> How to Use > ファイル復旧 > MS Wordの自動保存場所はどこ?

MS Wordの自動保存場所はどこ?

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2020年12月09日に更新

主な内容:

概要:

何時間もかかって作成したMS Word文書は、パソコンが予想せずクラッシュすることなどによって紛失してしまった!このような場合はどうしたらいいですか。実際には、MS Wordにファイルの自動保存機能があります。MS Wordの自動保存機能は、ファイルを何分間隔でファイルを自動保存する機能です。多くのユーザーが自動保存機能がわかっていますが、そのファイルの保存場所がわかりません。それでは、この記事は、MS Wordの自動保存ファイルの保存場所を皆さんに教えます。なお、MS Wordの自動保存場所でファイルが見つからなくてもファイルを復元できる方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

ワードファイルが予想せずに消えました!

大学で卒論を書いている時、または何時間もかかって仕事関係の分析レポートを書いている時、パソコンが予想せず再起動していましたら本当にまずいですね。でも、MS Wordには自動バックアップ、いわゆる自動保存という機能がありますので、少し安心になりました。MS Wordの自動保存機能はファイルをN 分間隔で自動保存する機能です。しかし、MS Wordに自動保存機能があるのがわかっていますが、そのファイルの保存場所はどこかがわかりません。この記事では、MS Wordの自動保存ファイルの保存場所を皆さんに教えます。なお、保存場所からファイルを復元する方法と、保存場所でファイルが見つからなくても復元できる方法をも一緒に皆さんに紹介します。

あわせて読みたい記事:Excelの自動保存ファイルの保存場所はどこ?

MS Wordファイルの自動保存機能の設定

まず、ファイルの自動保存機能の設定方法を書いてきます。

windowsでのファイル自動保存の設定

1.MS Wordリボンの「ファイル」タブ をクリックして、左側のメニューで[オプション] をクリックします。

2.[保存] をクリックします。

3.[次の間隔で自動回復用データを保存する] チェック ボックスをオンにします。

4.[分ごと] リストに、プログラムでデータとプログラムの状態を保存する間隔を指定します。

Macでのファイル自動保存の間隔の設定

1.[Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

2.[ 出力および共有] の 「 保存」 をクリックします。

3.[次の間隔で自動保存または自動バックアップを行う] ボックスに、Word で文書が保存される間隔を入力します。

アドバイス:卒論、レポートなどを書いている時に、文字数などが結構増えます。このような場合は、自動保存のタイミングが5分か10分でで、やり直し範囲が全然違ってしまいますので、なるべく間隔を短く指定したほうがいいです。

MS Wordの自動保存バックアップファイルはどこ?

上記の操作でMS Wordの自動保存を設定すると、万が一MS Wordが予想せずに終了しても安心になりますね。それでは、MS Wordのファイルの自動保存場所は果たしてどこでしょうか。

MS Word(ワード)自動保存ファイルの保存場所(Window)

重要なWordファイルが失われたら、ご心配なく、まずその自動保存場所から紛失ファイルを復元することを試してください。

Wordの自動保存場所はどこ?

MS Wordの自動保存場所はユーザーが画像のように自由に設定することが可能ですが、画像の赤枠のところで見ることができます。そして、もし自動保存場所を設定したことがない場合、

MS Wordの自動保存場所は:C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Word\

補充:wordの一時ファイルの保存場所の確認

1.「ファイル」>「開く」をクリックします。

2.word の一番下に移動して、「保存されていない文書の回復」をクリックします。

3.保存せずの 一時保存ファイルが表示されます。

Macでwordファイルの自動保存先の変更設定

1.[Word] メニューで [環境設定] をクリックします。

2.[ 個人設定] で、[ ファイルの場所 ]  をクリックします。

3.[既定のフォルダー] の [自動バックアップ ファイル] をクリックし、[変更] をクリックします。

4.ファイルを自動保存する場所を検索し、[選択] をクリックします。

出典:Microsoft 公式ページ

もし、この場所で自動保存のファイルが見つからない場合は、完全無料なWordファイル復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを用いて完全に消えてしまったwordファイルを復元することがオススメです。

EaseUS Data Recovery Wizardでwordファイルを復元する

EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、世界中の千万人ユーザーに信頼されているデータ復旧ソフトであり、完全にパソコンから消えてしまったファイルをも復元できます。もちろん、Wordファイルを確実に復元できるのは言うまでないことです。それでは、EaseUS Data Recovery Wizardを使って紛失したWordファイルを復元する方法を見てみましょう。

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ります。そこでワード(Word)ファイルを保存している元ディスクを選択して「スキャン」をクリックしてください。選んだディスクのスキャンが開始しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたワード(Word)ファイルが一つずつ確認して選択することができます。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいワード(Word)ファイルを決まったら「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたワード(Word)ファイルの保存場所を指定してください。ここまでは復元は完了しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

EaseUS Data Recovery Wizard を使うことでWordファイルの復旧だけではなく、Excelファイルの復元PDFファイルの復旧にも対応しており、データが消えた時に最良の選択です。

ここで、Wordファイルが正確に復元されるはずです。それゆえ、Wordファイルが予想せずに消えてしまった場合は、完全無料なEaseUS Data Recovery Wizard Freeを試してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ