> How to Use > ファイル復旧 > 完全解説:実行時エラー'53'「ファイルが見つかりません。」

完全解説:実行時エラー'53'「ファイルが見つかりません。」

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年06月16日に更新

概要:

Microsoft Office 2019/2017/2013でファイルを開く時に、実行時エラー'53'「ファイルが見つかりません。」が発生すると、どうしたらいいですか?本文では、実行時エラー'53'を解決する完全な対策を取得することができます。また、EaseUS製Word修復ソフトを使って、開かないファイル、アクセスできないファイル、読み込みできないファイルを即座に復元することもできます。

 

本文の適用対象:Windows 10/8/7でMicrosoft Office 365/2019/2016/2013及びそれ以前のバージョンの実行時エラー'53'を修復

WindowsパソコンでWordファイルを開く時に、このようなエラーメッセージがポップアップされることがあります。

「実行時エラー'53'
ファイルが見つかりません。」

本文では、このエラーが発生する症状、原因を皆さんに解説した上、エラーを修復可能な対策をも一緒に紹介します。

実行中エラー53のエラーメッセージ:ファイルが見つかりません。

実行時エラー'53'の概要

エラー名:Microsoft Word実行中エラー'53'

症状:実行中エラー'53'はいつでも発生する可能性があります。ほとんどの場合は、Microsoft Wordを実行する時に、「実行中エラー '53':ファイルが見つかりません」というエラーメッセージがポップアップされます。

実行時エラー'53'が発生する原因

実行時エラー'53'は、Windowsのコンポーネントが見つからない時に発生します。

  • プログラムは、ダイナミックリンクライブラリを使用しようとしている
  • .dllファイル、または必要なファイルが削除された
  • プログラムが正しくインストールされていない

それでは、どうやってこのエラーを修復すればいいですか?次は、完璧な対処法を皆さんに紹介します。

データ復旧ソフトで「実行時エラー'53'」発生時のデータ復元を

もしアプリケーションを実行する時に、実行中エラーが発生する場合、エラーのコードが53、91、4248、4605などのどちらになっても、ファイルが破損になったり、紛失になったりする可能性があります。だから、この実行中エラーを修復する前に、事前にデータを修復・復元することも非常に重要なことです。

それでは、本文でまず一番専門のEaseUS製実行中エラー復元ソフトを使って、実行中エラーのエラーが及ぼすファイルの復元や修復方法を皆さんに紹介します。

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ります。そこでワード(Word)ファイルを保存している元ディスクを選択して「スキャン」をクリックしてください。選んだディスクのスキャンが開始しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたワード(Word)ファイルが一つずつ確認して選択することができます。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいワード(Word)ファイルを決まったら「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたワード(Word)ファイルの保存場所を指定してください。ここまでは復元は完了しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

方法5選|「実行時エラー'53'」を完璧に解決する

上記の操作手順を参照して、ファイルを復元したり、修復したりすると、本文で紹介する対処法を参照して、この実行中エラーを修復してみましょう。

方法1.紛失ファイルを見つけて元の場所に保存し直す

  • 検索ボックスでファイル名を入力してファイルを見つける
  • ファイルの元保存場所を開き、ファイルをそこにコピーする(例えば:***.dllファイル)
  • ファイルを見つけることができない場合、ファイルが削除されるか、紛失されてしまうので、EaseUS Data Recovery Wizardを使って、そのファイル、またはフォルダーを見つけて復元する
  • このファイルをC:/Windows/System32フォルダにコピー&ペースト
  • PCを再起動

上記の手順を参照して、実行中エラーを解決することができます。しかし、紛失ファイルの特定は元々難しいことですが、そのファイルを見つけて元の保存場所に保存することも難しいと思います。だから、もし紛失ファイルを見つけれない場合は、次の方法2を参照しましょう。

方法2.衝突のプログラムを閉じる

  • Ctrl + Alt + Delキーを同時に押すことでタスクマネージャーを開きます。
  • プロセス」タブで衝突プログラムを右クリックして「タスクの終了」を選択します。
  • 衝突のプログラムを終了したら、エラーメッセージが表示されるかどうかを確認します。
  • エラーメッセージが表示されなくなると、衝突のプログラムが分かるようになります。

タスクマネージャーからプロセスを終了

方法3.衝突のプログラムをアップグレードするか再インストールする

  • 検索ボックスで「コントロールパネル」を検索して、コントロールパネルを開きます。
  • プログラムのアンインストールを選択します。
  • 衝突のプログラムを右クリックして、「アンインストールと変更」をクリックしてプログラムを修復するか、アンインストールして再インストールしてください。

コントロールパネルでプログラムをアンインストール

方法4.ランライムライブラリの再インストール

  • Windows 10で「設定」→「アプリ」の順にクリックして、アプリと機能を開きます。
  • Microsoft Visual C++ Redistributableパッケージを選択して、「アンインストール」をクリックします。
  • パソコンを再起動します。
  • Microsoft Visual C++ Redistributableをダウンロード&再インストールします。

アプリと機能でプログラムをアンインストール

方法5.グラフィックスのドライバーの更新

  • デバイスマネージャーを開き、ディスクプレイアダプターの下でグラフィックスをダブルクリックします。
  • ドライブタブを選択して、「ドライブの更新」をクリックします。

グラフィックスのドライバーを更新する

また、デバイスマネージャーでグラフィックスの項目を右クリックして、「デバイスのアンインストール」を選択してもよい。デバイスを削除すると、パソコンを再起動したら、このデバイスのドライバーが自動的に再インストールされます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。