> How to Use > ファイル復旧 > Microsoft Office 修復ツール:Office 2016/2013/2010 を修復する方法

Microsoft Office 修復ツール:Office 2016/2013/2010 を修復する方法

Yiko

Yiko |カテゴリ:ファイル復旧| 2022年05月24日に更新

主な内容:

概要:

ExcelやWordなどのMicrosoftのプログラムを使っているときに、突然画面が固まるという不具合を経験したことはありませんか?この場合、Microsoft Officeの問題を即座に修復する必要があるかもしれません。ご心配なく、本記事でご紹介しているMicrosoft Officeの修復ツールを使うと、破損したOffice 2016/2013/2010 を簡単に修復することができます。

EaseUS Data Recovery Wizard

表や重要な文書、重要なメールを読んでいるときに、目の前で消えてしまったという経験はありませんか?マイクロソフトのofficeプログラムに不具合があるときに、このような問題がよく発生します。もし、仕事や学校発表に関する重要なデータが突然消えたら、困りますね。でも、ご心配なく、Microsoft Officeの不具合を直す方法があります。また、破損した Officeファイルを修復するツールもたくさんあります。本記事では、Office 2016/2013/2010 を修復する方法を詳しく紹介していきます。では、お飛ばしように、次の内容に進みましょう。

Office 2016、2013、2010または2007を修復する方法

時々、一部のユーザーは、Outlook、WordなどMicrosoft Office製品を使うときに、プログラムに応答しないの問題に直面します。このようなトラブルが見舞われたら、真っ先にやるべきことは、プラグインを見つけ、これらはプログラムの誤動作の背後にある理由であるとして、それらを無効化することでなければなりません. 

Microsoft Office製品

Microsoft Office Suiteまたは製品を修復するための解決策は、Officeのインストールを修復することであり、これは完全に問題を作成するOffice製品をアンインストールして再インストールする必要がある場合があります。このハウツーガイドでは、あらゆる問題を即座に解決することができるMicrosoft Office修復ツールの使用方法を提案します。

Office 2016、2013、2010、または2007を修復するための徹底解説

以下は、手動でMicrosoftを修復する手順です。できるだけ早くMicrosoftを修復するために、お読みください。

ステップ1.このためには、Windowsキー+ Rキーを押して、appwiz.cplと入力し、「OK」ボタンをクリックすると「プログラムと機能」の画面に移動する必要があり、

Office 2016、2013、2010、または2007を修復する手順1

ステップ2.次は、Microsoft Officeプログラムを選択し、「変更」オプションをクリックする必要があります。

ステップ3. 最後に、修復オプションをクリックする必要があります。Microsoft Officeプログラムを修復します。

Office 2016、2013、2010、または2007を修復する手順3

注意すべき点: 修復をクリックすると、次のような質問の画面が表示されます:「Officeプログラムをどのように修復しますか?」。ここでは、「クイック修復」のオプションを選択する必要があり、ここで、破損または紛失したファイルをチェックし、置き換えます。クイック修復の後でも問題が解決しない場合、ユーザーは「オンライン修復」のオプションを選択することもできます。それは、ユーザーが任意のOffice製品を再インストールすることができます。

ファイル修復ツールでOfficeファイルを修復する方法

ユーザーは、しばしば彼らのMicrosoft Officeのファイルは、Excel、Word、またはPowerPointのファイルを含む、破損していることがわかります。これらの破損したファイルを修復するために必要な時間と専門知識は、ファイルのサイズに応じて異なる場合があります。このような重要な時に、ユーザーが時代遅れまたは非効率的な方法を使用する場合、それはファイルのデータ損失のリスクを増加させ、さらなる損傷につながる可能性があります。

このような場合、ユーザーは完全に問題を解決するために、専門的な方法を探す必要があります。それはステラツールキットが救助に来るところです。ここでは、その詳細について説明します。

ツール:Stellar Toolkit for File Repair

Stellar Toolkit for File Repair は、Excel、Word、PowerPoint などの破損した Office ファイルを、ファイルサイズに制限されることなく効率的に修復することができるツールです。この高度なツールは、 Office2010、2013、2016、2019、および以前のバージョンを含む、ほぼすべてのMicrosoft Officeバージョンと互換性があります。

特徴

  • 元の書式をそのままにWordファイルの修復を可能にする
  • Excelファイルの.xlsと.xlsx形式の修復を可能にし、ファイルのすべてのコンポーネントの修復を支援する
  • .ppt、.pptx、および.pptm拡張子ファイルと一緒にPowerPointの修復を支援し、必要な元の形式でそれらのすべてを復元するのに役立つ
  • 破損、損傷、およびPDFの形式で任意のアクセスできないファイルの修復機能を許可し、すべての同じ要素を回復するのに役立つ
  • 利便性と効率性を備えたバッチモードでそれらを選択しながら、それは、複数のオフィスファイルを修復するのに役立つ。また、プレビューオプションを使用すると、ユーザーはファイルを保存する前に、すべての修復を確認する

Stellarがどのようにエクセルの修復を行うかを見てみましょう。

このソフトウェアをダウンロードすれば、ファイルが破損してデータが失われることはありません。大量の時間を節約するだけでなく、ファイルの細かい部分まで完全に回復することができます。

ステップ1. エクセルファイルの選択

Stellar Toolkit for File Repair をダウンロード、インストールし、起動します。ソフトウェアのホーム画面に移動し、「Repair Spreadsheet」をクリックします。

エクセルファイルの選択

ステップ2. Excelファイルを修復する

破損したExcelファイル(XLS/XLSX)を選択するために参照する. あなたはその場所がわからない場合は、検索オプションをクリックすることができます. ファイルが選択されたら、「Repair」をクリックしてください。ソフトウェアは、スキャンと修復プロセスを開始します。

Excelファイルを修復する手順

ステップ3. プレビューと保存

スキャンと修復のプロセスが終わると、ソフトウェアの左側のパネルにツリービューでアイテムが表示されます。項目をダブルクリックしてプレビューしてください。

ファイルのプレビューに問題がなければ、メインメニューの「Save File」ボタンをクリックします。プロンプトが表示されたら、サルベージしたファイルの保存先を選択します。「OK 」をクリックする。

プレビューと保存の手順

マイクロソフトオフィスアウトルックファイルを修復する方法

マイクロのOutlookでは、PSTファイルという個人的なフォルダがあります。通常、ユーザーは、PSTファイルのための2GBのストレージ空き容量を許可されています。でも、時にはユーザーが損傷、破損、またはPSTファイルの損失に直面する可能性があります。拡張子.pstを持つ個人フォルダを開くことができない場合、またはデータが破損したと思われる場合、それは完全にOutlookの電子メールのアクセス不能につながる可能性があります。

このようなケースでは、プロのPSTファイル修復ツールを使用して、ファイルの修復のための完全なソリューションが必要です。しかし、EaseUS Data Recovery Wizardの効率性で、この問題を解決することができますので、心配しないでください。それでは、その詳細をご覧ください。

EaseUS Data Recovery Wizardの機能紹介動画

これは、連絡先、メモ、予定、電子メールファイルなどの重要な詳細とともに、すべての紛失または削除された電子メールを回復するために使用される優れたソフトウェアです。この高度な回復ソフトウェアを使用すると、ユーザーは電子メールの添付ファイルを取得し、任意の破損したPSTファイルを修復することができます。

特徴

  • Outlookのバージョン97、98、2000を含む、メールボックスの回復を可能にする。2002/XP、2003、2007、および2010を含むメールボックスの復元を可能にする
  • 迅速に任意のアクセスできない、または破損したPSTファイルを修正するのに役立つ
  • データの回復を続行する前に、プレビューオプションを許可する
  • 新しいファイルで失われたデータを復元しながら、安全かつ読み取り専用の機能は、コンテンツを変更しない
  • セットアップと使い方が簡単

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でエクセル(Excel)ファイルを保存している場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。選択したディスクのスキャンを始めます。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

Microsoftのプログラム修復に関するQ&A

1. Microsoft Officeのアップデートをインストールする

Office 365は、ユーザーがExcel、Wordなどのアプリで行われたすべての作品を保存することができ、オンラインで利用可能なサブスクリプションサービスを組み込んでいます。しかし、これらは定期的な更新がない場合、うまく機能しないことがあります。不具合を防ぐためにも、定期的なアップデートを心がけましょう。

2. 「システムの復元」ユーティリティを使用する

システムの復元」ユーティリティを使用すると、データが破損した場合にコンピュータ・ソフトウェアを修復して保護することができます。Windowsレジストリとともにシステムファイルのスナップショットを使用することで、いくつかの復元ポイントが可能になります。これにより、すでに凍結された状態の設定やファイルを復元して、システムを動作状態に戻すことができます。

3. MS Office サービスの停止と再立ち上げ

コントロールパネルの「プログラムと機能」にあるMS Officeサービスのアンインストールボタンを押すと、エラーの日を救えるかもしれません。MS Office Serviceを停止して再立ち上げすることで、エラーの再発の可能性を排除することができます。これは最後の選択肢となりますが、MS Officeアプリのあらゆる問題を解決します。サービスを再始動するには、クリックして実行する機能でサービスをインストールし直す必要があります。

4. Windowsドライバを更新する

コントロールパネルでWindowsドライバの更新を確認することもできます。これにより、ソフトウェアに不要な不具合が発生するのを防ぐことができます。

まとめ

本記事ではMicrosoft Office ツールを修復するための詳細ガイドを紹介しました。さらに、Stellar Toolkit for File Repairは、Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどに関連するすべてのファイルを回復し、修復することが可能になります。このMicrosoft Officeの修復ツールは、Outlookのすべてのバージョンでうまく動作します。また、紛失したOfficeファイルを回復すれば、以下の青ボタンをクリックして、ファイル復元ツールを無料で手に入られます。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ