPT)ファイルを復元する方法

保存し忘れのPowerPoint(PPT)ファイルを復元する方法

2019年02月26日に更新

筆者: Tioka

ファイル復旧
概要:
このページでは、PowerPoint(PPT)ファイル復元ソフトを使って削除した、または保存し忘れのPowerPoint(PPT)ファイルを復元する方法を取得することができます。EaseUS Data Recovery Wizard、Windows 10/8.1/8/7で動作可能なデータ復旧ソフトで削除した、または保存し忘れのPowerPoint(PPT)ファイルを完全に復元してくれます。

プレゼンテーションのために、PowerPointはとても不可欠なツールだと思われます。しかしながら、自分の不注意等の原因により、PowerPoint(PPT)ファイルを削除してしまった場合、どうしたらいいですか。この記事では、削除の誤操作によって消えてしまったPowerPoint(PPT)ファイルを取り戻すことができます。

削除した/消えたPowerPoint(PPT)ファイルを復元する

無料なデータ復旧ソフトーEaseUS Data Recovery Wizardは、超直感的なインターフェースで、専門知識などがなくても、容易に削除?消えたデータを復元してくれますので、このソフトを使って、たったの3ステップだけで削除した/消えたPowerPoint(PPT)ファイルを復元することができます。下記はEaseUS Data Recovery Wizardで、削除した?消えたPowerPoint(PPT)ファイルを復元する3ステップの詳細を紹介しますので、復元したい方は参照して下さい。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でPowerPointファイルを保存している元ディスクを選択してください。それから「スキャン」をクリックして選択されたディスクのスキャンを始めます。

PowerPointを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.ディスクのスキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたPowerPointファイルをすべて確認することができます。

PowerPointを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいPowerPointを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、PowerPointの元場所と異なるディスクを選択してください。

PowerPointを復元するステップ3-ファイルの保存

保存し忘れのPowerPoint(PPT)ファイルを復元する

パワーポイントの自動保存機能をオンにされる(黙認はスイッチオン状態)と、ファイルを保存されなくても、PowerPointの自動保存場所からファイルを復元できると思われています。ただし、未保存の新規ファイルと未保存の既存ファイルの自動保存場所は違うので要注意。

未保存の新規ファイルの自動保存場所:

C:\Users\プロファイル\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFilesフォルダにpptファイルとして保存されます。(場所の変更はできません。)

未保存の既存ファイルの自動保存場所:

C:\Users\プロファイル\AppData\Roaming\Microsoft\PowerPointフォルダが作成されて「ファイル名+ランダムな文字列」フォルダに保存されています。

上記の場所に移動して、自動保存ファイルがある場合、ファイルをPowerPointで開いて保存すると、復元できるでしょう。

 

 

無料で
USBメモリを
復活する!

強力なスキャン機能で、USBメモリを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。