> How to Use > ファイル復旧 > 上書き/置き換えられたExcelやWordファイルを復元する方法

上書き/置き換えられたExcelやWordファイルを復元する方法

2017-09-19 16:11:28 Posted by Tioka to ファイル復旧

概要:
WindowsパソコンでExcel/Wordファイルが上書き/置き換えられて、どうすればいいのかわからない場合、落ち着いてください。この記事では、上書き/置き換えられたExcelやWordファイルを復元する三つの方法を皆さんにご紹介します。

「間違ってExcelファイルを置き換えて保存してしまいました、何か置き換えられたファイルを復元する方法がありますか。」
「誰かWindows10/7で上書きされたWordファイルを復元する方法を知っていますか。デスクトップのWordドキュメントを間違って上書きしてしまいましたが、復元したいんです。」

下記では、上書きされたExcel/Wordファイルの復元について三つの方法を紹介するので、参考にしてください。

方法1.「元に戻す」機能を使う

「元に戻す」機能によって、作業工程を遡ることが可能です。基本的に、やり方は二つになります。

①画面左上のアイコンをクリックする

ワード「元に戻す」

エクセル「元に戻す」

wordの場合、基本的には、文章を作製し始めた状態まで戻すことができますが、あまりに変更が多い場合は、完全に最初の状態まで戻すことができない場合があります。また、excelの場合は、約20~30工程前までの変更が可能とされています。

「Ctrl」+「Z」のショートカットキーを使う

方法2.Tempファイルから復元

通常、Excel/Wordファイルを編集する時、officeが自動的に臨時的なファイルを生成します。それらのファイルをTempファイルと言います。間違ってファイルを上書きしてしまった時には、まずTempファイルで探してください。

Tempファイルの保存場所

Windows7:C:\Users\name\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\ or C:\Users\name\AppData\Roaming\Microsoft\Word\

Windows8/10:C:\Users\\AppData\Local\Microsoft\Office\UnsavedFiles\

それらの臨時ファイルの名前は、 $ 若しくは ~ をはじめとし、拡張子が.TMPとなっています。 これらのファイルをほかの場所に保存し、拡張子を.XLS/.XLSXまたは、.DOC/.DOCXに変更すればいいのです。

方法3.復元専門ソフトで上書きされたExcel/Wordファイルを復元

以上の二つの方法で効果が発揮できないなら、次に紹介する方法が役に立つかもしれません。それは、データ復旧ソフト-EaseUS Data Recovery Wizardを使うことです。この方法だと、たった3クリックだけでファイルを復元できるかもしれません。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でエクセル(Excel)ファイルを保存している場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。選択したディスクのスキャンを始めます。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

EaseUS Data Recovery Wizardというソフトは、word復元/Excel復元以外、いろんなデータ紛失の場合にも対応しています。例えば、ハードドライブの復元、USBメモリの復元、フォーマットからの復元、SDカードの復元、外付けHDDの復旧なども処理できますよ。必要な方は、是非以下のダウンロードボタンをクリックして、ソフトを試用してください。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

方法4.以前のバージョンで上書きされたExcel/Wordファイルを復元

これは、Excel/Wordの管理機能を利用する方法ですが、この方法を使うには、事前設定が必要となります。事前に、”自動保存”の設定を行っておいてください。手順は以下(を参照してください。

  • ファイル」タブのメニュー>「ヘルプ」>「オプション
  • ブックの保存に関する設定画面から「次の間隔で自動回復データを保存する」、「保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す」の2ヶ所にチェックを入れる>「OK

※時間の間隔は、任意で設定を変更してください。

1.失われたExcel/Wordファイルと同じ名前のファイルを作成します、または保存した最新バージョンのExcel/Wordファイルを探し出します。
2.そのファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
3.「以前のバージョン」で、復元したいバージョンを選択し、「復元」をクリックします。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)