> How to Use > ファイル復旧 > 削除された圧縮ファイルを復元する方法

削除された圧縮ファイルを復元する方法

Bak | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年11月04日に更新

概要:

圧縮ファイルを誤って削除して、或いは圧縮ファイルの中身の一部が破損状態で開けなくなったことはよく起こっています。どうすれば削除された圧縮ファイルを復元できるでしょうか?その方法を皆さんに教えます。

 

「ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、その中身をパソコンに保存していました。この間、ファイルを開こうとしていたところ、「ファイルが破損されました」と提示され、開けなくなりました。元の圧縮ファイルをもう一度ダウンロードして解凍するとファイルが復元できると思いますが、なかなかダウンロードリンクが見つかりませんでした。圧縮ファイルを復元する方法がありますか?あれば是非教えてください!」

圧縮ファイルが破損された原因

多くのユーザー様は、ZIPなどの圧縮ファイルが破損された原因が分からないかもしれません。 圧縮ファイルを元に戻すため、その原因が明確して適切な対処法を採用することが不可欠だと思います。

原因

  • 転送エラー
  • ファイルを保存している外部機器の故障
  • ウイルス感染
  • 急な停電やシステムシャットダウン
  • 解凍ソフトが非対応

など

圧縮の仕方

圧縮ファイルは、データの内容を変えずにデータのサイズが小さくなります。そこで、多くのユーザーはPCのストーレージを占めないように圧縮ファイルを多く使われます。その中に、ZIP圧縮ファイルは世界で最も一般的に使われています。しかし、ほかにも、様々な圧縮ファイル形式があります。各形式によって特徴があります。以下の表で各圧縮ファイルの形式の特徴をまとめました。
 表:圧縮ファイルの特徴

zip     パソコンに標準的に搭載されているため、世界で最も一般的に使われている。

rar

ヨーロッパで普及。zipよりも圧縮率が高いが、有料ソフトを使う必要がある。

7z

zip形式の後継、高い圧縮率を誇る新しい形式。

LZH

日本国内で普及。圧縮・解凍スピードが速い。Macの場合は解凍するためのソフトウェアのダウンロードが求められる。

圧縮ファイルを復元する方法

上記状況に応じて、自分で圧縮ファイルを復元できる方法を紹介します。破損された圧縮ファイルが復元できます。また、削除した圧縮ファイルがゴミ箱にないなら、既にパソコンから完全消去したと思います。復元ソフトを利用して復元することができます。

EaseUS Data Recovery Wizardは、高機能で使いやすいデータ復旧ソフトです。ZIP、RAR、LZH、ISO、TAR、ACE、CAB、GZIP、ARJなど、あらゆる形式の圧縮ファイルの復元に対応できます。また、ウイルス感染や解凍ソフト非対応などの全ての原因によって破損された圧縮ファイルが復元できます。さらに、消えた圧縮ファイルの中身を問わず、動画、写真、ドキュメント、音楽、メールなど、いかなるファイルの種類に対応しています。

EaseUS Data Recovery Wizardで圧縮ファイルを復元する手順

Step1.「EaseUS Data Recovery Wizard」をインストールして、インタフェースですべてのディスクとドライブがリスクされています。削除したファイルの保存場所を選択し、「スキャン」ボタンをクリックします。

削除したファイルを復元するステップ1

Step2.次はスキャン画面に入ります。先には削除されたファイルは検出します。ここでデータを絞り込んでふくげんできますが、スキャンのプロセスが終了するまで待つのがおすすめです。

削除したファイルを復元するステップ2

Step3.スキャンが終わると、復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることで削除したファイルを復元できます。削除の操作でファイルの名前やプロパティなどを紛失する可能性もあるので、「復元候補」のなかで探すことができます。

削除したファイルを復元するステップ3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。