> How to Use > ファイル復旧 > BUFFALO製USBメモリからデータを復元する方法

BUFFALO製USBメモリからデータを復元する方法

2017-08-01 14:18:29 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
高復元率を誇る強力的な復旧ソフトであるEsaeUS製USBメモリデータ復旧フリーソフトを使うことで、BUFFALO製USBメモリから失ったデータをカンタンに取り戻せます。本文はその手順をご紹介します。

「昨年、ビックカメラでスタッフさんが人気商品としてお薦めしてくれたBUFFALO製USB3.0対応のUSBメモリ 32GBを買ってきました。これまでずっと無事に使ってきましたが、今朝、パソコンが急にそのUSBを認識できなくなっってしまいました。「USBがフォーマットされていない、フォーマットしてください」というメッセージも出てきました。中には仕事関係のデータがありますので、フォーマットは絶対やってはいけないと思いますので、誰かが助けてくれませんか、お願いします!」

BUFFALO製USBメモリのデータ復旧についてのアドバイス

USBメモリにある大事なデータを紛失することによって、生活上も仕事上も困っていますでしょう。
上記のような場合、フォーマットする前に、何とかデータ復元の試しをしてはどうでしょうか。データ復元といえば、EsaeUSのUSBデータ復旧フリーソフト―EaseUS Data Recovery Wizard Freeをお薦めします。EaseUS Data Recovery Wizard Freeは直感的なインターフェースデザインを採用し、簡単な操作で失われたデータを取り戻すことができます。また、BUFFALO製USBメモリからデータ種類を問わず、全部復元してくれます。なお、 USBメモリだけではなく、SDカードの復元にも対応しています。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

BUFFALO製USBメモリからデータを復元する方法

EsaeUSのUSBデータ復旧フリーソフト―EaseUS Data Recovery Wizard Freeを使うことで、ただ3ステップでデータを取り戻すことができます。次はその操作手順をご紹介します。

1.BUFFALO製USBメモリをパソコンに接続し、ソフトを開き、「スキャン」をクリックします。

「スキャン」ボタンをクリックします。
2.クイックスキャンとディープスキャンで全てのデータを検出します。

クイックスキャンとディープスキャンが行います。
3.復元したいファイル/データを選択し、「リカバリー」をクリックします。

リカバリーをクリックします。

ヒント:このフリーソフトは2GBのデータまでリカバリできますので、それ以上の復元を行いたい方は、是非ソフトの製品版を検討してください。

 

EaseUSが選ばれる理由