> How to Use > データ復旧 > EDBファイル閲覧|Exchange ServerがなくてもEDBを開ける!

EDBファイル閲覧|Exchange ServerがなくてもEDBを開ける!

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2019年11月19日に発表

概要:

EDBファイルはMicrosoft Exchange Serverのデータベースファイルとなり、全てのメールボックスのアイテムを含んでいるので、そのファイルから必要なデータを抽出する場合が多い。しかし、多くのユーザーはマイクロソフトのExchange Serverをインストールしていないため、EDBファイルの開くことができません。一般的には、EDBファイルを開くには、マイクロソフトのExchange Serverが必要なのですが、Exchange Serverがインストールされなくても、EDBファイル閲覧ツールを利用すれば、開くことができます。本文では、EDBファイルの開き方、又は閲覧方法を皆さんに紹介します。

 

EDBファイル とは

EDBファイルは、Exchange Serverのデータベースファイルとなり、メッセージ、電子メール、連絡先、カレンダー、タスク、メモ、及びジャーナルを含むすべてのメールボックスのアイテムを含むファイルです。

EDBファイルの開き方

EDBファイルは、データベース・ファイルのカテゴリーに属していますので、開くには、マイクロソフトのExchange Serverが必要となります。だから、マイクロソフトのExchange Serverをパソコンにインストールすれば、EDBファイルが開けるようになります。しかしながら、Exchange Serverのインストールして、配置することが難しいです。それでは、Exchange Serverがない場合、EDBファイルを開けることが可能ですか。次は、Exchange Serverがない場合のEDBファイルの開き方を皆さんに紹介していきたいと思います。

Exchange ServerがなくてもEDBファイルを開ける方法

Exchange Server環境がない場合、どうやってEDBファイルを開けばいいですか。この部分では、EDBファイル閲覧ツールを利用してファイルを開く方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Exchange Recoveryというソフトは、EDBファイルの閲覧ソフトとして開発されるわけではないんですが、閲覧機能はとても強いです。このソフトを使って、EDBファイルを閲覧するだけではなく、EDBファイルから必要なデータをエクスポートして、それをOutlookで開くことも可能です。次は詳細な手順を紹介していきたいと思います。

EaseUS Exchange Recoveryは、上記のように、簡単にEDBファイルを閲覧できますし、その中のデータを効率的に抽出することもできます。また、EDBファイルにデータが破損したり、誤削除した場合、このソフトを使って削除したメールボックスを復元することも可能です。

ステップ1.EaseUS Exchange Recoveryを立ち上げ

EDBファイルの場所を知っていれば、直接にEDBファイルを選択します。

EDBファイルの場所がわからない場合、"Search"をクリックして、EDBファイルを探します。

edbファイルを選択します

ステップ2.EDBファイルの場所を選択してから、"Analyze"をクリックします。

edbファイルを指定して分析します

ステップ3.EDBファイルの中身を閲覧します。

ソフトはEDBファイルへの分析が終わったら、左のパネルで全てのコンテンツが閲覧できるようになります。

結果を確認してedbファイルを閲覧

EDBファイル中のデータをエクスポートする手順:

 メールボックス、もしくはメッセージをエクスポートするには、"Export MSG"をクリックして保存先を選択します。

メールボックスをmsgファイルにエクスポート1

プロセスが完了したら、"OK"をクリックします。

メールボックスをmsgファイルにエクスポート2

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?