> How to Use > データ復旧 > 「Windows Defender」に誤って削除されたデータを復元する方法

「Windows Defender」に誤って削除されたデータを復元する方法

Bak

Bak

|カテゴリ:データ復旧| 2021年06月10日に更新

主な内容:

概要:

どうすれば、「Windows Defender」に誤って削除されたデータを復元できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

データがWindows Defenderによって削除された!

皆さんは、「Windows Defender」を利用したことありますか?「Windows Defender」というのは、Windows XP 以降のすべてのWindowsシステムにプリインストールされているマイクロ自社開発のマルウェア対策ソフトウェア及びアンチウイルスソフトウェアです。プリインストールされた無料のアンチウイルスソフトとしては、かなり高い性能を見せて、Windowsユーザーの四分の一が利用したことがあるそうです。しかし、正常なるデータとファイルをマルウェア、ウイルスに誤報し、削除してしまうことがしばしば発生するので、識別性能がイマイチだという指摘もあります。

では、どうすれば、「Windows Defender」に誤って削除されたデータを復元できるでしょうか?

「Windows Defender」に誤って削除されたデータを復元できる無料ソフト

ここで、「Windows Defender」に誤って削除されたデータを復元できる無料ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。上書きされない限り、「Windows Defender」に削除されたデータ復元できます。「Windows Defender」の誤操作によりデータ紛失に悩んでいる方は是非試してください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

「Windows Defender」に誤って削除されたデータを復元する操作手順

ステップ1.ソフトを開き、ウイルス対策ソフトに削除されたファイルをスキャンを始めるのに、ソフトの初期画面でそのファイルの元の保存先を選択して、「スキャン」をクリックする必要があります。

ウイルス対策ソフトに削除されたファイル 復元1

ステップ2.選択したドライブへのスキャンは開始されます。そのドライブにあった削除ファイル → ドライブ全体の順にハードドライブをスキャンします。

外付けHDD 削除 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わると、そのドライブにあったファイルがすべて表示されます。その中からウィルス対策ソフトに削除されたファイルを選択して「リカバリー」をクリックすればOKです。

外付けHDD 削除 復元3

ファイルを特定するには役に立つ機能

フィルダー:ファイル種類や他の条件を設定することで検索範囲を縮小する。

復元候補:破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったファイルがここで見つけます。

検索ボックス:検索ボックスで直接にファイル名を検索することが可能です。

「Windows Defender」を削除する方法

また、「Windows Defender」によってデータを誤って削除するのを防止するめに、 ほかのウイルス対策ソフトをインストールするつもりがあります。そこで、Windows defenderを削除したいです。何か方法がありますか?

方法1

  • 検査ボックスで「Windows Defender」を人力して、保護の領域の「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
  • 「ウイルスと脅威の防止の設定」に入って、「リアルタイム保護」と「クラウド提供の保護」をオフにしてokです。

方法2

  • 検査ボックスで「regedit」を人力して、「HKEY_LOCAL_MACHINE」>「SOFTWARE」>「Policies」>「Microsoft」>「Windows Defender」をクリっくします。
  •  「Windows Defender」を右クリックして、「新規」>「DWORD(32ビット)」をクリックして、作った「DWORD値」の名前を「DisableAntiSpyware」に変更し、ファイルを右クリックして、「修正」>「値のデータ」>「ok」をクリックします。再起動します。          

まとめ

この記事では、「Windows Defender」に誤って削除されたデータを無料で復元できる方法紹介した同時に、今後このような事件を避けるために、「Windows Defender」を無効化にする方法も解説しています。ぜひお試してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ