> How to Use > ファイル復旧 > PowerPoint(パワーポイント)が動作停止、応答しない時の対処法

PowerPoint(パワーポイント)が動作停止、応答しない時の対処法

2019-01-23 11:04:16 Posted by Tioka to ファイル復旧

概要:
Windowsの更新プログラムを更新した後、PowerPoint(パワーポイント)を開いてすぐ動作停止になったら、どうしたらいいですか。また、不明な原因でPowerPoint(パワーポイント)が動作停止、応答しなくなる時は、どのように対処すればいいですか。この記事では、PowerPoint(パワーポイント)が動作停止、応答しない時に、役に立つ対処法を皆さんに紹介します。

「明後日発表があるので、パワーポイントを準備しないといけません。でも、先PowerPoint(パワーポイント)が予想せずに動作停止したので、もう作成したものは全部なくなりました。PowerPoint(パワーポイント)の作成は本当に時間がかかりますので、全部やり直すのは多分間に合えるかなってちょっと心細いです。どうにかしてなくなったPowerPoint(パワーポイント)の動作停止問題を解決してファイルを取り戻せますか。」

PowerPoint(パワーポイント)の動作停止問題について

PowerPoint(パワーポイント)の作成中に、パソコンの不具合、Windowsのバグなどのことで、「PowerPointは動作を停止しました」、または「PowerPointは動作を停止しています」っていう小さいウィンドウが表示されて、PowerPoint(パワーポイント)が応答しなくなります。この時に、OKボタンをしか押せない状態ですが、一旦OKボタンをクリックすると、PowerPoint(パワーポイント)が閉じられ、ファイルもなくなります。

PowerPoint(パワーポイント)の動作停止、応答しない時の解決法

PowerPoint(パワーポイント)の動作停止、応答しないのは、MS Officeの日常使用中に最も見られる問題です。下記の対処法に従って、この問題を解決できます。

方法1.セーフモードでワードを開き、アドインを無効

1.「ツール」メニューの「セキュリティ センター」をクリックし、「アドイン」 をクリックします。
2.「アドイン」ボックスで、有効または無効にするアドインを特定し、「種類」欄にあるアドインの種類をメモします。
3.「管理」ボックスでアドインの種類を選択し、「設定」をクリックします。

方法2. Officeアプリケーションの修復機能

1.「スタート」ボタンを右クリックして、「プログラムと機能」を選択します。

2.修復するMicrosoft Office製品(Microsoft PowerPoint)を右クリックして、「変更」を選択します。

3.「Office プログラムを修復する」画面で、「オンライン修復」を選択して、修復する項目がすべて選択されていることを確認し、「修復」をクリックします。「クイック修復」オプションも利用できます。このオプションでは、より迅速に修復を実行できます。ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです。

方法3. Windowsを最新のバージョンへアップグレード

一般的には、Windows OS側のバグも、Microsoft Officeが不意に動作停止の原因となる可能性もあるので、こういうバグがあったら、Microsoft者は素早くこのようなバグを修正すべきと思うので、もし、このエラーが続く場合、Windowsを最新バージョンにアップグレードすることで、Microsoft PowerPointの動作停止問題を解決できるかもしれません。

PowerPoint(パワーポイント)の動作停止、応答しない時のデータ復旧

このような時に、何時間がかかって作成したファイルがなくなっても落ち着いてください。下記は役に立つPowerPoint(パワーポイント)ファイルの復元方法を2つ紹介するので、この2つの方法を一々試していれば、ファイルを復元する可能性は高いです。

方法1.PowerPoint(パワーポイント)の自動保存から未保存ファイルを復元

パワーポイントの自動保存機能をオンにされる(黙認はスイッチオン状態)と、ファイルを保存されなくても、PowerPointの自動保存場所からファイルを復元できると思われています。ただし、未保存の新規ファイルと未保存の既存ファイルの自動保存場所は違うので要注意。

未保存の新規ファイルの自動保存場所:

C:\Users\プロファイル\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFilesフォルダにpptファイルとして保存されます。(場所の変更はできません。)

未保存の既存ファイルの自動保存場所:

C:\Users\プロファイル\AppData\Roaming\Microsoft\PowerPointフォルダが作成されて「ファイル名+ランダムな文字列」フォルダに保存されています。

上記の場所に移動して、自動保存ファイルがある場合、ファイルをPowerPointで開いて保存すると、復元できるでしょう。

方法2.なくなったpptファイル/pptの自動保存ファイルを復元する

上記の場所を確認して、自動保存ファイルがない場合、復元するには強力的なデータ復旧ソフトを使ってください。ここで、Data Recovery Wizard Freeという無料復元ソフトがおすすめです。3ステップで、なくなったpptファイル/pptの自動保存ファイルを復元することができます。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でPowerPointファイルを保存している元ディスクを選択してください。それから「スキャン」をクリックして選択されたディスクのスキャンを始めます。

PowerPointを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.ディスクのスキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたPowerPointファイルをすべて確認することができます。

PowerPointを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいPowerPointを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、PowerPointの元場所と異なるディスクを選択してください。

PowerPointを復元するステップ3-ファイルの保存

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。