> How to Use > Macファイル復元 > MacでOutlookのメールファイルを復元する方法

MacでOutlookのメールファイルを復元する方法

2015-02-13 Posted by Bak to Macファイル復元

概要:
MacbookでOutlookのメールを削除してしまった後、すぐにパソコンでの操作や新しいデータの書き込みを停止し、できるだけ早くデータ復旧作業を行ってください。EaseUS Data Recovery Wizard for Macという使いやすいMac専用のデータ復元ソフトで、Outlook for Macのメールファイルを復元できます。初心者でも簡単に使えますので、ダウンロードしてメールを復元してみてください。

MacbookでOutlookメールの復元方法がありませんか?

「Macbook ProでOutlookのメールを誤って削除してしまいました。復元方法はありませんか?OSはMac OS X Yosemite 10.10.2です。ファイル復元ソフトで復活できるのでしょうか?あまり経験がないので、できるだけ簡単な方法をご紹介いただけるとありがたいです?」

MacでOutlookのメールを復元する方法

MacbookでOutlookのメールを削除してしまった後、すぐにパソコンでの操作や新しいデータの書き込みを停止し、できるだけ早くデータ復旧作業を行ってください。メールを削除してから、長い時間を経つと、メール復元の可能性が低くなります。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macという使いやすいMac専用のデータ復元ソフトで、Outlook for Macのメールファイルを復元できます。初心者でも簡単に使えますので、ダウンロードしてメールを復元してみてください。

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

3つのステップでMacbookのOutlookメールを復元

次は、EaseUS Data Recovery Wizard for MacでMacパソコンのOutlookメールを復元する3ステップを紹介します。復元する前に、ソフトをダウンロードし、インストールしてください。

ステップ1.ソフトを実行してOutlookメールが保存されていた場所をご選択ください、それから、スキャンを開始します。

EaseUS Data Recovery Wizard for MacでOutlookのメールファイルを復元するステップ2.

ステップ2.次に、クイックスキャンとディープスキャンが自動的に行われます。

EaseUS Data Recovery Wizard for MacでOutlookのメールファイルを復元するステップ3 .

ステップ3.スキャンの後、ソフトがすべての復元できるメールファイルを表示します。復元したいファイルを選んで、「今すぐ復元」で保存します。

EaseUS Data Recovery Wizard for MacでOutlookのメールファイルを復元するステップ4 .

MacでOutlookのメールが復元できると確認してから、ソフトの製品版ですべてのメールファイルを取り戻すことができます。

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

 

方法2

新しいOutlook on the web用の手順

1.まだ「削除済みアイテム」フォルダー、または、「迷惑メール」フォルダー内にあるメールを回復する。

通常、メールメッセージ、連絡先、予定表アイテム、タスクを削除すると「削除済みアイテム」フォルダに移されるので、まずは「削除済みアイテム」フォルダを確認する。そこにない場合は、「迷惑メール」フォルダーを確認する。

「削除済みアイテム」:「元に戻す」からメッセージを削除されていないフォルダーに移動させる
「迷惑メール」:「迷惑メールではない」から、メッセージを移動させる

2.「削除済みアイテム」フォルダーから削除されたメールを回復する。

「削除済みアイテム」>「このフォルダーから削除されたアイテムを復元」>回復するメッセージを選択し、「復元」

回復されたアイテムは、可能な場合、元のフォルダーに移動しますが、もし元のフォルダーが存在しない場合は、

メッセージ:受信トレイ
予定表アイテム:予定表
連絡先:「連絡先」フォルダー
タスク:「タスク」フォルダー
に移動します。

3.Outlook on the webの「削除済みアイテム」フォルダーをサインアウトの度に空にしない。

サインアウトの度に「削除済みアイテム」フォルダーを空にする”設定を解除することが可能です。

「設定」>「Outlookのすべての設定を表示」>「メッセージ処理」>「サインアウトするとき」から「削除済みアイテムを空にする」フォルダーのチェックボックスをはずす

 

従来のOutlook on the web用の手順

1.まだ「削除済みアイテム」フォルダー内にあるメールを回復する。

通常、メールメッセージ、連絡先、予定表アイテム、タスクを削除すると「削除済みアイテム」フォルダに移されるので、まずは「削除済みアイテム」フォルダを確認する

元のフォルダーに復元

メールフォルダーリストで「削除済みアイテム」>対象のアイテムを右クリック>「復元」

or

別のフォルダーに復元

メールフォルダーリストで「削除済みアイテム」>対象のアイテムを右クリック>「移動」>「別のフォルダーに移動する」>フォルダーの場所を指定し「移動」

2.もう「削除済みアイテム」フォルダー内にないメールを回復する。

「削除済みアイテム」フォルダー>「削除済みアイテムの回復」>復元するアイテムを選択し、ツールバーから「回復」>「アイテムの回復」>「OK」

回復されたアイテムは、可能な場合、元のフォルダーに移動しますが、もし元のフォルダーが存在しない場合は、

メッセージ:受信トレイ
予定表アイテム:予定表
連絡先:「連絡先」フォルダー
タスク:「タスク」フォルダー
に移動します。

3.サインアウトする時に「削除済みアイテム」フォルダーを空にする。

「設定」>「メール」>「オプション」>「メッセージオプション」>「サインアウトするときに削除アイテムフォルダーを空にする」のチェックボックスをオンにする>「保存」