> How to Use > データ復旧 > 対処法:エラーコード0xc0000225でWindowsが起動できません

対処法:エラーコード0xc0000225でWindowsが起動できません

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年05月10日に更新

概要:

マスタブートレコードが破損になった場合、「Windowsブートマネージャー」エラーになり、パソコンが起動できなくなります。本文では、エラーコード0xc0000225でWindowsが起動できない問題に対して、最も簡単な対処法を取得することができます。ちなみに、起動できないパソコンから重要なデータをまず救出したいなら、この記事では大切な対策を取得することもできます。

 

BOOTMGR(Windowsブートマネージャー)とは、Windows 10/8/7Vistaの起動に使用されている不可欠なシステムツールです。Windowsパソコンを起動すると、Windowsブートマネージャーは、winload.exeというファイルを実行し、オペレーティングシステムをロードしてくれます。

windowsブートマネージャーが起動できない

Windowsブートマネージャーが起動に失敗した原因とは?

マスタブートレコードが破損になった場合、パソコンを起動しようとする時に、「Windowsブートマネージャー起動できません」というエラーメッセージが表示されます。この問題が起きる原因は下記のようになっていると思います。

  • マルウェアへの感染
  • MBR(マスタブートレコード)の破損
  • ハードウェア/ソフトウェアの紛失
  • 予想せぬパソコンのシャットダウン及びクラッシュ
  • ......

「Windowsが起動できません」問題は、非常に頻発されている問題です。上記の内容で触れたように、この問題が発生する原因といえば、マスタブートレコードの破損にあります。マスタブートレコードが破損になると、Windowsブートマネージャーがオペレーティングシステムのローダーを見つけことができなくなります。だから、「Windowsブートマネージャーが起動できません」エラーを修復するために、一番直接な方法は、mbr(マスタブートレコード)を修復することです。

それでは、次は、詳細な方法を皆さんに紹介します。

方法1.Bootrec.exeを実行してBCDを再構築

Windowsには、Bootrecという内蔵のツールがあります。このツールを使ってMBRを修復することで、Windowsブートマネージャーが起動的ないエラーを簡単に修復することができます。それでは、下記のステップを参照して、BCDを再構築しましょう。

ステップ1.F8キーを押しながら、Windowsパソコンを起動して、Windows回復オプションのメニューを呼び出します。

ステップ2.トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「コマンドプロンプト」の順にクリックします。

回復オプションでコマンドプロンプトを起動

ステップ3.コマンドプロンプトでBootrecツールを利用するために、下記のコマンドラインを1つごとに入力する度、エンターキーを押します。

  • bootrec /RebuildBcd
  • bootrec /fixMbr
  • bootrec /fixboot
  • bootsect /nt60 SYS or bootsect /nt60 ALL

上記の操作を実行すると、パソコンを再起動して、エラーが修復されるかどうかを検証することができます。

方法2.MBRを再構築することでWindowsブートマネージャーが起動できない問題を解決

もしコマンドプロンプトにそんなに詳しくない方は、EaseUS Partition Masterという代替ソフトを使って簡単にMBRを再構築することができます。起動できないパソコンからでも、このソフトを起動してMBRの再構築が行えます。

ステップ1.WinPE起動ディスクの作成

調子のいいパソコンでEaseUS Partition Masterを実行して、画面上部にある「WinPEクリエーター」をクリックします。ここでUSB、またはCD/DVDを使って起動ディスクを作成します。

起動ディスクの作成

ステップ2.EaseUS Partition Masterを起動ディスクから起動する

先の起動ディスクとなるデバイスを起動できないパソコンに接続して、F2 若しくは Delキーを押しながら、パソコンの電源を入れて、BIOSで起動ディスクを先に作成したものに指定します。ここでパソコンを再起動すると、EaseUS Partition Masterが自動的に表示されます。

BIOSのブート順を変える

ステップ3.MBRを再構築する

MBRが破損したディスクを右クリックして「MBRを再構築」を選択して、ご利用中のWindowsのバージョンを選択した上、ソフトは自動的にMBRを再構築することができます。

MBRを再構築する

役立つヒント:起動できないパソコンから重要のデータを救出

エラーコード0xc0000225が発生して、パソコンが起動できない場合、多くのユーザーにとって、一番重要な作業はデータを救出ということです。ここで、専門データ復旧ツールを使って、起動できないパソコンからデータを救出する方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

EaseUS Data Recovery Wizard WinPEエディションは、起動できないパソコンからデータを復元/救出することも可能なので、ここで詳細な手順を皆さんに紹介します。

ステップ1.WinPE 起動ディスクを作成する

事前に用意したUSB/CD/DVDをパソコンに入れて、ご購入後にダウンロードしたEXEファイルを実行して、ブータブルディスクを作成できるデバイスを選択します。「Create」ボタンをクリックして、完了します。

WinPE 起動デバイスを作成する

作成に失敗した場合、又は他のツールで焼きたい場合は、ISOイメージファイルをエクスポートすることも可能です。

ISOファイルをエクスポート

ステップ2.BIOSのブート順を変える(機種によって操作方法は異なります。)

先ほど作成したブートデバイスからロードするために、ブートキューの一番上にCDドライブまたはUSB-HDDを配置する必要があります。通常は、BIOSセットアップユーティリティで設定します。F2(デスクトップ用)、Del(ラップトップ用)キーなどを押すことでユーティリティをログインします。以下は、BIOSセットアップユーティリティの一例です。

BIOSのブート順を変える

BIOSのブートディスクの順を変えたら、パソコンはWinPE 起動ディスクから起動するようになります。パソコンがWinPEで起動すると、データ復旧ツールの操作画面が自動的に表示されます。

データ復旧ソフトを使って紛失データを復元

ステップ3.データを救出する

データ復旧ソフトが表示されると、このソフトを利用してデータを救出することができるようになります。ソフト内でパソコンにある全てのディスクが表示されますので、ディスクを選択してスキャンしたら、データを選択して救出するという非常に簡単な手順でデータを復元することができるようになります。

データを復元

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。