> How to Use > ファイル復旧 > 「xlsx修復対策」xlsxファイルを完璧に修復する方法

「xlsx修復対策」xlsxファイルを完璧に修復する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年02月05日に更新

概要:

xlsxファイルは、Excelで作成したドキュメントファイルとして多く用いられています。しかし、xlsxファイルは、何か原因によって破損になる可能性があります。このような場合は、どうやってxlsxファイルを修復すればいいですか?本記事では、最も完全的なxlsxファイル修復対策を皆さんに紹介します。この記事で紹介している対策に従って、破損したxlsxファイルを完璧な状態まで修復することができます。

 

.xlsxについて

.xlsxとは、MicrosoftのExcel 2007及びそれ以降のバージョンで作成したドキュメントファイルの標準拡張子です。Excel 2007以前のバージョンで作成したファイルの拡張子はxlsとなりますが、.xlsxファイルを開くソフトなら、どれも.xlsxファイルを.xlsに変換することができます。同じ内容の.xlsxの容量は、.xlsファイルより小さくなっています。

互換性のため、Excel 2007以前のバージョン(2000、XP、2003)でxlsxファイルを開けませんので、Excel 2003でxlsxファイルを利用したい場合は、まずExcel 2007及びそれ以降のバージョンでxlsxファイルをxlsファイルとして保存する必要があります。

.xlsxファイルの破損について

.xlsxは比較的に破損しやすいファイルの種類です。だから、いろんな原因によって、xlsxファイルが破損になる可能性があります。もし、xlsxファイルが破損すると、次の症状があります。

  • xlsxファイルを開かない
  • xlsxファイルを開くが、文字化けになっている
  • xlsxファイルを開く時、ファイルの回復モードが自動的に開始される
  • xlsxファイルが完全に消えてしまった
  • ......

xlsxファイルが破損になると、いつものように開くことができないため、様々な不具合が発生します。だから、もしいつものようにxlsxファイルを開き、上記のような症状がありましたら、xlsxファイルの修復を行う必要があります。

.xlsxファイルの修復について

.xlsxファイルが破損するか、何か不具合がある場合は、どうやってこのxlsxファイルを修復すればいいですか?
xlsxファイルは破損になったら、本文はまずofficeソフトに内蔵する修復オプションを使用することをおススメします。破損の状態が特にひどくない場合だったら、内蔵の修復オプションを使って修復することができます。
もしofficeが提供してくれる修復オプションで修復することができない場合は、xlsx修復用の専門ソフトを使いましょう。

1.officeの修復オプションでxlsxファイルを修復する

xlsxが破損していつものように開くことができない場合は、まずofficeの修復オプションを利用してみましょう。Microsoft公式が提供してくれる修復オプションでしたら、破損したxlsxファイルを修復したり、破損したxlsxファイルのデータを回復したりすることができます。詳細の操作ガイドを下記で掲載しますので、ご参照ください。

破損のxlsxファイルを手動で修復する

1.[ファイル] タブの [開く] をクリックします。

2.Excel 2013 または Excel 2016で、スプレッドシートが配置されている場所をクリックし、[参照] をクリックします。

3.[開く] ダイアログ ボックスで、開こうとしている破損したブックを選択します。

4.[開く] の横にある矢印をクリックし、[開いて修復] をクリックします。

5.次のいずれかの操作を行います。

  • ブックのデータを可能な限り回復するには、[修復] をクリックします。
  • ブックの修復に失敗したときに、ブックから値と数式を抽出するには、[データの抽出] をクリックします。

破損のxlsxファイルのデータを回復する

1つ目の方法によってファイルの修復に失敗した場合、自分の需要に応じて、officeの修復オプションを使えば、データの回復が実現されます。

  • 1.xlsxファイルを最後に保存したバージョンに戻す
  • 2.xlsxファイルをSYLK(シンボリックリンク)形式で保存する
  • 3.Excelの計算方法の設定を手動に設定する
  • 4.外部参照を使用して破損したブックにリンクする
  • 5.マクロを使って破損したブックのデータを抽出する

また、officeの修復オプションを使って、ファイルのバックアップコピーを保存したり、指定した間隔で自動的に回復用ファイルを作成したりすることもできます。

もっと詳しくは参照元へ「外部リンク」破損したブックを修復する - Excel

2.専門ソフトでxlsxファイルを修復する

Microsoft公式がExcelと一緒に提供してくれる修復オプションは、一部の場合で役に立ちますが、修復・回復できない場合もよくあります。このような場合は、xlsxファイルを使いましょう。次は、一番使いやすいxlsxファイル復元・回復ソフトを皆さんに紹介します。このソフトを使って非常に簡単な数ステップだけで破損のxlsxファイルを修復したり、紛失xlsxファイルを復元したりすることができます。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で破損したExcelファイル、若しくは紛失したexcelファイルの保存場所を選択した上、「スキャン」をクリックします。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」指定することでファイルを絞り込むことが可能でス。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元・修復したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。(excelファイルが破損されている場合は、復元する時に自動的に修復されます。)

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。