> How to Use > ファイル復旧 > 完全解説:エクセル「実行時エラー‘1004’」の原因と対処

完全解説:エクセル「実行時エラー‘1004’」の原因と対処

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年09月29日に更新

概要:

エクセルの「実行時エラー‘1004’」を修復するにはどうしたらいいですか?本文では、各種の「実行時エラー‘1004’」の原因を解説する上、それに対する対処法も皆さんに紹介していきたいと思います。また、ファイルが破損/破壊されている場合、本文ではその修復方法をも一緒に紹介します。

 

Microsoft Visual Basic for Applications (VBA)は、Windows OSでプログラムを作るために開発されるソフトです。Microsoft Officeスイート(ワード、エクセル、パワーポイント)などを使っている時に、VBAは内部のプログラミング言語として動作しています。

多くのユーザーから、ExcelでVBAを実行している時に、またはExcelマクロを試用している時に、「実行時エラー‘1004’」エラーが発生し、それから当該エクセルファイルにアクセスできなくなることがあります。もしこのような問題に遭った場合、本文を見逃しないでください。本文では、「実行時エラー‘1004’」エラーが発生する原因を解説した上、このエラーに対する対処法をも紹介します。

「実行時エラー‘1004’」について

「実行時エラー‘1004’」が発生する時に、エラーメッセージが自動的にポップアップされます。エラーメッセージには、このエラーに関するもっと詳しい情報があります。一般的には、下記の3つの詳細エラーメッセージが一番多く見られます。

  • 1.申し分けございません。XXXXファイルが見つかりません。名前が変更されたか、移動や削除が行われた可能性があります。
  • 2.アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。
  • 3.RangeクラスのCopuメソッドが失敗しました。

エクセルで「実行時エラー‘1004’」が発生する原因

「実行時エラー‘1004’」を修復するには、まずこのエラーが出る原因を知っておく必要があると思います。次は、「実行時エラー‘1004’」を引き起こすよく見られる原因を皆さんに紹介します。

指定のファイルが存在しない

存在しないファイルを開こうとした時に、「実行時エラー‘1004’」が発生します。このような場合、エラーメッセージには、「申し分けございません。XXXXファイルが見つかりません。名前が変更されたか、移動や削除が行われた可能性があります。」のような表現があります。

マクロの名前のエラー

実行中のマクロは、元のワークシートでマクロを実行する前に保存して閉じなかった定義名のブックにコピーしています。

ファイル衝突

VBA Excelファイルを開こうとした時に、当該ファイルが他のプログラムに利用されているので、ファイル衝突が発生します。

Legendオブジェクトが多すぎる

エクセルのプロチャートには、Legendオブジェクトの数が制限を超えているので、Excelチャートで表示されません。

Excelファイルの破損

もしExcelファイルが破損/破壊されている場合も、「実行時エラー‘1004’」が発生します。

エクセル「実行時エラー‘1004’」を修復する方法

様々な原因によって、この「実行時エラー‘1004’」が発生する可能性があるとしても、比較的に通用される方法があります。次はこれらの通用方法を紹介しますので、参考してください。

対処法1.ファイルの存在の確認

存在しないファイルを開こうとした時に、このエラーが発生するので、開きたいファイルが存在するかどうか、またはファイル名が変更されたかどうかを確認する必要があります。

対処法2.GWXL97.XLAファイルを削除

ファイルの存在に問題がない場合は、一番簡単な方法は、「実行時エラー‘1004’」を見つけて削除することです。

ステップ1.【C:\Program Files\MS Office\Office\XLSTART】というパスに移動します。

ステップ2.【GWXL97.XLA】を見つけて削除します。

ステップ3.エクセルファイルを開き直し、エラーが解決されるかどうかを確認します。

対処法3.セキュリティセンターで「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」をチェック

セキュリティセンターでVBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼することも役立つ対処法です。それでは、下記のステップに従って操作しましょう。

ステップ1.Excelを開き、左上にある「ファイル」→「オプション」の順にクリックします。

excelでファイル→オプションの順にクリックします。

ステップ2.左側のメニューでセキュリティセンターをクリックし、「セキュリティセンターの設定」ボタンをクリックします。

セキュリティセンターの設定に移動

ステップ3.セキュリティセンターの設定画面で「マクロの設定」を選択し、「VBAプロジェクトオブジェクトモデルへのアクセスを信頼する」をチェックして、OKボタンをクリックします。

マクロの設定をします

上記の操作が終わりましたら、またExcelファイルが開かれるかどうかを確認します。

対処法4.他のExcelテンプレートを作成する

この方法は少し複雑かもしれないが、非常に役立つので、お試しください。

ステップ1.新しいExcelワークブックを作成し、その中でワークシートが1つのみがあることを確認します。

ステップ2.ワークブックをフォーマットして、必要なデータを書き込みます。

ステップ3.ファイル」→「名前を付けて保存」の順にクリックして、ファイル名を設定して、「ファイルの種類」の展開矢印をクリックします。

Excel 2003: Excel 97-2003テンプレートを選択

Excel 2007及びそれ以降: Excelテンプレートを選択

excelのテンプレートを選択

ステップ4.保存」をクリックして続行します。

ここで、次のコードを使って当該テンプレートを挿入することができます。

  • Add Type:=パス\ファイル名

パス:先に作成したテンプレートファイルの保存場所
ファイル名:テンプレートファイルのファイル名

対処法5.破損しているExcelファイルを修復する

もし上記の対処法も役に立たない場合は、Excelファイルが破損/破壊されている可能性が高いです。だから、ここで専門のファイル修復ソフトを使って破損したExcelファイルを修復する方法を皆さんに紹介します。EaseUS Data Recovery Wizardはこのようなソフトとなります。このソフトを使って、「スキャン」ボタンをクリックするだけで、ソフトは自動的にドライブ上のドキュメントファイルの破損状態を検出します。それから、必要なファイルを選択して「復元」をクリックすれば、修復済みのファイルを簡単に復元することができます。

それでは、下記のダウンロードボタンからこのソフトを取得して試してください。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で破損したExcelファイル、若しくは紛失したexcelファイルの保存場所を選択した上、「スキャン」をクリックします。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」指定することでファイルを絞り込むことが可能でス。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元・修復したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。(excelファイルが破損されている場合は、復元する時に自動的に修復されます。)

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。