> How to Use > ファイル復旧 > エクセルで削除されたワークシートを復元する方法

エクセルで削除されたワークシートを復元する方法

Bak

Bak |カテゴリ:ファイル復旧| 2022年07月25日に更新

主な内容:

概要:

エクセルで削除されたワークシートを復元するには、どうすればいいでしょうか?この記事では効果的な方法を三つ皆さんに紹介します。これらの方法に従って、簡単にワークシートを復元しましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard

前言

エクセルドキュメントを編集する際、重要なデータを含めるワークシートタブを間違って削除してしまうことが時々ありますよね。エクセルファイルを削除したら、復元することは比較的にカンタンなことなんですが、削除したワークシートを復元する可能性は非常低いです。ただし、次は場合別で復元の対処法を皆さんに紹介します。復旧に成功した確率はそんなにないと思いますが、とても大事なデータでしたら、試してみてください。それでは、いよいよ本題に入りましょう。

エクセルファイルが丸ごとなくなった場合は、エクセル復元の方法を参照してください!

ワークシートが未保存だが、誤削除した場合の復元方法

Excelでワークシートがなくなった場合、誤削除したワークシートのファイルは未保存か、保存したことがあるかによって復元方法はずいぶん違っていますので、本文では、未保存だが、誤削除した場合、およびファイルを保存してから誤削除した場合の復元方法を別々に紹介していきたいと思います。

ワークシートが未保存だが、誤削除した場合の復元(1)

Excelソフト内で下記の操作を行ってください。

1) 「ファイル」「保存」で編集中のドキュメントを新たなファイル名で保存します。

2) 先の編集を新しいファイルに既に保存しましたので、オリジナルファイルはまだワークシートが削除される前の状態のはずです。

3) 削除されたワークシートをオリジナルファイルから、新たなファイルにコピーします。

ワークシートが未保存だが、誤削除した場合の復元(2)

Excelソフト内で下記の操作を行ってください。

1)「ファイル」をクリック

2)「情報」>「バージョンの管理」で「保存しないで終了」されたファイルが表示されていれば復元可能

3)ファイル名をクリックし、Excelファイルを開くと、「復元された未保存のファイル」とメッセージが表示されるので「元に戻す」をクリック

4)「前回保存したバージョンを選択したバージョンで上書きしようとしています。」のメッセージが表示されるので「OK」をクリック

ワークシートが保存してから誤削除した場合の復元

しかし、ワークシートを保存したら、オリジナルファイルが上書きされますので、その場合は:

1) ドキュメントを保存していたフォルダを開いて、「history」ボタンをクリックします。

2) 「Previous」をクリックして、復元したいドキュメントを選定して「Restore」で復元します。

データ復元ソフトでドキュメントを復元

以上の方法が役に立たなかった場合、高機能のデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。このソフトを使うことで、復元したいワークシートを含めてそのエクセルファイルを丸ごと復元できる可能性があります。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でエクセル(Excel)ファイルを保存している場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。選択したディスクのスキャンを始めます。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

Excelワークシートを復元する方法は?

1.失われたExcelファイルを復元する方法は?

「スタート」ボタンを選択し、「コンピューター」を開きます。目的のファイルまたはフォルダーが含まれているフォルダーを参照し、右クリックして「以前のバージョンに戻す」を選択します。

2.Excelブックの内容を修復する方法は?

スプレッドシートが保存されている場所を選択し、「参照」をクリックします。その後、「開く」ダイアログボックスで、開こうとしている破損したブックを選択します。最後に「開く」の横の矢印をクリックし、「開いて修復」をクリックします。

3.Officeプログラム修復の使い方は?

まずは、「プログラムと機能」>「Microsoft Office」>「変更」を選択します。修復のウィンドウズで、「クイック修復」>「修復」をクリックします。オンライン修復を実行したい場合は、「オンライン修復」を選択してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ