> How to Use > データ復旧 > 「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」【完全対策】

「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」【完全対策】

WuYanG
更新者:WuYanG 2024/04/12
   

主な内容:

概要:

Windows 10/8.1/7で「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」になっていませんか?ご心配なく。このページでは、データを失うことなく、SDカード、USB、外付け/内蔵ハードドライブからこのエラーを取り除く5つの効率的な修正方法をご紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

「2年前のWD MY BOOK ESSENTIALにアクセスしようとしましたが、「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」というエラーで失敗しました。どうしたのですか?私の重要なデータはすべてこのドライブに保存されているので、この問題には非常にいらいらさせられます。どなたか、ディスク構造が壊れて読み取れない場合のデータ復旧方法を教えてください。」

PCでストレージデバイスを開こうとして「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」というエラーに遭遇しても心配しないでください。提示された修正方法に従って手順を行えば、データを失うことなくデバイスに再びアクセスできるようになります:

「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」とは

「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」エラーとは?「読み取り不可能なフラッシュドライブを修正」は、外付けHDD、メモリカード、USBフラッシュドライブ、およびその他のストレージデバイスに起こる最も普遍的なハードディスクの破損問題の1つです。

このエラーでは、ユーザーはデバイスにアクセスすることも、保存したファイルを開くこともできません。また、Windowsは警告メッセージをポップアップ表示します。

関連文章:「アクセスが拒否されました」を修正する4つの方法

ハードドライブ、USB、SDカードが突然アクセスできなくなるのはなぜですか?一般的に、エラーの原因は以下の通りです:

  • 取り出しの誤操作
  • 接続不正
  • 不安定な電源
  • 破損したファイルシステムエラー
  • ハードウェア故障
  • ウイルス感染

「ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません」エラーの修正方法

USB、SDカード、外付けまたは内蔵ハードディスク・ドライブが読めなくなる原因が分からなくても心配はいりません。ここに記載されている対処法を1つずつ実行し、問題のあるドライブを正常に動作させましょう。

ハードディスクを修復する方法の中には、特に方法4 - デバイスをフォーマットする方法など、データを失う可能性があるものもありますので、もし途中でデータを失った場合は、方法5に示すように、信頼性の高いEaseUS Data Recovery Wizardをご利用ください。

方法1.デバイスのプラグを抜いて再接続する【最も簡単】

適用対象:不適切な取り出し、接続、または電源の問題により、誤った構造を持つデバイスを修正します。

ステップ1. USB、SDカード、または外付けドライブをPCから取り外します。

ステップ2. デバイスをPCに接続し直し、アクセスできるか確認します。

ステップ3. アクセスできない場合、USBポートまたは新しいUSBケーブルを交換し、PCに再接続します。

ステップ4. ステップ3がうまくいかない場合は、デバイスを別のコンピューターに接続します。

読み取り不能または破損したデバイスの接続を変更する

すべての手順を試した後、USB、外付けハードドライブ、またはSDカードが表示され、アクセスできるようになったら、おめでとうございます。ここで中断し、デバイスとデータを再び使用することができます。

これらの簡単な修正で解決しない場合は、ファイルシステムのエラーか、まれにハードウェアの破損が原因である可能性があります。ご心配なく。以下の方法を実行すれば、高い確率でデータを復元し、デバイスを再び使えるようにすることができます。

方法2.CHKDSKでドライブレターを確認し、ディスクエラーを修復する

適用対象: 無効なファイルシステム、RAWエラー、不良セクタなどによる外付けハードドライブ、USB、SDカード、またはハードディスクの破損問題を修復します。

ディスク上の無効なファイルシステム、RAWエラー、または不良セクタでは、デバイスとそのファイルにアクセスできません。

CMDでCHKDSKを実行するか、ドライブ・エラー・チェックを実行して外付けハードディスクドライブを修復することができます。どちらもまったく同じように動作します。

CHDKSKを実行して破損したファイルシステムを修復する

警告
chkdskを実行することで、うまくいけば故障したディスク構造の問題を解決することができるが、データを完全に失うことにもなりかねない。そのため、CMDの方法を続ける前に、データ復旧を実行してください。

ステップ1.「スタート」をクリックし、検索ボックスに「cmd 」と入力します。

ステップ2.「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

ステップ3.CHKDSK F: /f /r /xと入力してEnterを押します。

(F: を、破損または読み取り不可能なデバイスのドライブ文字に置き換えてください)。

デバイスの破損や読み取り不能を修復

CHKDSKの代替 - エラーチェックでディスクをチェックする

ステップ1.「PC」にアクセスします。ドライブを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.「ツール」タブで「チェック」>「ドライブのスキャン」をクリックします。

fix-the-disk-structure-is-corrupted-and-unreadable-1.png

このエラーチェックツールは、ターゲットデバイス上の自動的にスキャンして破損したファイルを修正します。

方法3.ディスクドライバを再インストールする

適用対象:デバイスマネージャでディスクドライブが古いために検出されない、またはアクセスできないデバイスを修正します。

ディスクが初期化されていなかったり、古かったりすると、Windows PCがディスクを検出しなかったり、ファイルエクスプローラーに表示できなかったりすることがあります。そこで、USB、SDカード、または外部ストレージデバイスのディスク管理を更新するのが最善の方法です。

デバイスドライバーをアップデートする手順は以下の通りです:

ステップ1.故障したドライブをPCに接続します。

ステップ2.Windows + Xを押し、【デバイスマネージャー】を選択してWindowsデバイスマネージャーを開きます。

ステップ3. 【ディスクドライブ】カテゴリを展開します。

ステップ4.USBデバイスを右クリックして、【ドライバーの更新】を選択します。

ステップ5. ドライバーを自動的に検索】をクリックして、更新されたドライバソフトウェアを探します。Windowsは、Windows10コンピューター上の最新のUSBドライバーを自動的に検索してダウンロードします。

東芝外付けハードドライブが動作しない - デバイスドライバの更新

ドライバが更新されるのを待ち、コンピュータを再起動します。その後、問題のあるドライブをPCに再接続し、デバイスマネージャでフォルダにアクセスできないか確認してください。

方法4.フォーマットして、破損または読み取り不可能なドライブを修復する

適用対象: 無効なファイルシステム、RAW エラー、またはサポートされていないファイルシステムに起因するデバイスの破損または読み取り不能の問題を修正します。

ドライブ内のディスクをフォーマットして、問題のあるデバイスを再び読めるようにする方法は1つだけではありません。ここでは、最も簡単な方法を紹介します:

ステップ1.「PC」を開く。

ステップ2.構造が破損しており、読み取れません」というエラーメッセージが表示されているディスク管理を右クリックし、「フォーマット」を選択します。

ステップ3.ドライブにファイルシステムを割り当て、「開始」をクリックします。

  • USB、SDカード用 - FAT32、exFAT
  • 外付け/内蔵ハードドライブ用 - NTFS

ディスクの構造が壊れて読めなくなった - ドライブをフォーマットする

ドライブをext2/3/4または他のファイルシステムにフォーマットしたい場合、最高のフォーマットツールであるEaseUS Partition Masterがお手伝いします。

外付けハードドライブがフォーマットされない

外付けHDDのフォーマットされていないエラーを直す方法

一般的な外付けハードドライブのフォーマットエラーには、外付けハードドライブをフォーマットする必要があるにもかかわらず、フォーマットを完了できない場合があります。続きを読む >>

方法5.破損/読み取り不可能なデバイスを修復した後、データを復元する

適用対象:ディスクの構造が破損している場合、ディスクを修復した後、失われたファイルを復元し、簡単にアクセスできないデバイスからデータを復元します。

USB、SDカード、外付けまたは内蔵ハードドライブの「ディスク構造が壊れている」エラーを修正するために、CHKDSK、ディスクドライバの更新、またはフォーマットを試すことができます。しかし、上記の4つの方法のいずれも、故障したデバイス上のすべての保存データを保護することはできません。つまり、データ損失の可能性があります。

専門的なハードディスク・ドライブ復元ソフトウェアは、RAWドライブを含むアクセス不能なドライブからデータを復元するのに役立ちます。

ステップ1.場所の選択

ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えC:)を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンとファイルの選択

スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フォルダ」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフォルダまたは種類を選択してください。(復元したいファイルを素早く指定し、プレビューすることができます。)

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復旧場所を選んでリカバリー

復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。(ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。)

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

「ディスク構造が壊れている」エラーからデバイスを保護する方法

上記のすべての解決策を試した後、「ディスク構造が壊れている」というエラーに対処できたはずです。そして、貴重なファイルはすべてEaseUSデータ復元ソフトウェアによって安全に復元されます。

このエラーを修正するだけでなく、より重要なのは、このエラーからデバイスを保護することです。ここでは、ハードドライブ、USB、外付けハードドライブなどを「USBドライブが表示されない」などのエラーから保護するためのヒントを紹介します:

  • #1.適切な方法で機器のプラグを抜き差しします
  • #2.デバイスのドライバーをタイムリーにアップデートします
  • #3.Windowsまたはデバイスと互換性のあるオペレーティングシステムをデバイスに設定します
  • #4.ディスクの健全性を定期的にチェックします

ハード・ドライブの健全性をチェックする方法は、メーカーのツール、CHKDSKやWMICを使用するなど、数多くあります。ここでは、WMICを使用してドライブの状態を確認する方法を紹介します:

ステップ1.「スタート」をクリックし、「cmd」と入力します。

ステップ2.「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

ステップ3.以下のコマンドを順番に入力します:

  • wmic
  • diskdrive get status

ディスクの状態があまり良くない場合は、事前にすべてのデータをバックアップし、すぐに修理に出してください。

詳細はこちら

まだ気になりますか?エラー0x80070570については、こちらをクリックしてください。

まとめ

このページでは、ディスク構造が破損して読み取り不可能なエラーを修正する方法と、この問題の原因について説明しました。

このエラーの原因には多くの可能性がありますが、多くのユーザーが主な原因はファイルシステムのエラーであり、デバイスをフォーマットすることで完璧に修復できることを発見しました。ハードドライブ上に存在する大切なファイルを保護するためには、EaseUS Data Recovery Wizardを起動し、フォーマットを実行する必要があります。

また、提示された方法は、同様の問題を解決するために適用することもできます:

  • 破損したディスクの修復
  • 破損したハードドライブを修復します
  • 破損した外付けハードドライブを修復します
  • USBや破損したSDカードなどを修復します

このガイドが役に立つことを願っています。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ