> How to Use > ファイル復旧 >[ガイド]Windows 10/8/7でリカバリー後に破損したファイルを修復する

[ガイド]Windows 10/8/7でリカバリー後に破損したファイルを修復する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe |カテゴリ: ファイル復旧| 2022年11月09日に更新

概要:

Windows 10/8//7でファイル破損に遭遇した場合、どのようにそれを修復するのでしょうか?本記事は破損した写真、動画、ワード、エクセル、パワーポイントなどを修復できる支援ツールEaseUS Data Recovery Wizard及びその使い方をご紹介します。破損ファイルを修復したいなら、本記事を読み続きましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows10で破損したファイルを修復する方法

ファイルの破損は予期せず発生するものであり、特定のファイル形式に限定されていません。Word、Excel、PowerPoint、PDF、写真、動画、または他のメディアファイルは、様々な理由で破損し、開こうとすると次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

これらのファイル破損のメッセージのいずれかに遭遇した場合、Windows 10で破損したファイルを修復するために、この記事の解決策を試してください。

方法1.破損したファイルを修正するソフトウェア(無料ダウンロード)

破損したファイルを修復する最も効果的な方法は、ファイル修復ユーティリティを利用することです。EaseUS Data Recovery Wizardは、堅牢なデータ復元およびデータ修復ツールで、ほとんどの破損した写真、動画、Word、Excel、PowerPointまたは他のファイルを修復して復元することが可能です。  

EaseUS Data Recovery Wizardの主な機能

  • リカバリー後の破損したExcel/Wordファイルを修復
  • 破損したJPEGやJPGファイルを修復
  • WindowsとMacで破損したMP4とMOVファイルを修復
  • 複数の壊れたファイルを同時に修復
  • PC、ラップトップ、外付けデバイスなどから破損したファイルを修復

では、EaseUS ファイル修復ツールをダウンロードして、数回のクリックで Windows 10/8/7の破損したファイルを修復しましょう。

ステップ1.ソフトをパソコンにインストールして、立ち上げます。破損ファイルの保存場所を選択して「スキャン」をクリックします。

破損ファイルを修復するステップ1

ステップ2.選択した場所へのスキャンが開始されます。このスキャンプロセスによって、この場所に存在する既存ファイル、紛失ファイルが検出されます。ファイルが検出されると、ファイルの破損状態も自動的に検査されますので、破損したファイルが自動的に修復されます。

ファイルを修復するステップ2

ステップ3.ソフトでも目標ファイルをダブルクリックして、ファイルの内容を確認することができます。ファイルの内容が正しい場合、「復元」をクリックしてファイルを保存します。

ファイルを修復するステップ3

サードパーティのファイル修復ソフトをインストールしたくない場合は、以下の修正方法を試してください。

方法2.ハードディスクのチェックディスクを実行する

ハードディスクにファイルシステムのエラーがあり、ファイルが破損している場合、ディスクをスキャンして破損したファイルを修復することができます。

ステップ1.ファイルエクスプローラを開き、スキャンしたいHDD/SSDを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.「ツール」をクリックして、エラーチェックの項目にある「チェック」ボタンをクリックします。

ハードドライブのプロパティでチェックをクリックする

ステップ3.次に、必要であれば「ドライブのスキャン」、エラーが見つかった場合は「ドライブを修復」を選択することができます。

scan driveをクリックし、ハードディスクのエラーをチェックする

ステップ4.エラーチェックが選択したハードディスクをスキャンして、エラーが見つかった場合、コンピューターを再起動します。エラーが見つからなかった場合は、開いているウィンドウを閉じて、通常通りコンピューターを利用することができます。

方法3.CHKDSK/SFCコマンドでファイルを修復する

ハードディスクに論理的不良セクタがあったり、ファイルシステムが破損していると、保存されているファイルにアクセスできなくなると思われます。この場合、CHKDSKユーティリティを利用して、影響を受けたディスクを修復し、破損したファイルを修復できます。

ステップ1.検索ボックスをクリックし、「CMD」と入力します。コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

管理者として実行

ステップ2.E: /f /r /xと入力し、Enterキーを押します。ここで、Eをドライブレターに置き換えることができます。

CHKDSKを使って破損したJPEGファイルを修復する

修正後、不良セクタやファイルシステムの破損が原因であれば、ファイルを表示することができます。そうでない場合は、次の解決策に移行してください。

また、CHKDSKを使用した後にSFCコマンドを実行することも可能です。SFCは、System File Checkerの略です。このコマンドは、保護されているすべてのシステムファイルの破損をスキャンします。破損した各ファイルのキャッシュコピーをsystem32\dllcacheフォルダーからコピーすることにより、システムファイルの修復を行います。

ステップ1.検索ボックスをクリックし、「CMD」と入力します。コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

ステップ2.sfc/scannowと入力し、「Enter」キーを押します。

スキャンを実行する

このコマンドは、破損したWindowsシステムファイルを検索し、修復することを目的としています。

方法4.破損したファイルを修正するためにファイル形式を変更する

破損したExcelやWordファイルを開いたが、データがない場合、別の形式で保存することで、壊れたExcelやWordの修復を試みてください。

ステップ1.破損したWordやExcelのファイルを開き、「名前を付けて保存」をクリックします。

ステップ2.選択可能なファイル形式から「Webページ」を選択します。Excelファイル全体が選択されていることを確認し、「保存」をクリックします。

ステップ3.保存したファイルを探し、右クリックで「次の方法で開く」「Microsoft Office Excel」を選択します。

ステップ4.ファイルが通常開くことができる場合は、「名前を付けて保存」で、Excel形式の.xlsまたは.xlsxを選択します。すると、破損したエクセルファイルが復元されます。

方法5.オンラインファイル修復ツールを利用する

オンラインツールで破損したファイルを修復することもいい選択となります。こういうアプローチは、操作が簡単です。通常、破損したファイルをアップロードし、修復を実行してから、修正されたドキュメントをダウンロードするだけです。

しかし、オンラインツールには、共通の欠点があります。

  • ファイルデータのプライバシーは保証されない。お客様がアップロードしたファイルは、他の人が保存される恐れがある
  • スピードは全体的に遅い。
  • コストが高い。ほとんどのオンライン修復ツールは有料。

以上の欠点を気にしないなら、onlinefile.repairを試してみましょう。

オンラインツールで破損したファイルを修復する

まとめ

本記事では、Windows10/8/7で破損したファイルを修復する方法を五つご紹介しました。余計なツールを使いたくない場合は、ディスクチェックツールやCHKDSK、SFC /scannowコマンドなど、Windows内蔵のユーティリティを無料で試して、破損したファイルを修復することができます。

これらの方法が実行可能でない場合、プロのファイル修復ソフトウェアEaseUS Data Recovery Wizardは素晴らしい選択肢です。高度なファイル修復技術を統合し、あらゆるデータファイルを迅速かつ効果的に修復することができます。今すぐダウンロードして、作業を始めましょう。

ファイル破損の原因は?

ファイルが破損する原因はさまざまです。

  • 停電、パソコンの故障、OSのバグなどでファイルが壊れる
  • ハードディスクやストレージデバイスに不良セクタがある
  • ストレージデバイスにマルウェアやウイルスに感染する
  • 不適切なアップデートや予期せぬコンピュータのシャットダウン
  • ファイルはクラスタ内のメモリに格納される

Windowsで破損したファイルを修復する方法に関するFAQ

ここでは、破損したファイルの修復方法に関連するいくつかの質問を紹介します。

破損したファイルとは何ですか?

破損ファイルとは、突然アクセスできなくなったり、読めなくなったりするファイルのことです。ファイルが破損する原因について、ウイルス感染、停電、ハードディスクトラブルなどがあります。破損したファイルを開こうとすると、「ファイルが破損しているため、Excelで開くことができません」「ファイルまたはディレクトリが破損していて読み取り不能」などのエラーが表示されます。

破損したWordファイルを修復するにはどうしたらよいですか?

EaseUS Data Recoveryは、プレビュー中に破損したWord/Excel/PowerPoint文書、破損した動画、クラッシュしたJPEG/JPGを修復することができます。ウイルス攻撃、ハードドライブエラー、OSクラッシュによってWord文書が破損した場合、この方法でWordファイルを効果的に修復することができます。

ステップ1.EaseUS Data Recovery Wizardを起動し、行方不明のワードファイルや破損したワードファイルをスキャンします。

ステップ2.フィルター、ファイルパス、検索などを通して破損したファイルを見つけます。このプログラムは、自動的に破損したファイルや損傷したファイルを修復します。

ステップ3.「修復する]をクリックして、安全な場所に修復されたワードファイルを保存します。

壊れたJPEGファイルを修復するにはどうしたらよいですか?

ハードディスク上の不良セクタ、オペレーティングシステムのバグ、システムファイルの損傷などによって破損したJPEGまたはJPG画像を修正するには、EaseUSファイル修復ツールを試してみてください。それは、PC、ラップトップ、外付けハードドライブ、SDカード、USBフラッシュドライブ、および他のストレージデバイスからひどく破損したJPEGファイルのサムネイルを回復することができます。 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

タイムライン

お問い合わせ

主な内容: