> How to Use > データ復元コンテンツハブ >保存されていないExcelファイルを復元する方法【2022最新】

保存されていないExcelファイルを復元する方法【2022最新】

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji |カテゴリ: データ復元コンテンツハブ| 2022年07月27日に更新

概要:

この記事では、我々はあなたにWindowsとMacのデバイス上で保存されていないExcelファイルを回復するためのすべての可能な方法を紹介するつもりです。それに、重要なExcelドキュメントを失わないために必要な予防措置を取ることができます。Excelの回復についての詳細な情報を得るために読み続けてください。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows PC で Excel ファイルを保存するのを忘れてしまいましたか?以下の手順で、保存していないExcelファイルを簡単なクリック操作で復元することができます。

保存されていないExcelファイルを復元する方法

Excelファイルの紛失につながる一般的な理由

Excelは、企業の成功にデータが不可欠であることで、経営者や管理者なら誰でも知っています。正確で最新の情報がなければ、リソースをどこに割り当てるか、価格をどう設定するかなど、十分な情報に基づいた意思決定を行うことは困難です。

このような重要なデータの保存には、大量の情報を整理・操作するのに便利なエクセルファイルがよく使用されます。しかし、エクセルファイルのデータ損失は様々な理由で発生します。

誤りによる削除

よくある原因のひとつに、誤って削除してしまうことがあります。これは、ユーザーが誤って間違ったボタンをクリックしたり、意図せずにExcelファイルを削除した場合に起こる可能性があります。しかし、あなたは正しい方法を持っている場合、削除されたExcelシートを回復することができます。

データフォーマット

ストレージデバイスに保存されているすべてのファイルを手動で削除するのではなく、このエラーはしばしば突然発生し、Excelファイルを開くことができなくなります。フォーマットされたファイルはほとんどの場合回復できますが、速やかに回復作業を開始する必要があります。

Excelファイルの破損

もう一つの一般的な原因は、破損です。これは、ファイルが保存または転送中に損傷または破損している場合に発生する可能性があります。破損したExcelファイルは、それらが大きく破損していない場合は、修復することができます。激しく破損したファイルに関しては、バックアップが良い選択となります。

エクセルの上書き

最後に、Excelのデータ損失は、ファイルが単に上書きされたり、失われたりした場合にも発生する可能性があります。これまでのExcelデータ損失の原因とは異なり、上書きされたExcelファイルを復元することは不可能な場合が多いです。特に、データ復旧サービスにお金をかける気がない場合は、なおさらです。

原因が何であれ、Excelのデータ損失は深刻な結果をもたらす可能性があります。生産性の低下だけでなく、収益や顧客の喪失につながる可能性もあります。そのため、Excelのデータ損失を未然に防ぐための対策を講じ、必要に応じて未保存のExcelファイルを復元することが非常に重要です。

Windows 11/10/8/7で保存されていないExcelファイルを復元する方法

重要なExcelファイルを作成中に、誤って保存せずに閉じてしまったことは誰にでもあることです。さらに悪いことに、コンピュータがクラッシュして、保存していない変更が失われてしまうこともあります。せっかくの作業が台無しになってしまいます。

でも、希望はあります。多くの場合、Windows 10 で保存されていない Excel ファイルを復元することができます。幸いなことに、Excel文書を復元するために試すことができるいくつかの異なる方法があります。

それらのExcel復元方法を見てみましょう。

データ復旧ソフトで保存されていないExcelファイルを復元する方法

保存されていないExcelファイルを失うことは、特に多くの時間を費やして作業していた場合、イライラするものです。しかし、まだ希望はあります。データ復旧ソフトウェアを使って、XLSX/XLSファイルを復元できるかもしれません。データ復元ソフトウェアは、紛失または削除されたOfficeファイルをハードドライブにスキャンし、可能であればそれらを復元することができます。

EaseUS Data Recovery Wizardは、最も人気のあるデータ復元プログラムの1つです。

  • 失われたデータを復元する必要がある人にとって、貴重なツールとなる様々な機能を提供
  • 幅広い種類のファイルをサポートし、写真、ビデオ、ドキュメントなどを復元することに対応
  • Excelの破損したファイルの復元、Excelファイルの削除解除、Excelパスワードの復元を実行可能
  • プレビュー機能があり、保存する前に回復したファイルを確認することが可能

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でエクセル(Excel)ファイルを保存している場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。選択したディスクのスキャンを始めます。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

おまけ:破損したエクセル、文書またはPDFファイルを修復する方法

この部分では、まずMicrosoft Officeソフトの内蔵機能「修復」を実行し、修復作業を試してください。

もし、内蔵機能で修復できないなら、サードパーティーツールの力を借りる必要があります。

Microsoft Officeの修復機能でエクセル、文書、PPTファイルを修復する

すべてのMS Officeツールに内蔵されている「開いて修復」機能は、Excel、Word、およびPPTファイルの損傷や破損を修復するのに役立つことがあります。

ステップ1.Excelまたは文書で空のワークブックを実行します。

ステップ2. 左上のところに、「ファイル」をクリックし、メニュー開きます。

ファイルを開きます

ステップ3. 「開く」をクリックした後、破損したファイルを参照し、クリックします。

破損したファイルを開く

ステップ4. 「開く」ボタンの右側にある下向きの矢印をクリックして「開いて修復」を選択します。

ファイルを修復する

ステップ5.「修正個所の表示」が表示されたら、内容を確認して「閉じる」をクリックします。

ファイルの修復点を選択

Macで保存されていないExcelファイルを復元する方法

Macユーザーに関しては、少し違うかもしれません。Macで保存されていないExcelファイルを復元するには、いくつかの異なる方法があります。

方法1. 一時フォルダから未保存のExcelファイルを復元する

まず、一時フォルダにあるファイルを探します。このフォルダには、最近保存されたOfficeファイルのリストが含まれているはずです。

  • ステップ1:アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」と進みます。
  • ステップ2:open $TMPDIR と入力し、「Return」キーを押して、Temporary files フォルダを開きます。「TemporaryItems」という名前のフォルダーを選択します。
  • ステップ3:「TemporaryItems」の下にある保存されていないExcelファイルを探し、復元します。

方法2. 自動保存から紛失または未保存のExcelファイルを回復する

あなたが探しているファイルは、一時フォルダにない場合、あなたの次の最善の策は、Microsoft Officeの自動保存フォルダを開いてみることです. ここから、保存されていないファイルを探し出し、開くことができるはずです。

ステップ1:「アプリケーション」> 「ユーティリティ」 >「ターミナル 」に移動します。

ステップ2:defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles true と入力します。

ステップ3:Macの「Finder」→「Return」キーをクリックします。

ステップ4:ユーザー名/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Preferences/AutoRecoveryと入力して「移動」をクリックし、Excelの自動回復フォルダを開く。

ステップ5:保存されていないスプレッドシートファイルを見つけて、Mac上の別の安全な場所に復元します。

これらの方法のどちらも機能しない場合、あなたの最後の手段は、失われた、または削除されたExcelファイルをお使いのハードドライブをスキャンするためにMacのデータ復旧ソフトウェアを使用することであろう。

Excelのデータ紛失を防ぐための注意点 

1. ワークブックを定期的に保存する 

Excelはワークブックを自動的に保存しますが、手動で保存することも常にお勧めします。こうすることで、最新の変更内容が常に保存されていることを確認できます。

2. ワークブックをバックアップする

ワークブックを定期的に保存することに加えて、ワークブックを定期的にバックアップすることも良いアイデアです。こうすることで、元のファイルに何かあった場合に備えて、データのコピーを余分に持っておくことができます。

3.最初にバックアップを作成せずにファイルを操作することを避ける

この方法では、ファイルに何か起こった場合でも、あなたはまだフォールバックするためのコピーを持つことになります。

4. エクセルファイルは複数のフォーマットで保存する

最後に、ファイルは複数のフォーマットで保存しておくとよいでしょう。一つのエクセルが壊れたり読めなくなったりしても、他のフォーマットでデータにアクセスすることができます。

まとめ

Excel はデータを整理・分析するための強力なツールですが、データの消失に弱いという欠点もあります。保存していないExcelファイルを誤って閉じてしまったり、作業中にコンピュータがクラッシュした場合、Excelの自動回復機能を使って作業内容を復元できる可能性があります。

保存されていないExcelファイルを復元できる可能性を最大限に高めるには、自動復元がオンになっていることと、復元ファイルがどこに保存されているかがわかっていることを確認してください。運が良ければ、作業を取り戻すことができるはずです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

タイムライン

お問い合わせ

主な内容: