> How to Use > データ復旧 > エラーコード「0x80070005」の解決策

エラーコード「0x80070005」の解決策

kenji

kenji |カテゴリ:データ復旧| 2022年05月27日に更新

主な内容:

概要:

Windowsアップデート、Officeの認証を実行する時、「0x80070005」というエラーコードが表示され、前に進めないことがあります。本文では、こういう問題が発生する時の解決策を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

エラーコード「0x80070005」が表示される原因

Windows 10のアップデートを完了するとき、アップグレード後にプログラムをインストールするとき、またはWindowsストアを更新するときに、Windowsアップデートエラーコード0x80070005に遭遇する方がございます。

0x80070005エラーは、基本的にWindowsが操作を実行するために必要なファイルまたはレジストリのアクセス許可を持っていないことを意味します。

エラーコード「0x80070005」の解決策

「0x80070005」が表示される主なシナリオ

  • ストアでプログラムのインストール
  • Windows 10のアップデート
  • Officeの認証

ストアで発生するエラーコード-0x80070005

windows updateで発生するエラーコード-0x80070005

最初にエラーコード0x80070005が表示された場合は、「再試行」を数回クリックすると、アップデートが終了します。これがうまくいかない場合は、コンピュータを再起動または再起動の上、違いが出るかどうか確認してください。これらの簡単な修正方法に加えて、Windows Update、Windowsストア、およびシステムの復元のエラーコード0x80070005を修正するための高度な潜在的トラブルシューティングの解決策をすべて集めてみました。

それでは、エラーコード 0x80070005 を修正する方法を説明します。

Windows Updateのエラーコード0x80070005を修正する方法

Windowsのエラーコード「0x80070005」を修正するには以下の方法を試してください。

トラブルシューティングツールを実行する

Windowsの0x80070005エラーを解決するには、Windows Update Troubleshooterを実行することをお勧めします。

ステップ1. Win + Iキーを押して、「Windowsの設定」を開きます。

ステップ2. 「更新とセキュリティ」「トラブルシューティング」「追加のトラブルシューター」をクリックします。

ステップ3.「トラブルシューターの実行」をクリックします。

トラブルシューティングを実行する

コマンドプロンプトでSFCを実行する

システムファイルが破損すると、Windowsアップデートをスムーズに行うことができません。Windowsシステムファイル チェッカー(SFC)を使用して、破損したシステムファイルをスキャンして修正し、Windowsアップデートのインストールを停止させます。

ステップ1.検索バーにcmdと入力し、「管理者として実行」を選択します。

CMDを実行する

ステップ2.コマンドプロンプトでSFC /scannowと入力し、Enterを押します。SFCツールがスキャンして、破損したファイルを置き換えます。

CMDでSFCを実行する
プロセスが正常に実行されると、Windows Access Deniedエラーコード0x80070005が表示されなくなります。

ユーザーに全部のアクセス権限を与える

ステップ1.「 regedit」と入力し、「レジストリエディター」 を 選択して管理者として実行します。

レジストリエディターを実行する

デバイスの変更を許可するように求めるメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。

ステップ2.[S-1-5-20] を右クリックし、[アクセス許可] を選択します。

レジストリエディターで修復する

ステップ3.[追加] を選択します。

ステップ4.ログインしているユーザーの名前を入力し、[名前の確認] を選択して、[OK] を 選択します。

ユーザーに権限を与えます

ステップ5.[詳細設定] を選択します。

詳細設定

ステップ6.[Advanced Security 設定] [アクセス許可] タブで、追加したユーザーを選択し、[編集] を選択します。[ 基本アクセス許可] [フル コントロール ] を選択し、[OK] を 選択します。

[すべての子オブジェクトのアクセス許可エントリを継承可能なアクセス許可エントリに置き換える] という名前のチェック ボックスをオンにして、[OK] を選択します。

セキュリティ詳細設定でアクセス権限を与える

エラーコードによるデータ紛失とファイル破損の対処法

システムエラーが原因で失われたデータを復元する必要がある場合は、EaseUS Data Recovery Wizardを使用して、ハードドライブからファイルを簡単に取得することができます。

それに、破損したMicrosoft Officeファイルや写真、動画を修復する機能も備えています。

関連記事:破損したエクセル、文書またはPPTファイルを修復する方法

EaseUS Data Recovery Wizardのメリット

  • 永久に削除した失われたデータを復元する。
  • 紛失したパーティションを手間なく復元。
  • Windowsのアップデート中に失ったデータを素早く復元します。
  • SDカードなど、あらゆる外部メディアからデータを復元する。

1.ソフトのインタフェースで削除してしまったファイルがあったドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

削除したファイルを復元するステップ1

2.スキャンのプロセスが終わるまでしばらく待ってください。

削除したファイルを復元するステップ2

3.復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることで削除したファイルを復元することが可能です。

削除したファイルを復元するステップ3

ヒント:ソフトを開き、最初の画面で「ゴミ箱」を指定してスキャンを行うことができます。スキャンの場所を「ゴミ箱」に指定してしまうと、ソフトはは-dpディスクの全体をスキャンしないようになります。こうすると、スキャンプロセスをかなり縮まり、削除したファイルをもっと効率的に復元することができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ