> How to Use > ファイル復旧 > ビットコインのパスワードを復元する方法

ビットコインのパスワードを復元する方法

2019年04月29日に更新

筆者: Tioka

ファイル復旧
概要:
この記事では、ビットコインのパスワードを復元する最簡単な方法を皆さんにご紹介します。記事の詳細をチェックして、今すぐ忘れてしまったビットコインのパスワードを復元しましょう。

ビットコインのパスワード忘れ

長時間ビットコインウォレットを使っていなかったので、この前設定したパスフレーズを忘れてしまいましたか。そのパスフレーズを忘れてしまったことで、送金などの操作は一切できなくなりました。このような場合、忘れてしまったビットコインウォレットのパスワードを復元することは可能なのでしょうか。以下で詳しくご説明していきます。

ビットコインのパスワードを復元する方法

ここでビットコインのパスワードを復元する二つの方法を皆さんにご紹介します。

方法1.wallet.datからビットコインのパスワードを復元

wallet.datからビットコインのパスワードを復元する場合、正確にwallet.datファイルの場所を見つける必要があります。多くのユーザがその場所を見つけられないようですが、ここでその方法を紹介します。

Win + Rを同時に押して出てくるダイアログで%APPDATA%\Bitcoinを入力すると、ビットコインのフォルダが開かれます。

通常の場合、そのフォルダのパスは以下のようになっています。

C:\Documents and Settings\YourUserName\Application data\Bitcoin (Windows XP)
C:\Users\YourUserName\Appdata\Roaming\Bitcoin (Windows Vista, Windows 7, Windows 8/8.1 and Windows 10)

そのフォルダにwallet.datが保存されているはずです、このファイルにビットコインのパスワードが保存されています。

もし、このフォルダにwallet.datファイルがない場合、このファイルを復旧するには、サードパーティーのデータ復旧ソフトが必要となります。

方法2.専門なデータ復旧ツールでwallet.datファイルを復元

もし、wallet.datファイルを誤って削除してしまった場合、または不意に失ってしまった場合、どうすればこのファイルを復元しますか。ここで高機能なデータ復旧フリーソフトを皆さんにおススメです。このソフトを利用して、3クリックだけwallet.datを復元することができます。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

 

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。