> How to Use > データ復旧 > Western HDD不良セクター修復ツール無料ダウンロード

Western HDD不良セクター修復ツール無料ダウンロード

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2020年12月03日に更新

概要:

この記事では、Western HDDの不良セクターを修復できる完全無料で信頼性の高いWestern HDD不良セクター修復ツールをダウンロードすることが可能です。このツールを使用してデータ損失なく不良セクターを修復しましょう。

 

はじめに

世界で最も人気のあるハードドライブといえば、Western Digitalのハードドライブで間違いないと思います。ただし、時にはWestern DigitalのHDDに不良セクタが生まれる場合もあります。不良セクタが生じると、ハードドライブが容易にクラッシュしたり、動作が遅くなったり、パソコンが正常に起動できなくなったりするようになります。これらのエラーを解消するため、不良セクターを修復する必要があります。ここでは、完全無料でWestern HDD不良セクター修復ツール― Western Digital Data Lifeguardを皆さんにおススメします。

Western Digital Data Lifeguardで不良セクターを修復

1) Data LifeGuard Diagnosticをダウンロードしてください。(WinDlg_124.zip)
2) WinDlg_124.zipを解凍して、WinDlg.exeを右クリックし、管理者として実行を選択してください。
3) 「I accept this License Agreement」の前にチェックを入れてください。
4) 「Next」をクリックして、このプログラムが自動的にHDDに接続します。
5) 不良セクターテストを行いたいハードディスクを選択し、「Run test」ボタンをクリックしてください。
6) ダイアログで「EXTENDED Test」を選択してください。
7) 「Start」をクリックすることでテストプロセスを開始します。
8) 「Repair」をクリックして修復プロセスが終わったところ、PCを再起動してください。

注:修復するハードドライブ内のフォルダ/ファイル/プロセスが閉じることを確保してください。

また、Western Digital製ハードディスクの故障を判別したい方は、こちらのWestern Digital公式ページをリンクしてください。

Western Digital Data Lifeguardで修復できない時のソリューション

もしもWestern Digital Data Lifeguardで不良セクターを修復できない場合も、ご心配ありません。ここで、EaseUSの不良セクターの修復策を皆さんに紹介します次は、EaseUSのデータ復旧ソフト + EaseUSパーティション管理ソフトで不良セクターを修復する方法を皆さんに紹介します。

EaseUSの無料不良セクター修復ツールでWDの不良セクターを修復

HDDの破損状況によっては修復不可能な場合もありますので、その場合、最も大事なことはデータを復元することです。データの安全性を確保するため、とりあえずデータを救出してから、不良セクタの修復操作に取り掛かります。そこでは、効率性が高いデータ復元ソフトーEaseUS Data Recovery Wizard Freeをオススメします。WDのHDDだけではなく、ほかの外付きHDDやusbメモリなどのデータにも救出することができます。では、下記の方法を参考して、WDのHDDデータを修復してください。

ステップ1.WDのHDDからデータを救出する方法

ステップ1.ソフトのインタフェースで外付けHDDのドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。

 外付けHDD復旧1

ステップ2.スキャンはすぐ開始されます。まず、削除されたファイルを検出し、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 外付けHDD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックすることで復元できます。

注:外付けHDDでのパーテイション全体が紛失してしまった場合、スキャン中に「紛失パーテイション」という項目が表示され、「紛失パーティション」下でデータを探すのがお勧めいたします。

外付けHDD復旧3

ステップ2.WDのHDDの不良セクタを修復/消去する方法

 まずは、EaseUSパーティション変更機能が備えているパーティション管理ソフトをパソコンにダウンロードして、PCにインストールする必要があります。それから、ソフトのインタフェースで不良セクタがあるディスク/パーティションを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択します。

不良セクタがあるディスクを右クリックして、パーティションチェックを選択します

  • ファイルシステムエラーをチェックするため、「パーティションのプロパティをチェックする」にチェックを入れます。
  • 「WindowsのChkdsk.exeを使用して検出したエラーを修正する」:検出されたエラーを修正します。
  • 「サーフェーステスト」:セクターエラーのあるディスクやパーティションの検出を行います。テストが完了した後、レポートが生成されます。

最後に「OK」をクリックすれば、ソフトが自動的にエラーチェックと修復を行えます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。