> How to Use > ファイル復旧 > エクセルで削除されたワークシートを復元する方法

エクセルで削除されたワークシートを復元する方法

2017-05-26 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
エクセルでワークシートを編集する時、間違ってワークシートを削除してしまいました。エクセルで削除されたワークシートを復元するには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

エクセルドキュメントを編集する際、重要なデータを含めるワークシートタブを間違って削除してしまうことが時々ありますよね。次はエクセルで削除されたワークシートを復元する方法を皆さんに紹介します。

エクセル復元の方法はこちらで参照してください!

削除された未保存ワークシートを復元(1)

1) 「ファイル」「保存」で編集中のドキュメントを新たなファイル名で保存します。

2) オリジナルエクセルドキュメントを再度開きます。

3) 削除されたワークシートをオリジナルファイルから、新たなファイルにコピーします。

削除された未保存ワークシートを復元(2)

1)「ファイル」をクリック

2)「情報」>「バージョンの管理」で「保存しないで終了」されたファイルが表示されていれば復元可能

3)ファイル名をクリックし、Excelファイルを開くと、「復元された未保存のファイル」とメッセージが表示されるので「元に戻す」をクリック

4)「前回保存したバージョンを選択したバージョンで上書きしようとしています。」のメッセージが表示されるので「OK」をクリック

削除された保存済みのワークシートを復元

しかし、ワークシートを保存したら、オリジナルファイルが上書きされますので、その場合は:

1) ドキュメントを保存していたフォルダを開いて、「history」ボタンをクリックします。

2) 「Previous」をクリックして、復元したいドキュメントを選定して「Restore」で復元します。

データ復元ソフトでドキュメントを復元

以上の方法が役に立たなかった場合、高機能のデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。このソフトを使うことで、復元したいワークシートを含めてそのエクセルファイルを丸ごと復元できる可能性があります。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でエクセル(Excel)ファイルを保存している場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。選択したディスクのスキャンを始めます。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能