> How to Use > データ復旧 > なぜExcelファイルが破損になる?ここでその原因と対策を確認

なぜExcelファイルが破損になる?ここでその原因と対策を確認

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年11月03日に更新

主な内容:

概要:

破損になっているため、Excelファイルを開くことができませんか?なぜExcelファイルは破損になるのでしょうか?Windowsパソコンで破損したExcelファイルを修復したり、復元したりすることができますか?これらの質問に対して、本文では、Excelファイルが破損になる原因及び破損後の修復方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

microsoft excel

Microsoft Excelは、非常に非常に人気なソフトとして、大学生や会社員にとってもう不可欠なツールになりました。Excelには、数式やグラフなどの強力的なデータ分析機能があります。大量なデータを配置したり、フィルタリングしたり、計算したりする必要がある場合は、Excelは、効果を発揮できます。

従って、Excelファイルを作成するには、多くの時間や手間がかかりますので、作成したExcelファイルを適切に管理することが必要です。例えば、Excelの自動保存機能を常にオンにしたり、バックアップを作成する習慣を養ったりする必要があります。
なぜかというと、大量のデータが含まれているエクセルファイルが破損すると、作業をやり直すのは非常に時間がかかるからです。

それでは、重要なエクセルファイルがなぜか破損になりますか?破損になった後、どうやって修復すればいいですか?本文では、Excelファイルの破損原因及び修復方法について皆さんに紹介していきたいと思います。

Excelファイルの破損状態を判断する方法

Excelファイルをよく取り扱うユーザーなら、エクセルファイルの破損問題にもよく会うと思います。このような時、Excelファイルが本当に保存しているかどうかをどうやって判断すればいいですか?一般的には、エラーメッセージやファイルの状態から推測することができます。

Excelファイルが破損になる症状

  • エクセルファイルの拡張子を.xlsまたは.xlsxから開けないものに変更した
  • Excelファイルに保存されているデータが文字化けになった
  • ファイルの内容が消失したり、ファイルが空白のファイルになったりした
  • ファイルサイズは0バイトになった

Excelファイルが破損になったら、報告するエラーメッセージ

  • Excelは、読み取り不可能なコンテンツを修復または削除することにより、ファイルを開くことができました
  • Excelファイルは利用可能なリソースでこのタスクを完了できません
  • Excelはファイル( 'ファイル名').xlsxを開くことができません。原因は...
  • Excelの一部のコンテンツに問題が見つかりました
  • ファイルが破損していて開くことができません
  • ファイルを読み取れませんエラー

エクセルファイルが破損になる一般的な原因

Excelファイルはなぜか破損になりますか?実際には、様々な原因があります。次は、いくつかの一般的な破損原因を皆さんに紹介します。

  • Excelアプリケーションが起動時にスタック、フリーズ、クラッシュすること
  • Excelでの作業中に予期しないシステムシャットダウン
  • OSおよびハードドライブでのウイルス感染
  • ハードドライブに不良セクタ
  • 予想しない電源オフ

破損したExcelファイルを100%修復する方法

Excelファイルの破損に伴って、データの紛失が起きる可能性もあります。だから、Excelファイルの破損がもたらすダメージを最小限に抑えるために、効果的なエクセルファイルの修復方法についてもっと知るべきだと思います。本文では、Windowsパソコンで破損したExcelファイルを修復する方法を皆さんに紹介するので、読み続けてください。

クイックヒント:パソコンがウィルスに感染すると、Excelファイルが誤作動するようになる可能性がありますので、パソコンにウィルス対策ソフトをインストールして、パソコンのすべての領域をスキャンして、ウィルスを検出して消去する必要があります。ウィルスの消去は、既に破損したファイルを修復することができませんが、他のファイルが破損になることを防ぐことができます。

方法1.開いて修復ツールでExcelファイルを修復

ステップ1.[ファイル]、[開く] をクリックします。

ステップ2.破損したブックが保存されている場所とフォルダーを選びます。

ステップ3.[ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、破損したブックを選びます。

ステップ4.[開く] の横にある矢印をクリックし、[開いて修復] をクリックします。

excelの開いて修復

ステップ5.ブックのデータをできるだけたくさん回復するには、[修復] をクリックします。

[修復] でデータを回復できない場合は、[データの抽出] をクリックして、ブックから値と数式を抽出します。

方法2.拡張子を変更して破損したエクセルファイルを修復

Excelファイルの拡張子は、使用中のパソコンに互換しない可能性があります。このような場合、Excelファイルがいつものように表示することができません。Excelファイルの拡張子は、通常.xlsと.xlsxとなりますが、以前のExcel 2003では.xlsファイルとして保存されますが、2007年以降のバージョンでは.xlsxになりました。だから、Excelファイルの拡張子を変更して、破損しているように見えるファイルを正常に開くこともよくあります。

ステップ1.Excelプログラムで、「ファイルオプション」をクリックします。(2007 Excel: Microsoft Office ボタン→ [オプション]の順にクリックします。)

ステップ2.[保存] カテゴリの[ブックの保存]の [この形式でファイルを保存] ボックスの一覧で、使用するファイル形式をクリックします。

方法3.専門のデータ修復・復元ツールで破損したエクセルファイルを修復

上記の対処法を参照して、破損したエクセルファイルを修復することができない場合は、下記のステップを参照して、専門のデータ修復・復元ツールを使って、破損したエクセルファイルを修復してから、元に戻すことができます。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で破損したExcelファイル、若しくは紛失したexcelファイルの保存場所を選択した上、「スキャン」をクリックします。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」指定することでファイルを絞り込むことが可能でス。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元・修復したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。(excelファイルが破損されている場合は、復元する時に自動的に修復されます。)

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ