> How to Use > ファイル復旧 > 対処法:Desktopは利用できない場所を参照しています

対処法:Desktopは利用できない場所を参照しています

2018-06-20 14:37:27 Posted by Tioka to ファイル復旧

概要:
「c:\windows\system32\config\systemprofile\desktopは利用できない場所を参照しています。」が急に発生した場合、どうしたらいいですか。この記事に従ってWindows 10/8/7でデスクトップが利用できないエラーを解決することができます。

エラーの詳細

フルエラーメッセージ

「c:\windows\system32\config\systemprofile\desktopは利用できない場所を参照しています。このコンピューターのハード ドライブ上、またはネットワーク上を参照している可能性があります。ディスクが正しく挿入されているか、またはインターネットやネットワークに接続しているかどうかを確認してから、やり直してください。それでも見つからない場合は、その情報は別の場所に移動した可能性があります。」

デスクトップが利用できない場所を参照しています

「desktopは利用できない場所を参照しています」エラーの原因

では、このエラーが発生、エラーメッセージが表示される原因を書いてきます。

c:\windows\system32\config\systemprofile\desktopは利用できない場所を参照しています」エラーは、常にパソコンの起動時に発生するエラーです。このエラーは、Windows 10/8/7でも発生する可能性があります。

  • 更新プログラム、互換しないアプリケーションなどをインストールした後
  • システムファイルが破損した後

このような場合にエラーが発生する可能性が高くなります。この「デスクトップが利用できない」エラーが発生すると、デスクトップのデータがすべて消失され、そこにデータ/ファイルを保存することもできないようになります。デスクトップに保存されていた大事なデータを取り戻すには、デスクトップの復元を実行して下さい。

デスクトップが利用できない時、デスクトップのデータを取り戻す

エラーの解決に移る前に、デスクトップに保存していた大事なファイルを復元するといえば、EaseUS Data Recovery Wizardが大いに助けになります。このソフトを利用することで、ほんの数クリックでデータを取り戻すことが可能です。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

対処法:Desktopは利用できない場所を参照しています

対処法1.レジストリでデスクトップが利用できないエラーを解決

1. Windows + R を同時に押すことでファイル名を指定して実行を開き、regeditを入力することでレジストリエディタを開きます。
2. 左のパネルでHKEY_CURRENT_USER中のSoftwareフォルダーを展開し、Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Foldersの順にクリックします。
3. このフォルダーに入っているすべての項目が右のパネルに表示されます。Desktopという項目をダブルクリックして、 %USERPROFILE%\DesktopC:\Users\%USERNAME%\Desktopであることを確認してOKをクリックします。
4. システムを再起動してエラーがまだ発生するかどうかを確認することができます。

対処法2.ユーザーフォルダーでのデスクトップのパスをターゲット場所へコピー

このエラーが発生すると、ユーザーフォルダー下のデスクトップをC:\Windows\system32\config\systemprofileに移動することでこのエラーを解決できるかもしれません。フォルダーを移動した後、パソコンを再起動してください。

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。