> How to Use > データ復旧 > フォーマットすればデータが消える?その真実はどうなる?

フォーマットすればデータが消える?その真実はどうなる?

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年07月21日に更新

主な内容:

概要:

Windows-「フォーマットでデータは消えますか?」と尋ねるユーザーは少なくありません。それでは、パソコンでフォーマットをすれば、全てのデータは消えるのは本当ですか?本文では、この質問に対して、フォーマット操作の真実を皆さんに紹介したいと思います。

EaseUS Data Recovery Wizard

ヤフーの知恵袋でこのような質問があります:

「フォーマットでデータは消えますか?SDカードに画像や音楽などを入れてあるのですが、このSDカードをフォーマットすると画像や音楽などのデータはすべて消えてしまいますか?」

ヤフー知恵袋でフォーマットに関する質問

それでは、USBメモリやSDカードなどのリムーバブルディスクをフォーマットすれば、その中のデータがすべて消えてしまいますか?本文では、このような質問に対して、詳しく解説していきたいと思います。本文の内容を読んでいたら、フォーマットという操作の真実を知ることができます。

フォーマットについて

実際には、フォーマットには論理フォーマットや物理フォーマットといった2酒類があります。Windowsでのクイックフォーマットと標準フォーマットなら、いずれも論理フォーマットに属しています。

それでは、同じ論理フォーマットであるクリックフォーマットと標準フォーマットとの違いはどこにありますか?フォーマットに要する時間差にあります。クイックフォーマットは通常一瞬だけで実行できますが、標準フォーマットが完成するには、かなり時間がかかります。標準フォーマットは、ディスクの不良セクタをスキャンするので、クリックフォーマットより作業時間が長くなります。

だから、パソコンで実行できるフォーマットは全部論理フォーマットになるので、フォーマットしても、データがすべて消えることがありません。

フォーマットすればデータがどうなる?

パソコンでSDカード/USBメモリなどのストレージをフォーマットすれば、一見消去されたように見えますが、実際はデータファイル管理情報を変更してデータを呼び出せないようにしているだけなので、データ自体はそのままSDカード上に残されたままになっています。だから、フォーマット後は、データは「消えた」と同じですが、専門のデータ復旧ソフトを使ったら、データの復元も可能です!

フォーマット後のデータの復元方法

上記のことから、フォーマット後、データは本当に消えることがありませんが、通常の方法によってデータを取り戻すことができません。だから、フォーマット後にデータを復元するためには、専門のデータ復旧ソフトを使う必要があります。ここでEaseUS Data Recovery Wizardという専門のデータ復旧ソフトを皆さんに紹介します。フォーマット後、このソフトを使ったら、簡単に消えたようなデータを復元することができます。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面でフォーマットしてしまったハードドライブを選択した上、「スキャン」をクリックします。

ハードドライブ フォーマット 復元1

ステップ2.選択したハードドライブへのスキャンは開始されます。フォーマットの誤操作によって紛失されたデータを検出するため、このスキャンプロセスは少し時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

ハードドライブ フォーマット 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わると、復元可能なファイルがすべて表示されますので、その中から復元したいファイルを選択して「リカバリー」をクリックします。

注:データを上書きしないため、復元したいデータを元の保存先となるドライブに保存しないでください。

ハードドライブ フォーマット 復元3

フォーマットの前にデータを保護する方法

フォーマット操作によるデータ紛失事故を防ぐために、データのバックアップを作成して保護することがおススメです。ご覧のように、フォーマットを実行したら、全てのデータが見えなくなるので、復元を確実に実行できるとしても、非常に手間や時間が必要なのです。だから、人気のバックアップソフトEaseUS Todo Backupを使って、自動的に重要なデータをバックアップすることができますので、万が一の場合でも、とても安心になれると思います。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Step 1.EaseUS Todo Backupを実行して、「ファイル」をクリックします。そして、「ユーザー定義」或いは「ファイルの種類」によりファイルを選択します。

ユーザー定義:デフォルトで、ユーザはユーザー定義によりファイルを選択します。パソコンや記憶メディア上の単一または複数のファイルやフォルダをカテゴリにより選択することができるほか、ネットワークからもファイルを選択することが可能です。Windows 7では、ライブラリをバックアップ対象として選択することもできます。
ファイルの種類:ドキュメント、動画、画像、音楽、Eメールなどのファイルの種類の選択により、各ファイル種類の複数のファイル形式を選択できます。バックアップしたいファイルにチェックをつけてください。

「ユーザー定義」

「ファイルの種類」1

「ファイルの種類」2

「追加」をクリックして、ファイルの種類およびファイルの形式を追加することができます。

「追加」

ファイルの種類およびファイルの形式を追加する

Step 2.バックアップ設定を編集します。まずはバックアップファイルを保存するターゲットを指定して、プラン名と説明(必要であれば)を入力します。「ファイルバックアップ」ウィンドウの下で、「スケジュール設定」「バックアップオプション」「イメージの保存設定」と3つのオプションがあります。ここでバックアップの間隔(毎日、毎週、毎月、毎年)、圧縮率、パスワード、イメージの保存時間などを設定することができます。

「スケジュール設定」

「スケジュール設定」:スケジュール設定により、スケジュールの種類バックアップ方法などを設定することができます。スケジュールを設定する詳しい手順をご参照ください。

「バックアップオプション」

「バックアップオプション」:この画面で、バックアップファイルの圧縮率、パスワード、パフォーマンス、Eメール通知、カスタムコマンド、オフサイトコピー、除外ファイルなどを設定することができます。

「イメージの保存設定」

「イメージの保存設定」:バックアップファイルの保存先のストレージ容量を節約するために、不要なバックアップファイルを削除する必要があります。この機能により、バックアップファイルの保存期限を何日、何週、何月、何年に設定することができます。例えば、今週の月曜日に、バックアップファイルの保存期限を6日間に設定した場合、日曜日になると、月曜日のバックアップファイルが自動的に削除されます。増分バックアップと差分バックアップの場合、最初の完全バックアップを削除しないように設定することができます。保存期限を設定したくない場合、保存するイメージファイル数を設定することができます。

Step 3.「実行」をクリックして、ファイルとフォルダのバックアップを実行します。

注意:イメージファイルのパスワードを設定した場合、イメージファイルを閲覧や復元するには、パスワードの認証が必要です。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

結論

フォーマットすれば、全てのデータが消えてしまっていますが、そのデータを復元することができるので、あまり心配しなくても良いのです。また、万が一のデータ紛失事故が起こることを防ぐため、重要なデータを保護するためのバックアップを作成することがおススメです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ